“非モテ男子”でも合コンへ行く勇気の出る心得2つ

【相談者:20代男性】
人付き合いが苦手で、彼女が出来たことがない非モテです。先日、数少ない友達に合コンに誘われましたが、自分はイケメンじゃないし、気も利かないタイプです。きっと、自分をバカにするような、キツイ女性もいるだろうと思うと気乗りしません。女性のジャッジって厳しいそうなので、立ち直れないのではと不安です。

でも、年も年だし、彼女も欲しいです。合コンに参加する勇気がでるようなアドバイスをよろしくお願いします。

qa_a 嫌われてもいいじゃん。どーんとしてましょうよ。

こんにちは。カルチャー担当・みわあやのです。

個人の性格の差もあるのでしょうが、人付き合いの苦手な人は、「気を使わなければいけない」という意識が強い人が多いのではないかと思います。

ちゃんとした自分でなければ嫌われてしまう。ダメな人間だと思われたらいけない。

そんな風に、自分の作った“理想的な自分”ルールにしばられているので、誰かと会ったあとはものすごく疲れちゃう。だから、苦手意識がうまれ、誰かといる時間を心から楽しめないのかも。自由の利かない状態ほど、人を疲れさせるものはありませんよね。

131125miwa

“あの人は自分を嫌っているかも”という不安の正体は……

見た目が悪いからバカにされているんじゃないだろうか。気が利かない奴だと嫌われているんじゃないか。そのように考えてしまう人は、得てして、内心自分が「見た目の悪い人」のことをバカにしているもの。そして、「気の利かない人」のことを嫌っているものなんです。

心理学では『投影』といいますが、自分の中の感情を、他者がもっているもののように感じてしまう気持ちのあり方です。

人をバカにしたり、嫌ったりする自分に罪悪感をもっている。だから、もしかしたら自分も他人にそういう目でみられているのではないか、けしからん。となるわけですね。

「人を見た目で判断する」「他人を嫌う」ことに過剰反応する理由は、多くの場合、自分がそう思っていることへの戒めだったりするのかも。人間って悲しいくらい、まじめですね。

カテゴライズされて嫌われることに恐怖を感じるなら、まず自分が他人をカテゴライズしないこと。でしょうね。

嫌われても仕方ないかって思うと、逆に好かれたりします。

普通の人なら、他人のことばかり気にして、あげ足をとってやろうとか、バカにしてやろうなんて思っていません。たまーにそういう人もいますが、そんな人に好かれても何の足しにもなりませんよね。嫌われるならそれで結構! くらいの気持ちでおおらかに。そう心にとめておけば、あなたの行く手を阻む「女性に対する不信感」も和らぐのではないでしょうか。

さらに、そんなあなたのことを「いいな」と思ってくれる女の子も、あらわれるかもしれませんよ。

どうしてかというと、人間は、あけっぴろげで包み隠さない人に対して好感を抱き、思わず心を開いてしまうものだから。良い部分も悪い部分もどーんと見せると、相手も、「そこまでオープンにつきあってくれるなら……」と安心するんですね。ちなみに、心理学では『自己開示の返報性』といわれていますよ。

「嫌われることもあるさ」で、いいんだと思います。誰からも嫌われない人なんていませんから。こういう気持ちでいられたら、人付き合いって楽になるものなのではないでしょうか。

でも、忘れてはいけないのが、「俺のダメな部分も認めてよね」という期待を持たないこと。こうなると、ただのエゴ。それに、わざと嫌われようとするのも、また別の話です。

また、いきなり初対面の相手に自分のことをベラベラ話し出すというのとも、意味が違いますので、くれぐれも誤解なきよう。

ダメなとこを見せたくない、と肩肘をはらず、自然にその場を楽しむことに意識を向かわせるといいと思いますよ。

べつに合コンだけが出会いの場じゃないんだから。1回目の参加で好かれなくたって、世界は広い。そんなにかしこまらないで、ふらっと動物園を見学に行く〜くらいの気持ちで楽しんできてくださいな。

【関連コラム】
心理学の『投影』に学ぶ、カップル不仲の原因
“自己開示”を使った恋愛アプローチテクニック

●ライター/みわあやの(カルチャー専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする