浮気されたトラウマを脱し、彼氏を信じられる自分になる方法

【相談者:20代女性】
私には半年お付き合いしている年上の彼氏がいます。彼は誠実な人だと思いますが、マメで、少し口が上手いタイプ。男性なので当然かもしれませんが、ええかっこしいなところがあるので、他の女性にも優しいし気がつくタイプかと思います

問題は私にあるのですが、私は以前の彼に何度も浮気された過去があり、不安になりやすく疑り深いです。なるべく表に出さないように、と思うのですが、頭の中が不安や悪い思い込みでいっぱいになってひどく落ち込むので、結局彼に気づかれ話し合いになるというパターンです。

話をして冷静になると、また迷惑をかけてしまった、と反省するのですが、一か月くらい経つと、また別のきっかけで不安になってしまいます。彼は、私の状態を理解して付き合ってくれていますが、信じてもらえないことに疲れてきているように見えます。

どうしたら彼を信じ、不安をなくせるのでしょうか。不安を感じること自体疲れますし、これ以上彼を疲れさせることなく楽しく過ごしたいのです。

a 疑うのは、別に悪いことじゃないです。

こんにちは。ライター・みわあやのです。

この人、大丈夫じゃん。ほとんど解決できてるよ。というのが私の感想です。どうしてかというと、すでに、彼を疑って不安になる気持ちが「自分の問題」だと理解されているからです。

原因がわからなくて、相手のせいだと思い込むことって、ほんとに多いんです。相手の欠点にあたっているスポットライトを、自分のほうに向けて考えるっていうのがいちばん難しいところだと思いますから。

でも、彼を疑って不安になってしまう自分を責めないで欲しいんです。

私は、人を疑うのを悪いことだとは考えていません。だって、誰かれかまわず信用していたら、さらに深い傷を負う可能性もありますから。自分の身を自分で守ろうとするのは、あたりまえの行動です。

131127miwa

不安定な気持ちは、自分を守るための戦い

現状の自分は「自分自身の思い込み」によって作られる。心理学では、そう考えられています。人間は、この強い思い込みによって、考え、発言し、行動しているんです。

とくに、ネガティブな経験は心に深く刻まれますから、思い込みもより一層強くなりがち。疑り深くなるのは、“浮気された私”という自分像が表に出ている状態なんですね。

ですから、相手がどれだけ好意を示してくれても信じられないし、相手を疑って、気持ちを試すような言動をする。自分を守るために、心も必死ですよね。

でも、心のどこかで「彼を心から信じないといけない! そうでなければ愛されない」という思い込みもある。こうあるべき、という“理想の私”ですね。

だから、「そんな自分じゃだめだ!」と“理想の私”が出てきて、あなたを責める。でも、“浮気された私”が、「だって怖いんだもん!」と騒ぎ出す。心の中で、この人たちが大ゲンカをはじめるので、「わかっているのに、不安な気持ちがおさえきれない」という状態。←今ここ。

・この子が、二度と裏切られて傷つかないように、警告してあげたい
・この子を諭して、彼を心から信じられる幸せな女にしてあげたい

どちらの気持ちも、あなたを良いほうに向かわせたくて、戦っているんです。

信じられる「根拠」をみつけるのが大事かも

人を信じるには、「客観的に観察する」しかないと思います。相手は自分を傷つけない人か。どのように扱っているのか。じっくりと観察して、相手が「信じてもいい人間なのか」を見極めるつもりで。

そして、「?」と思うところがあるなら、その都度、率直に聞いてみてもいい。そのときにちゃんと向き合え、真剣に聞いてくれる人なら、それは十分「信用できる根拠」になると思いますよ。

それができない人なら「合わない」んだから、さっさと別れる。これくらいのスタンスがいいかもしれません。無理に、信じよう信じようなんてしなくてもいいんです。「疑う自分」を納得させてあげるのが先決でしょう。

今回の解脱ポイント

・人を疑うのは悪いことではない。自分を責めなくても大丈夫
・疑わしいところより「信じられる部分」を積極的にみつけていく
・小さな根拠を少しずつ積み上げて、相手を理解していったらいい

【関連コラム】
カップルが別れる理由として多い2パターン

●ライター/みわあやの(カルチャー専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (24)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする