見込みナシ? イケメン店員への片思いが実る可能性とは

【相談者:20代女性】
今、片思いをしてる男性のことで相談します。彼は、芸能人のようなルックスでとてもカッコよく、観光地で有名なお店で働いています。彼の姿は店の外から見えるようになっていて、みごとな手さばきとルックスで、店先にはいつも人だかりができています。

私は、毎日同じ時刻に同じものを買いにお店を訪れます。接客もする彼は、ステキな笑顔をくれます。喜ぶような言葉もかけてくれて……ようやく世間話ができるようになりました。お店のフェイスブックでつながることもできました。メッセージを送りますが、返ってこないときがほとんどで、内容は宣伝です。

嫌われてるかも……とか、興味がないのかも……とか、不安になってしまいます。でも、話をしない常連の女性客もいるので、もしかして……なんて思ってしまいます。

私は彼が好きです。女性として見て欲しいです。二人でお話もしたいです。そう思いながらも、「無理なものは無理」とバッサリ斬っていただきたくもあります。よろしくお願いします。

qa_a あなたが喜ぶ接客の仕方をしているように思います。

こんにちは。ライターのたえなかすずです。

冷たい言い方かもしれませんが、どうか気持ちの落としどころを見つけてください。きっとイケメンなので諦めきれないのだと思います。その気持ちは分かります。彼は接客のプロでしょう。だから人気のお店に在籍して、調理も接客もしているのです。

サービス業ですから、あなたに失礼なことはまずしないでしょう。というより、あなたが一番喜んでくれる接客をしてくれているはずです。あなたの場合は、恋愛風味の接客が有効なのだと思ってそうしているような気がします。

131202taenaka

毎日来てくれる常連さんという位置づけ

辛口ですみません。もし、なにか感情があるのなら彼からお誘いがあるでしょうし、フェイスブック以外の連絡先を聞かれるでしょうから。でも、これをイケメンとの「気があるごっこ」だと思えば楽しいですね。それを息抜きとして彼のサービスを楽しみましょうよ。

笑顔やサービスを真に受けて、アプローチはしないほうがいいと思いますね。彼を狙っている人はたくさんいるでしょうし、女性の扱いもうまいでしょう。一連の行動は営業テクでしょうね。そうやってお客さんを集めてきたのだと思います。

「アドレスを教えて」とあなたに言われたらいやな顔はしないと思いますし、表面上は快く教えてくれるでしょう。お客様ですから。フェイスブックのメッセージも返ってこないときがあるとのこと。返ってこないのは、見込みはないということ。

毎日送ったりしていませんか? この彼に限らず、彼女の有無、もしくは配偶者の有無などもわからないまま感情的になってしまうのは避けましょう。

回りに本音で相談できる人はいませんか? 恋愛が得意な人で、現実的な人です。一度一緒にお店に行ってもらうか、あなたと彼の様子を近くで観察してもらうかなどして冷静に見てもらうといいですね。

距離を縮めて、仲良くなって……というアドバイスはアリかもしれませんし、友達にはなれるでしょう。でも、それが恋愛に発展するとなると難しいかも。私からどんどんつながって……と思うのは間違い。「空気の読めないしつこい人」と思われてしまいます。

スペックの高い、彼のような男性とは二度とめぐり合えない気がして執着してしまう気持ちは分かります。もう出会えないかもしれませんが、手に入らない存在ならば執着してもしかたありません。

いくら芸能人のことが大好きだと言っても、実際のかかわりがなければ、恋愛とは呼べませんよね。そして会うためにお金がかかってくるようになるのは、恋愛と違う気がしません? あなたは毎日、欲しくはないのだけれど、顔を見たいがためにお店に行って何かを買ったり食べたりするのですよね? それはアイドルのファンと一緒です。

「女性の77.5%は“イケメンすぎる男性”は苦手だと回答する」(ガールズちゃんねるより)

『あまりにもイケメンな人って、顔だけでモテた過去が絶対にあるから、性格がやっぱりちょっとズレてるんですよね。あるいは、決定的にユーモアのセンスに欠けてたりする。一緒にいて面白い人のほうがいいですよ。(26歳・アパレル)』

心理学用語のすっぱいブドウではありませんが、こういう考えもあるのです。

すっぱいブドウ効果とは?

「手の届かないところにあるブドウはすっぱいに違いない」と考えること。目的が達成されなかったことの、自分に都合のいい理由付け。過ぎたこと、ダメだったことをいつまでもくよくよしながら悶々とするよりも、新しいことに目を向けるほうが精神衛生上よい、という意味だと思っています。

彼は憧れの人としてお話を楽しむだけ、彼のお顔をたまに買いに行ったときに見るだけにして、別にもっと実際にかかわれる人を探したほうがいいと思います。

●ライター/たえなかすず(恋愛短歌専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする