恋愛感情ってナニ? なかなか人を好きになれない時の処方箋

【相談者:10代女性】
こんにちは。私は現在、高校生なのですが……恋愛感情というものがよくわかりません。以前、男子の中ではかなり親しくなった人から告白されて、付き合ったことがあります。そのときは、確かにその人は他の人と違う存在に感じていたので返事をしました。しかし、相手の優柔不断さに少しいらいらを感じてしまい、恋愛感情ではないな、と思い、1か月で別れてしまいました。

その後、親友みたいな男子からも告白されたのですが、完全に友達だったのでお断りしたら、気まずくなってしまい罪悪感もあります。付き合ったほうがよかったのかな、好きになれればな、なんて思ってしまいます。

恋愛ってどういうものなのかとても知りたいです。また、どうしたら好きになることができるのでしょうか。

qa_a あせらなくても、恋は勝手に降ってきます。

こんにちは。ライターみわあやのです。

最初に言っておきたいんですけど、あなたはなんにも悪くないんですよ。「断ると、かわいそうだから」という理由で、好きでもないのに付き合う。だけど、キスをするのも、手をつなぐのも違和感……。なんて状態のほうが、かえって相手が「かわいそう」。

ちゃんと向き合って、判断できたのは立派だったと思いますよ。罪の意識なんて感じる必要は一切ありませんから、大丈夫。

相手の人間性に関心を持って人と接することができたり、自分に関心を持った人に、心を開いて接することができたり。そういう人間関係を築ける人ならば、いつ恋が「降ってきても」おかしくない状態だといえます。そのうち、嫌でも恋愛感情が湧いてくるときがくるでしょう。

131227miwa

恋愛感情って、いったい何なのか

心理学的にみると、恋愛感情というのは、「性的な関心をともない、心のふれあいを求める人間関係」というところです。

相手のことが好きでも、ふたりになりたい、ギュってされたい、キスしたい、とか思わなかったら、それは「恋愛感情」ではないってこと。

性的な関心と心のふれあい、2つが共存してはじめて恋愛感情。シンプルですが、それが基準と考えていいでしょう。

恋愛は人を成長させる。但し条件付きで

さらに突き詰めると、恋愛というのは、プラスの関係だけで成り立つものではないのです。

彼を失いたくない、私だけを見て欲しいという「執着」。そばにいて欲しい、私の気持ちをわかって欲しいという「依存」。そのように、心理学的にみると、「マイナス」とされる感情がついてまわるものです。

人間は、他人から「特別な人として愛されること」で、満たされた気持ちになります。そして、「他人を愛して、喜びを与えたい」とあたたかい感情が生まれ、それが自信になる。でも、自分の感情だけを押し付けていたのでは、バランスがとれません。

だから、相手の気持ちを理解しようとしたり、自分の心の中を上手に伝えようとしたりするために、工夫をはじめます。

そのために、エゴを抑えて、相手を尊重する。本当の自分を愛して欲しいから、自分の心をみつめて整頓する。など、ときにはぶつかったり、苦しい思いをしたりしながら、関係を作っていくんですね。

恋愛は、これまで気が付かなかったような、自分のエゴと向き合う作業でもあるのです。そうやって、深く自分を知っていくための条件がそろったステージ、そのひとつが「恋愛」。

だから、「みんなが恋愛しているから」とりあえず、みたいな恋愛は若さの浪費。と私は考えています。

恋愛は人間を成長させるといいますが、おままごとのような恋愛では、成長しようがありません。そのうえ、無駄に「愛せない、愛されない」という劣等感を強くするばかりです。

だから、どうかあせらないで、「降ってくる」のを待って欲しいですねー。

今回の解脱ポイント

・他人の人間性に関心を持つ、関心を持ってくれた人に心を開く、これさえできていれば、恋は勝手に降ってくるもの
・恋愛感情とは、性的な関わりと心のふれあいを求めること

●ライター/みわあやの(カルチャー専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (16)
  • うーん (11)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする