運命を信じる? 大人になると忘れがちな純愛のはじめ方

皆さんは「運命」を信じますか? “運命の相手”や“運命を左右する出来事”など、自分の意思とは別のところで作用する良いことや悪いことを、人は「運命」と呼んだりしますが、今回紹介するHさんも運命を感じた中の一人なんです。そのエピソードを詳しくご紹介したいと思います!…

片思い中の彼へLINEでアプローチする時の注意点

【相談者:10代女性】
同じクラスに片想い中の彼がいます。たまにLINEしたり、挨拶や少しの会話をかわす日もあります。その人とは趣味も合うし、LINEでは呼び方まで決めあいました。ただ、この前ちょっと押しすぎてしまって、今は引く時期だと思い挨拶しかしていません。

彼はどう思っているんでしょうか? また上手にアプローチする方法を教えてほしいです!


はじめまして、恋愛コラムニストの内埜さくらです。

ご相談内容、拝読いたしました。相談者さんは、片思いしている彼への上手なアプローチ方法が知りたいとのこと。「押しすぎてしまったから今は引く時期」だとお書きになられていますが、まだ関係が“身近”と言えるほど近づいてはいない印象なので、あまり「押し・引き」を考えすぎる必要はないと思いますよ。

『風にそよぐ草』という映画が公開前に行ったアンケートでも、全体の7割以上の男女が「強引なアプローチはあり」だと回答しています。

そして、恋愛相談を受けていて感じるのですが、男女問わず自分からアプローチできないと悩む人が増えています。ですが、相談者さんは自分から歩み寄ることができる。これは、立派な長所であり武器です。ですから、ご自分に素直になって、長所をつぶさないようにしたほうが、彼から見ても魅力的に映るのではないでしょうか。

そして、上手なアプローチ方法を知りたいとのことですが、彼の人格的な詳細やお2人の会話内容が書かれていないので断言するのが難しいのが現実です。そこで今回は、避けたほうがいいアプローチ方法をお伝えします。私が取材して聞いてきた中では、以下の回答が寄せられました。

1213utino

避けたほうがいいアプローチ方法

・「メールやLINEで返信が来ていないのに再度送る」→相手は返信を急かされている気分になります。

・「読むことが苦痛になるほどの長文」→同程度の長文で返さなければ……という気持ちになるため、返信が億劫になります。

・「LINEでスタンプを何度も一斉に送る」→2、3度までは面白がってもらえますが、それ以上になるとうるさがられる傾向があるようです。

・「関係が深まっていないのに、人前でもメールやLINEでも「好き」と伝える。または会った時に顔に出してしまう」→相手が照れ屋の場合、避けられてしまうことがあります。


今の相談者さんと彼の関係ですと、こんな感じでしょうか。

そして、もう1つ重要なことがあります。

「メールやLINEで話をしすぎないこと」

メールやLINEは、あくまでも距離を近づけるためのツールです。このツールで話をしすぎると、実際に会った時、よほど会話上手な人でもない限り、話題がなくなってしまう可能性があるからです。

ですから、メールやLINEはあくまでも“一歩近づくための手段”としてとらえ、直接会って話す機会をきちんと作りましょう。

LINEで呼び合う名前まで決めたとのこと。その名前で話しかけて、少しずつでもいいので会話する回数を増やしてください。今はSNSから始まる恋愛もありますが、やはり文字やイラストのみのやり取りは、直接会うことにはかないません。直接会って、表情や言葉の細かなニュアンスを伝え合ったほうが、結果として近道になりやすいのです。

話しかける時の内容は、彼も興味を持っていることならベスト。それがまだわからないという場合はLINEで聞いて、後日直接話すという方法でアプローチしてみてはいかがでしょうか。

相談者さんが彼と両思いになれますように。また何かあったら、いつでも連絡をくださいね。

【参考リンク】
『風にそよぐ草』特集:恋のルールあり? なし? 投票 | シネマトゥデイ

●ライター/内埜さくら(恋愛力アップ専門家)

注目の記事

シェアする

恋愛jpをフォローする

このページの先頭へ

恋愛jp パピマミ 健康マニア