10歳以上の年齢差結婚!知っておきたいメリットとデメリット

年の差結婚といっても、今の時代、10歳以上の差があっても、さほど珍しいものではありません。

芸能界でも、10歳以上の年の差結婚というのはよくあることです。
しかしその代表的な存在であり、おしどり夫婦としても知られていた24歳差婚の高橋ジョージさん・三船美佳さん夫婦が、残念ながら離婚に至ったのは世間を騒がせました。

やはり、年の差結婚というのは難しいものなのでしょうか。
しかし世の中には、歳の差をものともせずうまくいっているケースもあります。
成功させる秘訣を探るため、その実態と方法を調べてみました!

芸能人でいう年の差カップルは?

まずは芸能人の夫婦で、年上男性、年下女性それぞれの年齢差がある夫婦を調べてみました。

夫が年上である芸能人夫婦

  • 福山雅治さん、吹石一恵さん(13歳差)
  • 田村淳さん、香那さん(10歳差)
  • オダギリジョーさん、香椎由宇さん(11歳差)
  • 山本耕史さん、堀北真希さん(12歳差)

妻が年上である芸能人

  • 森渉さん、金田朋子さん(10歳差)
  • 早乙女友貴さん、島袋寛子さん(12歳差)
  • 吉田美和さん、JUONさん(19歳差)

20歳以上離れた芸能人夫婦

  • 加藤茶さん、綾菜さん(46歳差)
  • 市村正親さん、篠原涼子さん(24歳差)
  • 石田純一さん、東尾理子さん(22歳差)

年の差結婚を知った周りの本音は?

芸能人の例を調べてみてわかりましたが、年の差結婚といっても、男性のほうが年上であるケースは大半を占め、女性が年上の姉さん女房カップルは決して多くありません。

そのため、男性か女性、どちらが上かによって、当然周りの意見も変わってきます。
恋愛と結婚ではまた違うので、そのような違いも含め、友達からどう思われているのかをチェックしてみましょう。

夫が年上夫婦

もっともよくあるパターンです。
よくある友人の意見としては「これから、いろいろ大変だと思うけど、頑張ってね」というもの。

これから年を重ねていくうえで、早い段階で親の介護問題などにぶつかる可能性が高いなどのデメリットが浮かび、このような意見がでているようです。

妻が年上夫婦

年の離れた姉さん女房というのは、近頃増加傾向だとはいっても、夫が年上パターンと比較するとやっぱりまだまだ少ないようです。

というのも、男性は一般的に若い女性を好む人が多いため、その常識を覆したカップルに対し「すごい!」と一目おかれることも少なくありません。

年下男性を選んだ女性は好感度が高く、その理由や、年下男性を射止めた手腕なども気になるところです。
ただ、年下男性がフリーターや無職で頼りない場合は心底心配されてしまいますが、そういったケースでなければ、プラスの印象を与えています。

20歳以上離れた夫婦

さすがにこちらは、男性が年上の場合がほとんどですが、それに関して男性の意見としては「いいなー」というものでした。

歳をとれば、パートナーが若いというだけで魅力的で羨ましがられるものです。
女性からみれば「やっぱり若い女がいいのね」と思う人や「経済力があってうらやましい」という声が多いようですね。

年の差結婚におけるメリットとは?

つぎに、実際に年齢差がある結婚は、どうなのかが気になるところです。
年が離れている結婚のメリットをみていきましょう。

(1)経済的に安定する

年の差がある場合は、年上の方は、仕事上である程度の役職に落ち着き、経済的に安定しているため結婚に踏み切りやすくなります。

結婚生活も、ある程度余裕をもって送れることも多いでしょう。
そういったお金のゆとりは、心のゆとりにつながる場合もあるので、とても重要です。

老後は、ふたり一緒に年金生活になるわけではありません。
そのため、ひとりだけ先に年金生活になりますが、夫婦共働きだった場合は、片方が現役ということになり、一気に世帯収入が激減するということを防げます

(2)あまり喧嘩をしないで済む

年上の相手は、同年代の人よりは落ち着きがあり、広い心で構えてくれる方が多い傾向にあります。

夫婦間における世代の違いや、ある程度噛み合わない部分は、最初から熟知しているため、衝突も少ないのかもしれません。

(3)知識を補いあえる

年が離れていると、生きてきた年代も違うため自分とは知識も異なります。

年上の相手は知識も経験も豊富ですし、年下の相手は新しい情報を知っているのです。
お互いがアドバイスをしあえることで、知識を補い合える関係でいられるでしょう。

(4)よい刺激があるので若くいれる

年齢差があると、同じ生活環境のなかで協調し合って、平均よりも若々しくいられる傾向にあります。
相手が若ければ、自然と影響をうけて見た目にまで繁栄され若さを保てるというわけです。

また、年下のパートナーにとっては、年上と一緒にいることで、自分にとって未知の体験をできるため刺激をもらえます。
お互いにとって、よい刺激があるといえるでしょう。

年の差結婚におけるデメリットとは?

では反対に、年の差結婚で生じるデメリットはあるのでしょうか。

(1)介護問題

もっとも心配なのは介護問題です。
結婚は相手だけでなく、相手の家族も巻き込みます。
そのため、両親の状態によっては、介護が身近になることも。

相手の年齢に関係なく、いつかは訪れる問題ですが、年齢の高い人がパートナーだと、早々にきてしまう可能性が高くなります。

(2)ジェネレーションギャップ

育った年代が違うと、あらゆる趣味や好みなどで違いがでてくるため、共通の話題が少なくなりがちです。

テレビや音楽、流行したファッションなどだけでなく、相手の趣味や考え方、感覚を理解できないと、つらくなってしまうかもしれません。

そのギャップを好奇心で楽しめるのであれば、デメリットではなくなりますが、共通の話題が少ないことに寂しさを感じることもあるでしょう。

(3)老後に過ごす時間

男性が年上の場合に限りですが、男性の平均寿命は女性より短い傾向にあるため、一緒にいられる時間も短くなってしまいます。

残された女性は、老後をひとりで生きていかなければなりません。
あくまで平均ですが、ある程度の覚悟は必要になります。
あらかじめ、ライフプランをしっかりたてておくことがポイントです。

(4)子ども問題

男性が年上であれば、仕事を終えて定年になる時期は早くきます。
子どもが成人する前に、定年を迎えてしまうかもしれません。
そうならないために、前もって学費を備える必要があるのです。

また、男性も女性も、高齢になるほど妊娠率が低下するといわれているので、場合によっては子どもを産むことが難しくなる可能性もあります。

そもそも、子どもが欲しいかどうかを、結婚前に話し合う必要がありそうです。

年上女性の場合はとくに、結婚を前提にしたときに、男性の両親から「子どもはどうするんだ」と反対されることも視野に入れておく必要があります。

(5)浮気の心配

若いパートナーの友だちは、若い方が多いため、どうしても浮気の心配は出てくるようです。
自分より若くて魅力的な男子や女子がいることで、ただ遊びに行くだけでも嫉妬してしまうことはあります。

また、年上パートナーの友人は大人の男女なため、若さでは太刀打ちできないと心配することも。

お互いが、自分の気持ちをしっかり伝えて話し合うことが大切です。

では年の差婚より同い年婚の方がうまくいくのか?

年齢差がある結婚にはメリットもデメリットもあります。
では、同い年で結婚するほうが、うまくいくのでしょうか。

答えはNOです

年の差婚も同い年婚も、それぞれのメリット・デメリットがあり、どちらがうまくいくというのは一概にはいえません。

実際のところ、幸福度は、両者に大した差はないといわれています。
同い年で似た価値観であっても離婚する人はするし、年の差婚であってもうまくいく人はうまくいくのです。

実際に年の差結婚をした人の体験談

歳の差婚をした人に、体験談を聞いてみました。
実際はどうなのでしょうか。

親に付き合いを反対されたが、誠実に話をして時間をかけて認めてもらった

やはり、親に反対されることは多いようです。
急に、10歳も20歳も年の離れたパートナーを紹介されれば、誰だって戸惑います。

わが子を愛していない親はいません。
「遊ばれているのではないのか」
「孫(子ども)はどうするのか」
このように、心配のあまりデメリットに目がついて大反対するということは、よくあることです。

こういったケースでは、実子である方が自分の親を説得する必要があります。

旦那が年上だと優しい

歳の差があると、普通ならカチンとくることでも、大抵のことは可愛いと思えるそうです。

やはり大人の余裕が大きいのか、包容力を発揮するため衝突が少なく、ラブラブな夫婦も多くいます。

まとめ

結婚生活のなかで、年齢差によって不満を感じている人は少ないものの、今後や将来のことについては、よく考えて準備をする必要があります。

恋愛のドキドキ感とは違い、結婚は家庭に安心感を求める人も多いため、お互いが「この人が理想のパートナー」と思いあえると最高でしょう。

そこで大事なのは、相手との相性や、相手に対する思いやりであって、年齢によって決まるものではありません。
結婚は一生のことですので、年齢に左右されることなく、そのような相手を見つけることが大切です。

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (20)
  • うーん (98)

恋愛jpをフォローする