彼女と復縁したい男性がやるべき5つの行動

彼女と別れたあとに、なかなか吹っ切れない男性は意外と多いようです。

「別れたけど、元カノのことが忘れられない」
「別れて元カノの大切さに気付いた」
などと悩み、後悔してをしている方は少なくありません。

その思いを密かに抱えているだけでは、気持ちはだれにも伝わらず、復縁もできないのは明白です。
しかし諦めずに、いったん別れても復縁して、結婚まで至ったカップルも多くいます。

そこで、復縁を希望する男性が、したほうがいい行動や、復縁の可能性を高める方法を紹介します。

元カノかけがえのない存在だと気付いたなら、この記事を参考にしてもう一度アタックしてみましょう。

女性は気持ちの切り替えが早い

よく「女性は上書き保存、男性はフォルダー別保存」といわれます。
これは気持ちの切り替えが非常に早い、という女性心理を表しているのです。

男性側からすると「自分たちの思い出を上書きされるなんて!」と焦るかもしれません。
しかし、どちらから別れを切り出したにしても、交際が終わったら、彼女のあなたへの愛は薄れていくものです。

大いに記憶の上書きをしてもらいましょう

そして別れる間際の気持ちまでも、忘れてもらって、新たに彼女から好きになってもらうようにしましょう。
そうすれば、復縁の可能性が出てきます。

元サヤに収まりやすいカップルは?

遠距離や、恋愛感情の薄れが原因で別れたカップルは、復縁の可能性が高いようです。

反対に浮気や、結婚が考えられないといった理由で別れた場合は、より時間をおき努力する必要があります。

ごり押しは逆効果!冷却期間をとって

冷却期間とは、こちらから元カノに連絡をせず、距離を置く期間のことです。
元カノと復縁したいなら、お互いの気持ちを落ち着かせるように、適切な冷却期間をおいたあとにアタックしましょう。

冷却期間をおくメリット

  • お互いに冷静になる時間がつくれる
  • 人は連絡が来なくなると物寂しい気持ちになるため、彼女の心を自然に引き戻す効果がある
  • 別れてすぐ、彼女からの気持ちがない状態でアタックをして「怖い」「元彼がストーカーになった」などさらにマイナス評価になってしまうのを防ぐ

冷却期間はどのくらい必要?

冷却期間はどれだけおくのがよいのでしょうか?
一般的には、2週間から半年程度は必要といわれています。
この期間は、こちらから連絡をしないほうがよいですね。

元カノとの別れ方で、必要な冷却期間の目安は変わってきます。
彼女に嫌われてしまい別れてしまった場合は、半年程度、長めに冷却期間をおいてチャレンジする必要がありそうです。

例外として、喧嘩になり、つい感情的に別れてしまった場合や、あなたから振った場合は、冷却期間はあまり必要ありません
連絡をとり、可能ならば話し合いをしてください。
あなたから別れ話をした場合は、彼女を傷つけてしまったことに変わりはないので、誠実に謝ってあげてくださいね。

また元カノから連絡が来た場合は、返答して大丈夫です。
元カノから連絡が来るということは、あなたのことを気にしている証拠ともいえます。
冷静に対応しましょう。

具体的にどうすれば復縁できるの?

あなたと別れるとき、彼女も悩んで別れを決意したことでしょう。
その決意を覆すには、そのままでは難しいようです。
そこで、冷却期間中やその後に、恋人同士になるために必要な、やるべきことをご紹介します。

(1)別れた原因と向き合う

まず、別れた理由を紙に書き出してみましょう。

リストアップをし、彼女は何に不満を持っていたのか、どうして別れてしまうことになったのかを分析します。

自分目線ではなく、公平に第三者目線で、今までの付き合いを振り返ってみるのがポイントです。
第三者の視点に立つと、なぜ別れてしまったのかを冷静に把握・推測しやすくなります。

そして、別れた原因を取り除くことが、復縁への近道となるのです。

別れた原因さえ取り除いてしまえば、あっさり復縁できるケースもあります。
それだけではなく、しっかり分析をすることで、また同じ失敗を繰り返さなくなるのです。

(2)自分磨きをする

さきほど分析した内容をもとに、改善策を立て、自分磨きをします。
元カノへのアピールになりそうなことで、かつ自分がやりたいことをするのがおすすめです。

仕事で有効な資格を取ったり、スポーツジムに通って体を鍛えたり、ファッションを変えてみるように、これまで元カノにみせたことのない一面をつくってみてください。

これは、自分の自信にもつながります。

女性は言葉よりも、行動や態度で判断します。
彼女があなたの変化に「見直した!」と感じれば、復縁はもうすぐそこです。

(3)軽く連絡をする

冷却期間を終え、自分磨きもできたら、次のステップに進みます。

彼女に連絡をしてみましょう。

ここでいきなり「付き合ってくれ!」などと復縁を迫るのは厳禁です。
まずは、電話ではなくLINEかメールでの近況報告などにとどめましょう。

送るきっかけが見つからない場合は、彼女の趣味に関係するものや彼女の得意なことについて質問するのがおすすめです。
また「お誕生日おめでとう」や「明けましておめでとう」などのLINEでもよいでしょう。

このとき「新しいカレはできたのか?」など、ほかに恋心があるのかを聞きたくなってしまうかもしれませんが、ぐっと我慢をし、なるべく気持ちを隠して連絡するほうが彼女に警戒されず、うまくいくようです。

(4)外堀を埋める

もし元カノと共通の友達がいるようなら、友達からよい口コミを元カノに届けてもらいましょう。
あなたから直接アピールするよりも、第三者である友人からの「前と変わった」「改善しようと努力している」という情報が入ってくるほうが、受け入れられやすいようです。

周囲から「ヨリを戻したほうがいいんじゃないの」と言われると「そんなによくなったのかな」と気になる女性は多いのだそう。

また自分の頑張りや努力をアピールするときに、元カノの愚痴や未練を口にするのはNGです。

(5)告白は2回目以降のデートで!

定期的に連絡をするようになったら、デートに誘ってみましょう。
思い出の場所よりも、まだ行ったことのない場所のほうが刺激になり、会話も弾みます。

デート中は一緒に、心からその時間を楽しんでください。

告白は1回目のデートで伝えてしまうと、まだ彼女も判断できず戸惑ってしまうのでNGです。

2回目以降のデートで、誠実にあなたの気持ちを彼女にぶつけてみてください。
手紙を渡す方法も、あなたの真剣さが彼女に伝わり、心に響きやすいです。

まとめ

時間をかけてアプローチをしても、絶対に復縁できるとは限りません。
しかし、なにもしなければ可能性はゼロです。

万が一、元サヤに戻れなくても、頑張ることで自分を成長させ、魅力的なモテる男になれるチャンスです。
ぜひチャレンジしてみてください。

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (2)

恋愛jpをフォローする