元カレとよりを戻したいと考えたり、未練のある女性は、案外多いものです。
別れたあとに復縁を目指してがんばった結果、元カレを怒らせてしまったり、連絡が途絶えてしまったという、失敗をしてしうこともあります。

しかし、失敗をしても、復縁できる可能性がなくなったわけではありません
「もうだめかも……」と諦めてしまう前に、しっかりとリカバリーしてみましょう。

よりを戻すために、してはいけないNG方法や、復縁が成功する人の考え方、具体的なステップなどを紹介します。

失敗をしても、たいていは大丈夫!

復縁をするためにアプローチしていると「失敗した!」と思うことはありますが、意外とリカバリーできるのです。
復縁への過程で、ミスをしてしまっても、成功率が0%になるわけではありません
ミスをしたら、そこから努力をして成功確率を上げるように、挽回すればよいのです。

よくある失敗

  • 着信拒否
  • LINEブロック
  • メアドを変更された
  • LINEやメールを無視される
  • 元カレを怒らせた
  • 嫌われちゃった

このようなことがあると「あ~あ、失敗しちゃった」と凹んでしまうかもしれません。
しかし、冷却期間を置いたり、心から謝罪をすれば許してくれるケースが多いようです。

なぜ、着信拒否やLINEブロックをされたのか、元カレが怒ったのか、原因を考えましょう。
原因をきっちり改善することが、復縁への大きなポイントになります。

しっかり改善してから、共通の友人にお願いして元カレに連絡をしたり、手紙を書いて送ってみましょう。
手書きの手紙は、気持ちが伝わりやすいため、好感度アップを期待できます。

復縁失敗したときのマインド

一生懸命、復縁をしようとしてがんばったのに、叶わなかったときは、ショックが大きく悲しくてつらい気持ちになります。
しかし、この悲しい気持ちを抱えたままでは、復活愛はさらに遠くなってしまうのです。

とはいえ「前向きになろうね」と言われてすぐに前向きになれるなら、苦労しません。
前向きになるためには、ちょっとした考え方を変えるコツがあるのです。

(1)失敗を引きずらない

とにかく、失敗を引きずらないことが大切です。
いつまでも落ち込んでいると、元カレは「僕ではない誰かと幸せになってほしい」「幸せにできなくてごめん」という罪悪感が膨らんでしまい、復縁への意識が持てないばかりか、距離がどんどん離れてしまうことも。

そうならないために、相手には「これからもいい関係でいようね」としっかり宣言しましょう。

さっぱりとした態度をみせることによって、相手に罪悪感を与えないことがポイントです。
また、引きずらないという行為は、元カレへの思いやりともいえます。

相手との関係性を立て直すことが、次へのステップにつながります。

(2)復縁成功を信じることが大切

別れてから復縁をしようとしているのですから、失敗くらいします。
一度の失敗は成功のもとと考え、復縁の成功を疑わずに前向きに考えましょう

なぜなら、一度くらい失敗をしたとしても、元カレとの関係性はゼロではありません。
元カレが自分への評価が、少し下がる程度です。
別れた瞬間の険悪さと、その後復縁するために頑張った積み重ねを考えると、多少評価が下がったところで、絶縁されるわけではありません

ちょっぴり溝ができたのなら、その溝を広げないように努力すればよいのです。

(3)どうすれば成功するかだけを考える

復縁を成功させるには「成功させる方法」だけを考えましょう

「もしかすると失敗するかも」と思ってしまうと、なかなか前に踏み出せません。
またどうしても「失敗」に意識がいってしまい「無理だ」と自分で自分をストップさせてしまいます

そこで視点を変えてみましょう。

  • どうしたら相手は喜んでくれるのか
  • なにをしたら相手は楽しい気持ちになるのか

このように「相手が」喜んでくれたり、楽しんでくれることだけを考えて接することで、自分の態度が知らず知らずのうちに変わり、元カレはその変化に気付いてくれることでしょう。

(4)いっそのこと、次の恋へと進んでみる

復縁もよいですが、その元カレは自分にとって最高の相手なのかを冷静に考えてみましょう。
もし、少しでも疑問があれば、次の恋に進むというのもひとつの手です。

諦めるというネガティブな意味ではなく、次の相手こそが、運命の相手である可能性はあります。

元カレの存在を忘れるためにというよりも、新しい幸せを手に入れるという意味で、出会いに賭けてみるのもよいですね。

では具体的にどうすればよいのかをみていきましょう。