10歳以上年上の男性と結婚する時の盲点5つ

【相談者:30代女性】
10個以上年上の彼と、結婚したいと思っています。年齢差が大きいですし、お互いにもう子どもではないので、どうしても先々のことを計算してしまいます。

年上の男性と結婚する場合に、考慮しておいたほうがいいことを教えていただけますでしょうか。

a 5つの盲点をご紹介しましょう。

たとえば、男性が45歳。女性が30歳で結婚した場合、わりとラッキーだと感じる女性もいるかと思います。

男45歳って、いい意味でも悪い意味でも今後「大化け」することが少ないもので、今の彼の年収のまま、ずっと平穏無事に生活ができるな、と思うかもしれません。これが20歳そこそこの男子と結婚したら、来年、彼は無職になるかもしれないし、いろいろと精神的に落ち着かないですもんね。

でも、年の差婚には、意外な「盲点」もあると、経験者(30歳・明美さん(仮名))は言います。盲点が「いいこと」なのかそうではないことなのかのご判断は、読者賢者に任せます。

とりあえず、以下のようなことが「盲点」のようです。

131127mikuno

(1)カラオケに行っても私の知っている歌を彼が歌ってくれない

『彼とカラオケに行くと、彼は決まって昭和40年代にヒットした歌を歌います。イントロがいきなりサキソフォンのソロで始まるような歌謡ロック(?)です。私がケツメイシとか歌ってよと言っても歌ってくれません』

歌ってくれないのではなくて、きっと歌えないんだろうと思います。歌には育ってきた世代がよく現れるので、しかたないと諦めるべきかもしれませんね。

(2)親御さんが時間差で「ずっと超高齢」

『15歳年上の彼のご両親は、現在70歳です。これから介護の心配が出てきます。あと10年すれば、私の両親も75歳になります。今からずっとずっと、介護の心配をしないといけないというのは、ちょっとしんどいかもです』

たしかに、「ずっと」介護の心配がついてまわりますよね。

(3)孫の世話ができない夫になる可能性が!

『子どもを抱っこするだけでもかなり体力を使うものです。子どもって生きた魚のようにキャピキャピするので、それを抑えるのって大変です。今45歳の夫が、仮に30年後の75歳になって私たちに孫ができた場合、夫はもう孫を抱いてやることができないかも』

う~ん、たしかにそうかもしれないですね。子どもを抱くのには体力がいりますしね。

(4)食事の好みがちがってくる

『これは今でもそうなんですが、夫は43歳くらいから和食を好むようになりました。私はまだまだチーズの料理とか焼肉とか、味の濃い中華とかが大好きです。よって外食をするときに、わりと喧嘩になることが多いです』

加藤茶さんのところって、どうしているのか気になりますよね。奥さんが「焼肉!」と言えば、加藤さんは「ちょっとだけよ」とか言うのでしょうか。

(5)相談相手が「近所のスナックのママ」になるかも

『私の友だちで10個以上年の離れているカップルっていないんですよね。だからすごく年上の男性がなにを考えているのかとか、そういうことって相談のしようがなくて。でも考えてみたら、近所のスナックって60代や70代の人がたくさん通っているようなので、今後、旦那に関する相談は近所のスナックのママにするかも』

スナックのママになっちゃうという手もありますよね。


いかがでしたか?

こうやって、年の差婚カップルのリアルなお話を聞いていると、年の差カップルって「ふたりサザエさん」みたいなかんじなんでしょうかね。いろんな世代の人が一堂に会するのがサザエさん。世代のいろんなところを抜いて、ふたりでやるのが年の差婚みたいな。

でもまあどうであれ、いろんな世代の人と暮らすのは、トラブルがありつつも楽しいでしょう。ご紹介したようなポイントが、今後起こりうるかもしれないと思いつつも、楽しく年の差婚をしてみたら、わりとカラフルな人生で良かったなと思うのかもしれませんよね。日本人の平均寿命からすれば、夫に先立たれる可能性が高いということがあるにせよ。

●ライター/ミクノトモ(コミュニケーションデザイン専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (11)
  • うーん (55)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする