既婚女性達に聞いた「結婚相手を選ぶ基準」

【相談者:30代男性】
仕事を変えて収入が減ったら、結婚を考えていた彼女に振られました。女は所詮、金がすべてってことですよね

qa_a 世の中の女がみんな「あなたを振った彼女と同じ」じゃない。

こんにちは。みわあやのです。

悔しい気持ちはお察ししますが、男だろうが女だろうが、「何を基準にするか」は人それぞれなわけで。なので、あまたの女達をひとくくりにして考えるのは性急すぎるというもの。

彼女は、あなたにとってサイテー女だった。それだけのことです。と、お前誰やねんっていう立場の私がいってもどうせ信用しないだろうから、リサーチしましたよ。

対象は、20代~40代の既婚女性。テーマは、「パートナーを経済力で選びましたか? 結局、男は金だと思いますか?」です。

131226miwa

女は本当に男の価値を「経済力」で判断しているのか

『お金は大事だと思うけど、旦那と結婚した決め手は“気が合う”から。経済力も大事だけど、それがすべてじゃない(26才・専業)』

『おもしろい性格を好きになって結婚。経済力で判断しておけばよかったと今さら後悔(笑)。でもまあ楽しいからいいか(46才・パート)』

『夫の優しさ、思いやりに惚れました。経済力よりお金に対する価値観が合うのが大切かな(38才・会社員)』

『素直な人柄が好きで結婚した。男は金だって口では言うときもあるけど、現実はそうでもない(30才・専業)』

『結婚したとき、夫はバイトだったし。お金はふたりでなんとかしていけばいいと思うから、全く重要な要素じゃない(42才・自営業)』

『やはり、判断材料の一部ではありました。でも、お金持ちでも横暴な人は嫌だし、結局は誠実さのほうが上(38才・専業)』

『経済力で決めました! いっぱい持っているという意味じゃなくて、妊娠して働けない時期も旦那に安定した収入があるかという視点で。だからって、お金がすべてなわけないじゃん(25才・会社員)』


既婚女性に的を絞って聞いたので、さすがに、「愛さえあれば何もいらないの」的な意見は見当たりませんでした。ですが、「夫をATMにしてやろうか! ふははは」みたいな閣下もいなかったのが救いでしょうか。

結婚って生活ですから、現実的に考えればお金が大切なのは当たり前です。だからって、「所詮は金」とかいう考え方は極論すぎ。所詮~、と乱暴にまとめ、斜に構えることで何を得られるというのでしょう。

お金に関して、価値観の合わない彼女と別れられたのは、運がよかったともいえますよ。

今回の解脱ポイント

・彼女は、たまたま極端な考え方の人だっただけ
・もちろん、生きていくためにお金は大事
・でも、金か否かの二元論じゃ、結婚は語れないのがおもしろいとこ

●ライター/みわあやの(カルチャー専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする