変質者から自分の身を守る対策2つ

【相談者:20代女性】
先月、夜道を歩いていると、いきなり誰かにおしりを触られました。しかし、あまりに急なことで、その時はただ呆然とするしかできなくて。あとから恐怖で足が震えました。私は毎日すっぴんだし、ファッションも女らしくはないので、まさかこんなことが起きるなんて思ってもいませんでした。ただ、私には隙があったのだと思います。

自分の身は自分で守らないといけない、と改めて感じました。何か対策があったら教えていただきたいです。

a 自分の身を守るために、対策を練りましょう!

こんにちは、ご質問ありがとうございます。

質問者様の心の痛みを思うと、怒りが込み上げてきます。怖かったですよね。

おっしゃる通り、自分の身は自分で守らなくてはなりません。今回、10代〜40代の女性に『身を守るためにしている対策は?』というアンケートを実施し、最も多かった対策と、実際に痴漢、強制わいせつ被害に遭われた女性のお話を参考にし、身を守るための対策をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

131218ami

性被害に遭わないために! 自分を守るための対策

「夜中や夜道での対策」

性犯罪被害が多いのは、圧倒的に夜です。夜中に1人で出かけたり、夜道を歩くことは非常に危険なので、できるだけ控えましょう。

どうしても夜出かけないとといけなかったり、夜道を一人で歩くときには、以下を意識するようにしてください。

・人通りの少ない暗い道は歩かない。遠回りでも明るい道を通る
・スマホをかまって歩いたり、音楽を聴いたりしない
・歩いているときは頻繁に後ろを振り返る
・露出の多い服装は避ける
・すっぴんにスウェットなど、「家が近い」と感じさせる服装も避ける

「防犯グッズで対策」

最近は、防犯グッズがとても豊富です。防犯グッズの定番と言える「防犯ブザー」も、使いやすくて可愛らしいデザインのものがあるので、バッグに付けておくのもオススメです。

ほかにも、夜道を歩くときに便利な「防犯ライト」「防犯スプレー」「ホイッスル」、自宅の侵入を防ぐ「防犯センサー」「ダミーカメラ」など、様々な防犯グッズがあるので、チェックしてみましょう。


いかがでしたでしょうか?

女性の一人暮らしや一人歩きには危険が潜んでいるということを強く意識し、「隙」を見せないことが性犯罪を防ぐためには必要となります。

自分の身を自分で守るために、様々な対策を練りましょう。

●ライター/真島あみ(色気専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする