恋愛から遠ざかる人は「言い訳が多い」 女として幸せを掴むために……

【相談者:20代女性】
街にカップルがあふれる季節になり、ひとり身の私はやるせない気持ちになってしまいます。特にかわいくもなく、細くもない私がなにもせずモテるわけはないのですが、仕事もそれなりに忙しくて、始まるかどうかもわからない恋愛のためになにかするのは大変だと感じます。

qa_a 言い訳で自分を守ろうとすると、未来の幸せが減ってしまいます。

ご質問ありがとうございます。恋愛小説専門家の倉本真帆です。

心理学を参考に、アドバイスを小説風に仕立ててみましたので、ご覧ください。

131209kuramoto

 カランカラン、それはこの店のドアベルの音。

 お客様のご来店を告げるその音がなったら、私はコーヒーを準備する。

 『心理学でお悩み相談カフェ・お代はコーヒー一杯で』

 ここはちょっと風変わりな喫茶店。オーナーの私が、一杯のコーヒーと一緒に、相談を受けるお店なのだ。

 今日のお客様はどんな相談だろう。20代くらいの、女性――。

 「コーヒーをお持ちしますので、お席でお待ちください」

 そう声をかけ、お盆を用意する。

 「お待たせしました」

 テーブル席に腰かけた女性のもとへコーヒーを運び、私も腰かける。

 「お悩みを、お聞かせください」

 「ここしばらく恋愛をしていないんですけれど」

 「ええ」

 「仕事もあるし、特に恋愛をしたい男性がいるわけでもないので、恋愛のためになにかしようという意志がわいてこないんです」

 「恋愛をするには、なにかをしなくてはならないのですか?」

 私は少し不思議に思い、訊ねてしまった。

 「自分磨きです。かわいいと思ってもらえるようにメイクを研究したり、ダイエットをしたりとか……」

 「それは、恋愛をする前の準備、なのでしょうか」

 「え、そうじゃありません?」

 聞き返されてしまった。

 「では、具体的にどこまでいけば恋愛ができるとお考えなのでしょうか」

 「それは……」

 女性は困ったようにコーヒーカップをもてあそぶ。

 「心理学用語に、“セルフ・ハンディキャッピング”というものがあります。“これをしていないから、○○できない”と、結果が出る前に失敗する理由を自ら挙げることを言います。失敗しても仕方ないと思える理由が用意できていますので、うまくいかなくてもダメージが少なくなりますし、仮に成功した場合、不利な状況があったのにうまくいったことで自分への自信が高まるのですね」

 「いいことのようにも、思えますけど」

 「一見、どちらに転んでも得がありますよね。でも、“セルフ・ハンディキャッピング”をする人は、しない人に比べて成功率は低いということが知られています」

 「じゃあ、あんまり傷つかずに済むけれど、本質的な幸せからはどんどん離れて行ってしまう……ということでしょうか」

 「そうなりますね」

 女性は下を向いて考えこむ。

 「お客様のお悩みで考えると、恋愛が始まるときは特に、 “かわいらしさ”や“体型”などに試験の合格ラインのような一定の基準があるわけではありません。ご自身で厳しすぎる条件を用意して、スタートラインに立とうとしないのは、もったいないと思いますよ」

 女性と目が合う。

 「自分磨きがいけないわけではありませんが、見てもらえなければ、魅力を感じてもらうこともないですよね。ちょっとした振る舞いや、会話を大事にすることで、新しい関係性が見つかることもありますよ」


いかがでしたでしょうか。

ついついやってしまいがちな、“セルフ・ハンディキャッピング”。それによって自分の可能性を狭めてしまっているのであれば、今すぐ改善したいですね。

気になる人が見つかっていないときに、恋愛を意識して行動するのは難しいかもしれません。ですが、恋愛対象への態度だけが素晴らしいものであっても、相手はあなたに魅力を感じるでしょうか。

「恋愛しよう!」と思ってから恋愛モードに入る人よりも、普段から相手に、「この人と恋愛できたらいいな」と思ってもらえる人の方が、よいのではないでしょうか。

参考にしていただければ、幸いです。

●ライター/倉本真帆(恋愛小説専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする