年下女子をキュンとさせる男の魅力アピール術4つ

【相談者:30代男性】
先程、告白して振られました。自分は30歳の社会人、相手は21歳の部下で、出会って一年経ちます。仕事上では、誰よりもコミュニケーションをとっており、知らないうちに好きになりました。彼女は面倒見もよく、非常に優しい人です。しかし、告白した際に、「上司としてしか見れない」と言われてしまいました。彼女も、「告白されるのでは?」と感じていたみたいです。別れ際にお願いをして、抱きしめて、おでこにキスをさせてもらいました。彼女の反応は、今までに見たことがないくらい恥ずかしがっていました。

ですが、やはり諦めきれません。自分の中では、これを気に男として見てもらいたいのですが、どうすればよいのでしょうか? アドバイスをいただければ有難いです。よろしくお願いします。

qa_a 頼りがいとギャップをうまく利用して、男らしさを演出しましょう。

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

9歳の年齢差って、20代前半の女性からすれば、大きく感じるかもしれませんね。でも、恋愛に年齢などもちろん関係ありません。上司と部下という関係ではなく、ひとりの男性として見てもらえるよう、積極的にアピールしてみましょう。

そのためのアドバイスを、恋愛心理を参考にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

131129lisa

(1)女性は頼りがいのある人に男らしさを感じる

彼女から男として見てもらうためには、頼りがいのある姿を見せなければいけません。女性は、頼りがいのある相手に対して男らしさを感じます。

仕事で一緒になることが多いのであれば、彼女のミスをさり気なくフォローしてあげたり、重い荷物を代わりに運んであげたりして、頼りがいのある部分を見せてみてはどうでしょうか。

(2)落ち着きある行動で大人の男性を演じる

頼りがいと同じくらい、落ち着きがあるかどうかも大切なことです。特に、20代前半の女性って、まだまだ精神的に不安定な部分が多いので、それを受け止めてくれる男性を求める傾向があります。

彼女が悩んでいたら黙って話を聞いてあげるなど、大人の男性として、落ち着きのある行動をとりましょう。

(3)たまに見せるギャップで母性本能をくすぐる

大人の男性としての魅力を知ってもらいつつ、たまには、ギャップを使うことも必要です。子どもっぽい無邪気な一面を見せてみせてみたり、自分が苦手なことを彼女にお願いしてみたりと、意外な一面を見せてみましょう。

頻繁に使えば、ただの頼りない上司となってしまいますが、たまに使うことで、女性の母性本能をくすぐることができます。

(4)一緒にいて楽しいと思える存在になる

男女関係なく、一緒にいて笑える人とは相性が良いのだと感じます。ひとりの男性として見てもらう努力も大切ですが、彼女を楽しませてあげようとする努力も必要です。

彼女にとって、一緒にいて楽しいと思える存在になるよう、まずは、自分が彼女との会話を楽しむようにしてください。


一度振られただけで諦める必要なんてありません。同じ職場であれば、いくらでもチャンスは生まれます。応援しているので、頑張ってください!

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする