恋人同士の“食事”に関する価値観の違いを埋める方法3つ

【相談者:20代女性】
デートでよくドライブに行くのですが、彼はとりあえずお腹が満たされればいいみたいで、ご飯を食べに行かず、コンビニとかのパンで移動しながら食べるのが当たり前みたいになっています。今までそんな経験がなかったので、最初は楽しかったのですが、やっぱり私はちゃんとお店に入って食事がしたいです。

彼にどう言えば変わってもらえますか?

qa_a 言葉だけで人はなかなか変わりません。貴女がちょっと頑張って。

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。

ご相談ありがとうございます。食事に関する価値観の違いは結構気になるものですよね。彼は普段から仕事等で忙しく、食事に時間をかけられない状況にあるのではないでしょうか?

そしてこれは、子供の頃の環境に大きく影響を受けているでしょうから、少し気長に構える覚悟をした方がいいと思います。

131126sayuri

第一段階

コンビニのパンから、手作りのサンドイッチに。

「いつも運転して、色んな所に連れて行ってくれるから今日は私も頑張って作ってみたの」と感謝の気持ちを添えて、運転しながらでも食べやすいロールサンドや巻きずし、スティックサラダや唐揚げ等を作って持参して、まずはコンビニの物から彼を遠ざけましょう。貴女の手作りは、きっと彼も喜んで食べてくれると思いますよ。

第二段階

運転しながらでは食べにくいお弁当を作って持参しましょう。

「今日は頑張って作ったから、ちょっと景色のいい所で止まって食べようよ」と提案してみましょう。食事の為に止まる時間を作る事に抵抗がある彼でも、貴女が一生懸命作ってくれた物なら、きっと喜んでくれるでしょう。

第三段階

この時期だから出来る、「寒いから何か温かい物食べたいね」の提案。

第二段階で食事に時間を取る事に慣れたら、まずは、あまり時間のかからない麺類などのお店に。そして、最終的には貴方が望むお店でゆっくり食事を楽しめるように誘導していきましょう。


食育の現場にいて私が感じるのは、子供の頃からてっとり早く食べられるもので育てられた人は、大人になっても、食事は時間をかけて楽しむのではなく、てっとり早く空腹感をみたせられればそれでいいと考える傾向があります。

育った環境で身についてしまった考え方は、「せっかくのデートなんだから、お店でゆっくり食事がしたいの!」なんて叫んでもなかなか変わりません。貴女もちょっと努力して、焦らず頑張ってみて下さいね。

●ライター/SAYURI(生活心理専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする