浮気性の彼と結婚した時に想定できるリスク3つ

【相談者:20代女性】
付き合って3年半になる彼氏がいます。そろそろ結婚の話題もでてきていますが、正直なところ彼は女癖が悪いです。付き合い始めから女問題で色々とケンカしては、私が許す……というのを繰り返していました。ですが、ここにきて現実を考えた時に、本当に良いのだろうか……と考えてばかりです。

このようなタイプの男性と結婚したときのリスクとかありますか?


ご相談ありがとうございます。アディーレ法律事務所弁護士の島田さくらです。

浮気されるのがイヤなのに、彼との結婚まで考えているとは、彼のことが本当に大好きなのですね。それだけ思いを寄せられる彼なら、きっとあなたの運命の人。簡単に手放すわけにはいきません。

けれど、結婚はあなたの人生の大きな分岐点です。未来を見据えて、堅実な選択をしましょう。

問題は、あなたが「結婚」に何を求めているかです。心から安らげることができる生活ですか? 彼との愛ですか?

前者であれば、彼とは別れて、別の人を探しましょう。

結婚したら自動的に彼が浮気しなくなる、彼は変わってくれる、なんて思ったら大間違い。もちろん、結婚するまではパァっと遊んで、その後は落ち着こうと考え、それを実行する男性もいるでしょう。しかし、これは夫自身の決意と、結婚後の妻のたゆまぬ努力によって生み出されるものです。いつまた浮気されるかもしれないという不安を抱きながら努力を続けることは、相当のエネルギーを費やします。

131119simada

結婚前の夫は女癖が悪かった。でも、「もう浮気はしない」との約束で、彼を信じて結婚した。結婚後、彼に女の影はない。

……理想の結婚に聞こえますよね。でも、結局昔浮気され傷ついたことを思い出し、あらゆる場面で彼のことを信用できずにすれ違い、離婚したい、という相談を受けたこともあります。

心から安らげる生活を送るためには、心から信頼できる相手と結婚することが必須条件。3年半も付き合った彼と別れ、新しい人との関係を一から作り上げる煩わしさや、心配もあるでしょう。でも、まだ20代です。今後年齢を重ねてから新しいパートナーを探すことは、今よりも難しくなってくると思いますよ。

どうしても、「彼じゃないとダメ」というのであれば、浮気のことは割り切って結婚しましょう。浮気症だが尊敬できる部分がある、浮気を許せるくらいに経済力がある、ということであれば頑張れるかもしれません。

しかし、そう決意しても注意点はあります。例えば、

(1)彼が浮気相手との間で子どもを作った場合、養育費を払わねばならない

彼がすすんで認知せずとも、浮気相手が裁判を起こして、彼の子どもだ! ということが明らかになれば、養育費は払わなければなりません。あなたの生活費も圧迫されることになりますよ。

(2)浮気する男に限って、女の浮気は許さない

彼ばかり好き勝手にするので、自分も浮気してみよう、と思い浮気をしてみると、「女の浮気は許さない! 離婚だ、慰謝料だ!」とか言ってくる男性もいるので気をつけましょう。

夫が、「お前も浮気すればいいじゃないか」と言ったから浮気したのに、「そんなことは言ってない」と言われた……なんて相談も結構あります。俺はいいけどお前はダメ、お子様な男性っているんです。

(3)浮気から時間が経つと離婚が難しくなる

割り切って結婚したものの、結局、夫が浮気をした。当時は子どもも小さく我慢したけれど、子どもたちが成人したから夫と離婚しよう……と思ったときに裁判で離婚をしようとしても、離婚が認められないことがあります。夫が浮気してからも、以前と同じように夫婦生活を続けてきた、という事実から浮気のことは宥恕した(許した)と判断されてしまうのです。


あなたの幸せは、あなたしか決められません。浮気する人との結婚が、即不幸につながるわけでもないでしょう。大事なのは、良いことも悪いことも含めて、相手との未来をリアルに想像することではないでしょうか。

●ライター/島田さくら(アディーレ法律事務所:東京弁護士会所属)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする