映画『イルマーレ』に学ぶ、SNSで出会った人に恋した時の心得

【相談者:20代女性】
最近流行っている「SNS」でのやり取りで、人を好きになってしまいました。会ったことのない人を好きになってしまう、そんなことってあるんでしょうか


みなさん映画は観てますか? 恋愛jpで映画のアドバイスを担当しております利根川です。担当といっても映画を薦めるのが僕の仕事で、お悩みと同じような経験をしている映画や1シーンをお勧めし、少しでも答えのヒントになればと思いご紹介させていただきますね。

さて、「SNS上での恋」ですか? 出た出た、今時ですねぇ〜(笑)。仮想がリアルに、10年前じゃ考えられんよね。

前回の『映画『そんな彼なら捨てちゃえば?』に学ぶ、女が知らない男の本音』でも言いましたが、人間関係の「あいまいさ」が普通になっている、という悲惨な環境もありますが、そこから生まれる恋もあるわけですね。出会わずに恋に落ちる、あるんじゃないんですか!?

ではね、そんな今時のあなたに1本映画をご紹介しますね。これはね、出会っていないのに本気の恋に落ちてしまう少し不思議なラブストーリーです。


『イルマーレ』発売元/ワーナーエンターテイメントジャパン株式会社ワーナー・ホームビデオ

発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ 発売日:2007/2/9 発売中/レンタル中 希望小売価格:\3,980(税込) (c) 2006 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/2/9 発売中/レンタル中
希望小売価格:\3,980(税込)
(c) 2006 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ストーリー

シカゴの大病院で働くため、お気に入りだった湖畔の家を引き払うことになった、医者のケイト(サンドラ・ブロック)。彼女は、次の住人に宛てて手紙を書いて、ポストに入れた。

しかし、その手紙は、魔法のような奇跡によって、2年前の住人の元へ届いた。彼の名前は、アレックス(キアヌ・リーヴス)。2年という時を隔て、2人はその日から文通を始める。夢のこと、人生のこと、恋のこと……、思いを手紙につづっていくうちに、2人の間にはいつしか恋心が芽生えていた。

「どうしてもあなたに会いたい」「君に会いたい」2つの心が重なったとき、2人は時を越えるという危ないリスクを背負って、愛する人のもとへ向かっていった……。


来ましたね、近年激太りで見る影もなかったキアヌさん、最近出た新作で見事復活! いやぁ、素晴らしいですねプロ根性。あんなプクプクしてたのに……。

そんな“キアヌ・リーブス”と“サンドラ・ブロック”の映画『スピード』のコンビですね。だから気軽なのかもね。別にラブコメじゃないんだけど。

サンドラ・ブロックも最近日本に来ていましたね、新作映画『ゼログラ』のPRで。確かその前に来たのは、この『イルマーレ』のプロモーション以来なので7年ぶりですか。

僕ね、16才の時に相当ハマってたんですよ、サンドラさんに……、映画は全て観ましたし、“サンドラポストカード”沢山もってましたもん怖い怖い(笑)。ま、関係ないんだけど。

原作はね、2000年の韓国映画でそのリメイク版です、なんとも切ない、ちょっと不思議なラブストーリーなんですよ。

2人は同じ湖畔の家に住んでいます。1人は2004年に、もう1人は2006年に。ある日、自分のポストに手紙を出したら、手紙だけタイムスリップして相手に届くわけです。2人を繋ぐのはポストのみ、こっちは2004年、相手は2006年、これはSNSよりも遠距離ですね(笑)。

時空すら超える恋が実るのか、そんな不思議なラブストーリーの名言をいくつか僕流にご紹介しますよ。

会ったことのないあの人に恋する名言その1 ~ケイト~

ケイト:会えない男、会った事ない男、そんな彼に私のハートを丸ごとあげたいと思う。

会ったことのないあの人に恋する名言その2 ~アレックス~

アレックス:心配することはない、僕らは必ず会える! 何とかして方法と機会をつくる。そして大丈夫、僕が君を守るから。

会ったことのないあの人に恋する名言その3 ~アレックス/ケイト~

※ある日、ケイトをアレックスが目撃します。声をかけることはできなかったが、初めてケイトを見ての一言。

アレックス:君がどれほど美しいかを話してくれてなかったね。
ケイト:きっと人違いじゃない、私髪型変だったから。
アレックス:長い茶色の髪、優しく無防備な瞳……
ケイト:わかったわ(笑)。確かに私ね……


いかがでしたでしょうか。会った事のない2人、やりとりは手紙のみなのに、互いが互いを必要としている。不思議ですねぇ。

でも、これが真実なわけですね。顔がタイプだからとか、お金があるからとか、そんなくだらない次元じゃないわけです。だって時空すら超えてるんだもん。

愛は時空を超えてしまう、ネットの世界くらい、顔みてないくらい……、とまぁ一概に云えませんのでね、キアヌみたいにプクプク良い人はなかなかいないから(笑)。そこは自分で十分気をつけないとね……是非ご参考までに♪

さてさて、今回の名シーンというか、キーポイントはね、劇中何度もでてくるジェイン・オースティンの『説得』という小説ね。僕も何度か読みましたが素敵な本ですね。そこからの一言でしめましょか。

会ったことのないあの人に恋する名言その4 ~「説得」という本の一説~

『僕らほど打ち解け合い、好きなものが同じで、心が通じ合っている2人はいまい』

どうです、カッコイイでしょ。映画もいいけど小説もいいね(笑)。

是非こんな出会いしてみてくださいな♪

あとは映画観て笑って、泣いて、感じて、きっとヒントがあると思いますよ。

ハッピーエンド目指して……。

現実は映画よりも映画っぽい。

利根川でした。

●ライター/利根川建一(映画専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、映画『イルマーレ』の中から、会ったことのないまだ見ぬ相手に対する名言を紹介する、という視点でアドバイスをいただきました。

映画『イルマーレ』について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

151203irumaretuiki1

注目の出演者たち!

『イルマーレ』には、『スピード』以来の共演を果たした2人に加え、その脇を多くの豪華出演陣が固めています。そんな気になる出演者たちを紹介します。

キアヌ・リーブス

映画の中ではアレックス・ワイラー役として出演。

最近では、ベンチで寂しくひとり佇む姿や激太りした姿が取り沙汰されるなど、本業とは違う部分で注目を集める彼ですが、れっきとしたハリウッドスターの一人です。

映画『スピード』のヒットにより世界的に知られる人気俳優となり、『マトリックス』の大ヒットでその人気を不動のものとしました。

スターらしからぬ言動が注目されることも多く、電車で席を譲る姿が目撃されたり莫大な収入をチャリティーなど自分以外のことに使ったりとその人間性も人気へとつながっています。

さらに、千葉真一のファンで好物は味噌ラーメンという、日本好きな一面もあります。

サンドラ・ブロック

映画の中ではケイト・フォースター役として出演。

キアヌとは『スピード』以来の共演となった彼女も、ハリウッドを代表する女優の一人です。2015年度の米ピープル誌が選ぶ「世界で最も美しい女性」ランキングで1位を獲得するなどその美貌は折り紙付き!

女優としての評価も高く、『あなたが寝てる間に…』『デンジャラス・ビューティー』でゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされています。

2013年に公開された『ゼロ・グラビティ』ではアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされたうえ、配給収入の15%を受け取る契約を結んでおり、7000万ドルを超えるギャラを受け取ったともいわれています。

ショーレ・アグダシュルー

映画の中ではアンナ・クリゼンスキー役として出演。

アッバス・キアロスタミ監督の『Gozaresh』で女優としての地位を確立した、イラン出身の女優さんです。中東出身の女優として初めてアカデミー賞(助演女優賞)の候補となりその地位を確立。

このときは惜しくも受賞を逃しましたが、その後日本でも人気となったテレビドラマ『24』に出演するなど着々とキャリアを積んでいます。

クリストファー・プラマー

映画の中ではサイモン・ワイラー役として出演。

ミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』でその姿を見たというひともいるのではないでしょうか。

『カールじいさんの空飛ぶ家』では声優をつとめ、『人生はビギナーズ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞するなど、80歳を超えた今でも第一線で活躍する名俳優です。

日米それぞれの興行成績

『イルマーレ』は2006年6月16日にアメリカで公開されました。全米での興行収入は52億円で、全米の2006年興行収入ランキングは51位と、大きな成果は残せませんでした。

これだけ豪華な出演陣であっても成功を収めるというのは難しいようです。

日本では同年9月23日に公開され、日本国内の興行収入は11億円。国内の興行収入洋画ランキングは19位とアメリカと同じくあまり振るわなかったようです。邦画も含めると46位で決していいとは言えない順位ですね。

このときの国内興行収入ランキング1位は『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で、続く2位には『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』がランクインしています。

151203irumaretuiki2

主題歌を担当するのはポール・マッカートニー!

美しい風景に馴染む心地いいさまざまな音楽が印象的なこの作品。主題歌はなんとあのポール・マッカートニーのラブソング『This Never Happened Before(ディス・ネヴァー・ハプンド・ビフォア)』

映画サントラの1曲目に収録されており、映画ファンからの評価も高い曲です。さらに、劇中にはキャロル・キングの『It’s Too Late(イッツ・トゥ・レイト)』も流れ、音楽も楽しめる映画となっています。

予告編のCMで使われている音楽

日本で公開される際のTV CMで使われていた音楽は、Keane(キーン)の『Somewhere Only We Know(サムウェア・オンリー・ウィー・ノウ)』。

ピアノが印象的な曲で、耳に残っている人もいるのではないでしょうか。残念ながら、サントラへの収録はされていません。

作品を観た人たちの感想

ここでは、実際に『イルマーレ』を観た人たちがどんな感想を持ったのか、『Yahoo!映画』に寄せられたコメントを抜粋・引用し、紹介したいと思います。

『最後の方は本当にドキドキさせられました。やっぱり会えないのかな……いや、会えるのかも! とラストは二つに一つなんですが、最後までどうなるか分からなかったです』

『シカゴの街と、湖畔の家、いろんな風景も素敵で、タイムスリップなども、フィクションならではで、夢があるストーリーでした。音楽も素敵でした』

『ストーリーは思ったよりも込み入っているし、物語にタイムパラドクス上の穴があったりするものの、友達や恋人と一緒に見にいって映画の後のコーヒーや食事をともにしながら、あのシーンはどうだった、でもこう思った、などと語るにはちょうどいい長さと後味のよい映画だ』

少し脚本として気になる部分はあるものの、素敵な景色と音楽に加え、ハラハラさせられるストーリー展開で楽しめたという意見が多いようです。

韓国版『イルマーレ』をリメイクした今作品ですが、点数としてはアメリカ版の方がやや低いという結果になっていました。

『イルマーレ』の関連作品を紹介

『イルマーレ』を観て、もっと他の作品も観てみたいという気持ちになった人もいるのではないでしょうか。そんなみなさんに、作品と関連のある映画を紹介したいと思います。

サンドラ・ブロックの美貌に酔いしれたあなたに

美しい彼女をもっと堪能したいという方におすすめしたいのが、『デンジャラス・ビューティー』です。

『イルマーレ』では大人な女性の魅力を見せてくれたサンドラですが、ここでは男勝りで色気ゼロのやり手FBI捜査官という役を熱演。コメディ映画で、サンドラ・ブロックを観るための映画といっても過言ではないでしょう。

タイムパラドックスを扱ったオススメ映画

過去・未来を行き来するタイムパラドックを題材とした映画は、名作揃いです。

まずは、誰しも心ときめかせたことがあるであろう名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。Part2で主人公がタイムスリップした未来が実は、今年である2015年なのです!

映画を観ながら、現代で実現したものを確かめるのも楽しいかもしれませんね。

それから、日本が誇るアニメーター細田守監督作品の『時をかける少女』もタイムパラドックス作品のひとつ。

こちらは筒井康隆の小説が原作であり、大林宣彦監督による映画もあります。小説、映画、アニメ、全て名作です!

撮影が行われたロケ地

『イルマーレ』の原題は『The Lake House』といい、湖畔の建物が物語の中心となっています。そんな湖の名前はメイプル・レイク。とても素敵な家が建てられていましたが、今ではすでに取り壊されているようです。

また、“イルマーレ”というのは映画に出てくるレストランの名前ですが、実際のレストランの名前は『パーク・グリル』というそうです。

劇中では人気店という設定でしたが、実際はそれほどでもないとか。映画公開時には予約でいっぱいという事態になったかもしれませんね。

韓国版『イルマーレ』との違い

この作品は、もともと韓国の映画作品が原作でそれをアメリカ版としてリメイクしたもの。

見た人の中には、「オリジナルより悪くなることが多いリメイク作品の中では良くできている」という意見から「美しい風景が見どころだが、韓国版の方が勝っている」という意見までさまざまです。両方を見比べて判断してみたいものですね。

ネタバレになってしまうため詳しく書くことはできませんが、主役2人の職業が変更されていたり、韓国版にはないキスシーンがあったり、さらにはクライマックスのラストシーンにも違いがあるなど、見逃せない内容となっています。

それから、物語のキーとなる湖の家ですが、韓国版では湖ではなく海辺に建っており、美しい景色を見比べるという楽しみ方もできるのではないでしょうか。


「作品中に使用された音楽」や「映画のロケ地」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

音楽を楽しむもよし、韓国版との違いを楽しむもよし……。さまざまな楽しみ方ができる『イルマーレ』を、ぜひ一度ご鑑賞ください!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする