デート代の支払いに対する男性の本音集

【相談者:20代女性】
合コンで気になった男性とふたりで食事をして、その後飲みに行ったのですが、支払いがすべて割り勘でモヤモヤしました。この場合、女の子扱いされていないと考えたほうがいいのでしょうか。少しでも女性として興味があれば、おごってくれますよね

a 支払い=好意ではないですよ。金出さない男は嫌っていうなら仕方ないけど。

こんにちは。ライターみわあやのです。

そうですかー。男性にごちそうしてもらうのは、もちろん結構なことですが、私はもらいっぱなしのほうが、モヤモヤしますけどねぇ。

と、女の私がいくら語っても仕方ないので、20代~30代の男性に質問してみましたよ。テーマは、「女性とふたりの食事、全額おごる? おごるとしたら、好意があるから?」

131223miwa

好きな子に食事をおごる? 興味ない子にはおごらない?

『魅力的な女性には、よろこんでごちそうします! でも相手が女性なら、下心なくても男が全部出しますよ。そういうもんでしょ(36才・会社員)』

『女性と食事をするときは、とりあえず全額出す。ケチと思われたくない(35才・会社員)』

『なんでおごらなきゃいけないの。好きな子でも、割り勘(28才・会社員)』

『好意は関係ないと思う。相手が機嫌悪くなるのは嫌だから、全部払います(22才・アルバイト)』

『こっちが誘ったら全部出す。誘われたらケースバイケース。そもそも興味のない女性とふたりで食事はしないかな(35才・自営業)』

『自分が多めに払う。後でグチグチ陰口をたたかれるのが嫌。好意云々じゃなくて面倒なので(25才・会社員)』

『年上じゃなきゃおごるけど、当たり前みたいな顔する女の子には、たとえ好きでも次からおごらない(30才・自営業)』

この他にも、女性と食事をする際は好意の有る無しに関わらず、全額または多めに払う、という回答が目立ちました。また、割り勘という意見も一定数あり、その場合も好意とは無関係という回答がほとんどでした。

自分もマイルールを作っておくといい

どうやら多くの男性は、「おごる・おごらない」にマイルールを持っているよう。下心や好意には関係なく、自分の立場や、体裁を踏まえて決めているという人が多い印象でした。

相談者さんが考えているほど、「気持ちの入り具合」を測るものさしにはならなそうですね。

私を含め、周りのロスジェネ世代の姉さんたちは、『こちらが全額出してもいいつもりで用意していく。ごちそうしてくれるならご厚意に甘えるけど、二軒目か次回は、こっちが出す。もしくは後日、相手の好みのお酒などを贈る。など、いろいろ気を使うから、本音では割り勘がラク』という女性が多い印象です。

これも、次があるとかないとかじゃなく、「そうしないと自分の気持ちがおさまらない」というマイルールなのだと思います。

それが正解というわけではないですが、最初からスタンスを決めておくと、相手がどう出ても、下手に勘ぐって、気分を損ねなくてすみます。男性側も悪い気持ちにはならないでしょうし、なかなか柔軟なやり方だと自負しておりますが、いかがでございましょう。

今回の解脱ポイント

・おごる、おごらないは、好意の有無でなくその人のスタンス
・自分でも、最良だと思うマイルールを決めておこう
・食事の支払いごときで女の価値は計れないんだね

●ライター/みわあやの(カルチャー専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする