上手な別れ話の伝え方ポイント4つ

【相談者:10代女性】
つい最近、元カレと別れました。嫌いになった訳じゃなかったんですけど、彼の気持ちが良く分からなくて、結局私から別れを切り出したんです。でも、そのあともずっとそのことを引きずってしまって……。それで、新しい恋をしようと思い、いつも私の相談を親身になって聞いてくれて優しくしてくれていた男子に、つい告白をしてしまったんです。

その彼はOKしてくれて、付き合ったのはいいんですけど、最近私は、その彼のことを男の子としてではなく、友達として好きなんだなって気付いたんです。

それに、元カレの事も忘れられなくて。久し振りに話して、諦められたって思ってたのに、やっぱりまだ諦めきれてない自分もいて、元カレのことまだ好きって分かったんです。

でも、今の彼をどうしていいか分からなくて。「やっぱり、まだ元カレが好きだから、別れて」なんてことも言えないし……。でも、このまま隠し続けるのも嫌で。

こんな時どうしたらいいんでしょうか?


今回は、『元彼が忘れられず、今彼とも別れられない理由4つ』の続きになります。

では、実際にあなたがどのような行動をすればいいのか、具体的なお話をしたいと思います。

まず1つ、大切なことをお話しします。

17739

はっきりと別れ話をする

これは、いくらきれい事を並べようが、どんな優しい言葉で終わらそうが、別れを切り出された側にすれば傷になるものです。ですから、少し厳しい言い方をすれば、別れ話を切り出す側がヒロインになろうなんて甘いことを考えてはいけないということです。

そして、いい人だから「別れても友達でいたい!」なんて言ってはいけません。友達でいようと思うかどうかは、“別れる側”が決めるのではなく、“別れを切り出された側”が決めることです。

友達になんて戻れない、と思うかもしれませんし、友達として付き合いを続けたい、と思うかもしれません。別れを切り出す側が上の立場なんて考えは持たないでくださいね。

話しがずれてしまいましたが、現状として、

・友達にしか見えない
・他に好きな人がいる

この2点が今のあなたの気持ちです。

それを踏まえて、上手な別れ方のお話しをしていきますね。

(1)結論から伝える

まず、言い訳がましく、「好きになろうと思っていたんだけど……」「元彼を忘れられると思ったんだよ」など、話しをする必要はありません。とにかく、「別れよう」と第一声に伝えてください。

これで彼が、「わかったよ」と言えば、わざわざ理由を伝える必要はありません

しかし、「嫌だ!」と拒否をする人と、「なんで?」と問い詰めてくる人がいます。

(2)「なんで?」と問い詰めてきたら?

きちんと、「友達としか見られない」「他に好きな人がいる」という気持ちを伝えてください。

それに対して、「お前が告白してきたんだろ!」と言われても、「そうだね」と受け止めてください。

このときの基本姿勢は、“口論をしてはいけない”ということ。どうしても感情的になると、「優しくしてくれたから、告白しちゃったのよ!」と本音から思ってもいないひどい言葉も出てしまう可能性もあります。

彼にとって言われたくない言葉を言ってしまったことで、暴力をうけた、という女性の話を聞いたことがあるので、相手の文句などは、全て受け止める姿勢で聞いてください。

(3)「嫌だ!」と拒否してきたら?

実はこれ、私が逆の立場になったことがあります。私が、別れ話を拒絶していました。そんな時に彼は、「わかった、付き合っていたいのならお前は付き合っていると勝手に思っていればいいよ。でも、俺はお前と別れたとしか思わないから」と言われました。

この瞬間、今まで拒否していた自分の何かが崩れた気がして、「わかった」と同意したのをよく覚えています。

(4)最後は「ありがとう」と言える女性でいましょう

別れ話をするとき、彼が次に新しい恋をできる後押しをすることが、別れを切り出す側の最後の愛情です。それは、女の怖い部分をみせるようなことはせずに、「あいつと別れて良かった!」と思われること。

ですから、彼へ自分の本当の気持ちは言わないで大丈夫です。でも最後は、“謝る”ことよりも“感謝の気持ちを伝える”ことが、恋愛にとって前向きになります

別れを切り出された側というのは、自分自身を否定された気持ちになってしまうものです。ですから、「ごめんなさい」と謝られることは大変つらいです。それよりも、「ありがとう」と言ってください。

“人に感謝される”ということは、自分を肯定されていることにつながりますので、新しい恋にも前向きに進めるでしょう。


大丈夫です。きちんとお別れをすることは、あなたの女としての魅力をまた一つ作ることができます。

良い別れと良い恋をしていってくださいね!

●ライター/片瀬萩乃(しあわせ体質専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、上手な別れ話の伝え方として、「結論からハッキリと伝えましょう」という視点でアドバイスをいただきました。

「別れ話」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

まだ他にもある! 別れ話の上手な伝え方6つ

160126riraito

コラムでは別れ話をする際に、はっきりと別れを伝え、詳しい理由を伝える必要はありませんと紹介されていました。

他にはどんな別れ話の伝え方がベターなのか、いくつかご紹介します。

(1)好きな気持ちがないことを明確に伝える

相手は別れ話を伝えられても、未練から「まだ自分のことを好きなはず」と捉え、別れ話を覆そうと必死に食い下がってくることがあります。

そんなとき、情を見せたらその隙につけこまれ、相手のペースに巻き込まれてしまいかねません。

そうならないためにも、「もう好きな気持ちはない!」ということが相手にハッキリわかるようにしましょう。冷たいようですが、それが相手のためでもあるのです。

(2)質問にはきちんと答える

突然別れ話をされた場合、相手は頭の中が「?」でいっぱいです。そのため、いろいろな質問をしてくる可能性もあります。

そこで、面倒だからといってスルーするのはやめましょう。相手は疑問が残ったまま別れるとなかなか気持ちの整理ができません。

相手の言い分をしっかり聞き、質問されたことには誠実に答えましょう。それが最後のケジメです。

(3)相手が納得するまで話し合う

別れ話はさっさと終わらせたいと思うかもしれませんが、付き合いが長ければ長いほど相手が納得するまでじっくり話し合うことも大切です。

別れ話をする際には、きちんと時間を確保して相手が納得するまで話し合ってください。

(4)別れ話の前に別れのサインを出しておく

前日までラブラブな時間を過ごしておきながら、突然別れ話をしても相手は納得できません。

心の準備ができるよう、別れを意識し始めたらそれとなく別れのサインを出しておくといいでしょう。

たとえば、連絡を徐々に減らしていく、デートを少なくしていく、態度をそっけなくしていくなどです。

(5)感情的にならない

別れ話をする際には感情的にならず、冷静に話をしましょう。相手が責め立ててきたり泣いてすがったりしてきても、できるだけ冷静沈着に対応することが大切です。

相手に合わせて感情的になってしまうと、喧嘩になったり修羅場になったりする可能性もあります。

冷静に対応することで、相手も「ああ、本気なんだな」と悟り、諦めがつくでしょう。

(6)相手の悪い点はやわらかい表現で伝える

相手が別れの原因を聞いてきたとき、別れの原因が相手にあった場合でも、責め立てるようにして伝えるのはやめましょう。

きちんと理解して受け入れてもらえるよう、冷静にやわらかい表現で悪かった部分を具体的に伝えます

別れ話のときに絶対言ってはいけないこと6つ

160126wakarebanashiriraitoillast

別れ話の際に「これを言ったらNG!」というものについてご紹介します。

(1)「あなたは悪くない」

別れ話をする後ろめたさや罪悪感から、ついつい言ってしまいがちなのがこの言葉。

「あなたは悪くないの! 私が全部いけないの!」「君に非はない。俺が全部悪いんだ」。

これを言われた相手は、「じゃあなんで別れなきゃいけないの?」とパニックに。別れ話に納得がいかないでしょう。

相手を思いやるような言葉ですが、実際には自分に酔っているだけの偽善者が発する言葉です。悲劇のヒロイン・ヒーローを気取るのはやめましょう。

自分が浮気した、好きな人ができたという理由での別れであっても、「あなたは悪くない」と伝えるのではなく、その理由を正直に伝えましょう。

(2)「実は前から○○だったんだ」

「実は前から合わないと思ってたんだ」「実はそれほど好きじゃなかった」など、今さらのカミングアウト発言はやめましょう。

相手にしてみれば、「今さらそんなことを言われても!」とショックを受けるだけ。それまでの幸せな時間まで否定され、余計にショックです。

(3)「結婚するには条件(収入や仕事、家柄など)が悪い」

「あなたの収入が低くて結婚は考えられないから別れたい」「家柄がうちと釣り合わないから別れよう」など、相手のプライドや尊厳を大いに傷つける言葉は避けましょう

条件だけで別れを切り出されることに納得がいかないのはもちろん、特に男性にとって収入や仕事はとてもデリケートなものです。

(4)「親に反対されたから」「友達に反対されたから」

たとえそれが本当のことでも、誰かのせいにして逃げるのはよくありません。自分自身で考えて決めたことである、とハッキリ伝えてください。

(5)「私(俺)のことを忘れないで」

自分から振ったくせに「忘れないで」とは図々しい限りです。相手の気持ちが大きければ大きいほど、未練も残ってしまいます。

こんな自分勝手な言葉で相手を縛るのはやめましょう。

(6)「自分よりいい人がいるよ」

これも偽善的な言葉です。「もっといい人がいるよ」「あなたならすぐいい人ができるよ」なんて言葉は余計なお世話。

相手の感情を逆撫でするだけなので言ってはいけません。

別れたくないときの別れ話の切り返し方・引き止め方4つ

160122mita1

別れたくないとき、別れ話に対してどう切り返したらいいのか、どう引き留めたら別れを回避できるのか、説得できるのか、その方法をご紹介します。

(1)「わかった」と即答する

意外かもしれませんが、別れ話に対して「わかった」と即答してしまうのも有効な場合があります。

相手は拍子抜けし、手放すのが惜しくなったり、聞き分けの良さに心変わりするかもしれません。

「本当に別れていいの?」と聞き返された場合は、「本当は別れたくないけど仕方ないよね」と返せば、健気さをアピールすることができ、考え直してくれるかもしれませんよ。

(2)一旦距離を置くことを提案する

相手は一時の感情で別れを口にしていることもあります。そんなときに有効なのは、「一度距離を置いてみない?」という提案。

距離を置き、一度離れてみることで冷静になり、相手の大切さを実感するケースもあります

(3)「別れたら後悔するよ」と伝えてみる

「私以上にあなたを愛せる人なんていないよ」「私以上にいい女なんていないと思うけど」などと少し強気に責めてみるのも一つの手。

「別れたら絶対に後悔すると思うよ」と断言してしまえば、相手によっては「そうかも……」と思いとどまることもあります

(4)悪いところを反省し、直すと誓う

別れの原因が自分の欠点にある場合、それを直すことを誓ってみましょう。

「少し時間をちょうだい。3か月後に本当に私が変わったかどうか確認してみてから決めて」などと期限を決めるのもいいでしょう。

それを了承してもらえたら、あとは必死に欠点を直す努力をしましょう

別れ話から仲直りしたカップルの体験談

160126taisetu

実際に別れ話を上手に切り返し、仲直りしたというカップルの体験談をご紹介します。

『彼から別れ話をされたとき、「嫌だ! 別れたくない!」って泣きまくってすがったら別れを回避できました。私の方が年上で普段からクールだったので、ギャップがあったんじゃないでしょうか。「そんなに俺のこと好きだったなんて知らなかった。不安だったんだ」って言われました』

普段、姉御肌だったりクールだったりする人の場合、泣いてすがるというのも使える手のようですね。やはりギャップは重要なようです。

『彼から「別れよう」って言われたとき、あっさり「いいよ」って答えて連絡も一切自分からしないようにしてたら、1か月後に「会いたい」って言われて、会ったら「やっぱりお前しかいない」って。すぐ復縁できました』

なかなか難しいですが、別れ話に従順に従うというのも効果的なようですね。

『毎日のように会っていたこともあって、別れを切り出されたとき、「別れるんじゃなくて、しばらく距離を置いてみようよ」と提案してみました。それがいい冷却期間になって元に戻れました!』

どうしても別れるのが嫌なら距離を置いてみましょう。ただし、そのままフェードアウトされる可能性も否定はできません……。

恋人への別れ話を代行してくれるサービスがある!?

160128coco

恋人へ自分で別れを告げるのは気が進まない……という方にピッタリなのが、別れ話を代行してくれるサービス。その名も、『The Breakup Shop(お別れ屋)』。

このビジネスはアメリカで登場したサービスです。Eメールで恋人へ別れのメッセージを送ってくれるのだそうですよ。

費用はサービス内容によって異なり、通常のEメールによる別れ話メッセージ送信なら10ドルで、手紙は20ドル。

具体的な理由や名前など、パーソナルな情報を盛り込んでカスタマイズする場合は30ドルだとか。

さらに、相手に電話をかけて別れの事情を説明してもらうサービスは29ドルだそうです。いきなり電話がかかってきても、相手はビックリしそう。

第三者(しかも全然知らない相手)を通しての別れ話……。正直、誠意にかけるので、深い付き合いや長い付き合いの恋人同士には不向きかもしれません。

使用するのはライトな付き合い限定と言えるかもしれませんね……。

別れ話に適した場所4選

160119banira1

(1)人目があるところ・公共の場

別れ話は二人きりで話せる場所で、と考えている方には意外かもしれませんが、高級ホテルのラウンジや公園など、人目がある場所での別れ話がおすすめです。

理由は、人目を気にして冷静になれるからと、話がこじれたときにトラブルを防げるから。

二人きりだとどうしても感情を爆発させて暴走しがち。また、話がこじれたり感情が高ぶったりしたときに暴力をふるわれる恐れもあります。人目があればそういったトラブルを防ぐことができるのです。

ただし、周りに迷惑がかからないようにすることは忘れないでくださいね。

(2)長居しても迷惑がかからない場所

相手が納得するまで話し合うことが大切なので、長居できる場所を選ぶこともおすすめです。

混雑していない時間帯のファストフード店やファミリーレストランなどがいいでしょう。

(3)自分たちの行動範囲外の場所

自分や相手がよく行く場所や、家の近所、学校・職場の近所は避けましょう。

なぜなら、自分たちをよく知っている人に見られる可能性があるからです。別れ話の場を知り合いに見られたら気まずいですよね。

そのため、自分たちのテリトリーではない場所を選ぶことも大切です。

(4)二人の思い出の場所

初デートの場所や出会った場所なども別れ話をするのにおすすめです。

思い出話をしているうちに昔を思い出して別れを思いとどまり、関係を修復することもできるかもしれません。

別れ話の方法でベターなのはメール? 電話? 対面?

160128riiihoai

直接会って対面で別れ話をするのは勇気がいるから、できることならメールか電話で済ませたい……そう思っている人もいるのでは?

しかし、メールや電話での別れ話はなるべく避けたほうがいいでしょう。なぜなら、誤解を生む可能性があるのと、相手に誠意が伝わらないから。

付き合いが浅かったりライトな付き合いだったりする場合にはメールや電話でもいいでしょう。

ただし、それなりに真剣に付き合っていた場合は、メールや電話だけで別れ話をするのは相手に失礼です。

対面でお互いの気持ちを正直に伝え合いましょう。別れ話を聞いた相手の反応を真摯に受け止めることもけじめとして大切です。

とはいえ、相手と直接会って別れ話をすることにリスクがある場合(暴力を振るわれるかもしれない、相手のペースに巻き込まれるかもしれないなど)は、状況に応じて電話やメールを使ってください。

別れ話で駆け引きするのはアリorナシ?

160128chihiro

相手の気を引くために、別れる気がないのにわざと別れ話をする、という女性も少なくないようです。

別れ話を一種の駆け引きに使う、というこの行為。相手との関係性や相手の性格によっては有効な場合もあるようですが、やめておいたほうが無難です。

なぜなら、自ら恋を壊してしまう「自爆女」になりかねないからです。自爆女のエピソードをいくつかご紹介します。

『彼氏と喧嘩したとき、止めて欲しくて「別れよう」って言ったら、あっさりOKされてしまいました。焦って「ウソだよ!」と泣いてすがったけれど、遅かった。彼は心変わりすることなく、そのまま別れることに。その気がないのに別れを口に出すのは危険すぎます

『きっと「そんなこと言うなよ!」って慌てると思って、彼氏に「もういいよ、別れよ」って言っちゃったんです。そしたら、「わかった」って……。血の気が引きました。超後悔しました』

女性にとって、別れ話は男性の気持ちを確かめるためだったり、駆け引きのつもりだったりすることもあるようですが、男性にとってはどうやら違うよう。

別れ話で駆け引きしようとする女性に対して、男性の声は……

『意味がわからない。そんなこと言って駆け引きするような女とはすぐ別れる』
『駆け引きで別れ話って……理解できない』

というものが多いようです。

やはり、別れ話で駆け引きするのはナシのようですね。女性のみなさん、気をつけましょう。


「別れ話の上手な伝え方」や「別れ話で言ってはいけないこと」「別れたくないときの別れ話の切り返し方」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

一度は愛し合っていた恋人同士。別れ話をする際にも、誠意を持って対応してくださいね。

【関連コラム】
・(前編)元彼が忘れられず、今彼とも別れられない理由4つ

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (18)
  • うーん (11)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする