自分磨きしすぎず“キラキラしている女性”になる方法

【相談者:30代女性】
もうすぐ結婚10年になる38歳主婦です。美魔女とかキラキラ女子と呼ばれるような女性になりたくて、ダイエットや習い事など、自分磨きをしています。

ですが、夫が全く理解してくれないんです。憧れているエステ通いも、プチ整形も、断固として許可してくれません。

たしかに、うちはそれほど裕福ではないので無理もないのですが。ならばと新しいメイクを試したら、「痛々しい」といわれてしまいました。いつまでも夫に愛される、キラキラ奥さんになるにはどうすればいいのでしょうか。

a 疑え、疑え、疑え! 頭の中までキラキラしないでください。

こんにちは。カルチャー担当・みわあやのです。

相談者さんの最終的な目標は、なんでしょうか。いつまでも旦那さまに愛されること? 美魔女になること?

それとも、「旦那さまからも愛され、内面も外見も輝いているキラキラ奥さん」だと周りに思われて、称賛されることでしょうか。目標がはっきりしていないと、いくら頑張っても目的地にたどり着くことはできません。

テレビや雑誌に登場する美魔女とか、キラキラ女子に憧れるひとは多いですね。でも、彼女たちの私生活や心の中が本当に満たされているかなんて、外側から覗いている私たちには、一切わかりえないことです。

だから、真似すればしあわせになれると考えるのは、ちょっと短絡的かもしれません。

現実に、メディアが美魔女・キラキラ女子を称賛し、彼女らの「しあわせ」を演出することで、それに憧れる女性が増えていますね。

美魔女と呼ばれるひとらに、食事、メイク、ダイエット法などを啓蒙され、女性たちは我も我もと競い合って「自分磨き」をはじめる。

こりゃ、美容関係、その他業界、ウハウハです。こういうのを、『市場の構築』っていいます。

疑え、疑え、疑え! です。自分の欲しいものはなんなのか、流されているだけではないのか。それを徹底的に疑わないと、いつまでたっても目的地に到達することはできないと私は思いますよ。

131112miwa

実は男性がひいている、女性の「自分磨き」

と、冒頭で私の主観をアツく語りすぎてしまったので、ここからは客観的に。

“gooランキング”の、『男性がひいてしまう「自分磨き」しすぎな女子ランキング』によると、このような結果が。

・1位……「無理をしてまでセレブな人たちの仲間入りをしようとしている」
・2位……「痩せることにこだわりすぎて女性の持つ丸み・柔らかな雰囲気を失っている」
・3位以降……「日焼けを気にするあまりの完全防備」「健康志向すぎて美味しくない料理の提供」

などと続いていきます。

他者から見て魅力的な生き方をしたい、とか、キレイでいたい。そのために日々努力している女性は少なくないでしょうし、それはそれで悪いことではありません。ですが、美しく見られたいから日焼けを予防するのに、日焼け防止のために、見た目が美しくなくなっているのは、どうでしょう。

男性は一般的に、女性に比べて「目標(目的)達成思考」が強いといわれています。そんな彼らから見ると、「雰囲気」にとらわれすぎて、目的の見えない努力をする女性の姿は、滑稽にうつるのかもしれません。

仏書、『臨済録』の中に「回光返照(えこうへんしょう)」という禅のことばがあります。

「回」は転換すること、「光」は光明のことで、慈悲や智慧(ちえ)の意味も含んでいます。「返照」は、夕日が照り返す様子です。光の方向を変えて、自分を照らす。「常に外側を向いている心を、内側に向けなさい」という意味です。

自分が本当に求めているものはなんでしょう。相手のためにしてあげられることはなんでしょう。すべてのゴールは、「自分の心の中」にあります。

自分の内側と向き合いながら、しっかりと目標にベクトルをあわせ、努力していく。これが本当の、「自分磨き」なのかもしれません。


いかがでしたでしょうか。

キラキラした雰囲気に踊らされて、大事なものを見落とさないようにしたいものですね。あなた自身が本当に欲しているものに、きちんと照準をあわせた努力であれば、旦那さまも応援してくれるかもしれません。

真のキラキラ女性になれるよう、お互い、精進しましょう。

●ライター/みわあやの(カルチャー専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、キラキラと輝く女性になる方法として、「まずは自分の内面と向き合うことが大切」という視点でアドバイスをいただきました。

「キラキラしている女性(キラキラ女子、美魔女、意識高い系女子)」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

151123kirakiratuiki

キラキラ女子になるための心得15選

内面も外面も両方磨くことができて、初めて魅力的な女性となれるはず。背伸びし過ぎない自分なりのキラキラ女子を目指して、少しずつ取り組んでみてはいかかでしょうか。

(1)オシャレで清潔感のある身なりをしているか

内面が大事とは言っても、まず見られるのはやはりその人の見た目から。とはいえ、モデルさんのようにセンスある着こなしや、流行の最先端を追うようなファッションをする必要はありません。

髪を整えたり、服にシワが寄ってないか気にかけたり、丁寧にお化粧をしたりと、清潔感のある身なりを心がけるようにしましょう。

その上で、ネイルやアクセサリーで自分なりのオシャレを楽しむことができれば、それが自分の魅力となって表れるはずです。

男性は揺れるものに目がいってしまう本能を持っているため、大きめのピアスなどを身につけると人と差をつけられるかもしれません。

(2)自分らしい働き方をしているか

毎日憂鬱な気持ちで職場へ向かっている人はいませんか? 仕事の時間は一日の3分の1を占めており、人生において大きなものです。それをおろそかにしてしまっては、キラキラ女子になることはできません。

特に不満を持っていない人でも、ただ漫然と毎日を過ごしていては時間だけが過ぎていき、輝く自分でいることは難しいでしょう。

たとえ小さな不満だったとしても、それが毎日続けば大きなストレスとなって自分を見失うことにもつながりかねません。受け身の姿勢をやめて、自分の気持ちと向き合いながら能動的に仕事へ取り組んでみましょう。

(3)毎日(人生)を楽しんでいるか

「人生を楽しんでいるか」。こう聞かれると、なんだかとても難しいことのように感じてしまいますが、楽しみというものは大小で計れるものではありません。

たとえば、いつもと違う道を通って帰ってみたり、自宅でアロマを焚いてみたり。そんな少しの変化を取り入れてみることも、ステキな人生の楽しみ方だと思います。

(4)人と比べたり嫉妬したりしていないか

キラキラ輝く自分になりたいと思ったとき、それは、身近にいる魅力的な女性の姿を見てのことではなかったでしょうか。きっかけがそうだったとしても、人と比べる考えのままではいつまでたってもキラキラ女子にはなれません。

次はあの人、今度はあの人というように、次から次へと比べる相手が出てくるだけ。それは自分の人生ではなく、他人の人生を生きていることに他なりません。

人との比較で上に立つことができたとしても、それは一時しのぎにすぎず、その先に幸せを見つけることはできません。あなたはあなたの人生を生きましょう。

160103miura

(5)姿勢を良くしているか

どんなに内面を磨き外面を整えようと、肩をすぼめて歩いていたり、脚をだらしなく広げて座っていたりすれば全部台無しになってしまいます。

下を向いて歩いてるうちに、人との出会いのきっかけを失っていることだってあるかもしれません。

背筋を伸ばし視線を上げ、堂々と歩いてみましょう。行動が変わることで心も変わるといいますから、それによって気持ちも前向きになれるかもしれませんよ。

(6)いつも笑顔で元気に過ごしているか

笑顔の人がいるだけで、その場がパッと明るくなるということを経験したことはありませんか? 人の笑顔にはそれほど大きな力があります。

無理に笑う必要はありませんが、いつもより少しだけ意識して笑顔を心がけてみると、周りの人の反応がまったく違うものになることが実感できるはずです。

そして、そんな笑顔にプラスしたいのが“輝く白い歯”。白い歯を見せながらキラキラとした笑顔を手に入れるためにも、常日頃から歯のケアを怠らないようにしましょう。ステイン入りの歯磨き粉がオススメです。

(7)自分に自信があり、余裕を持っているか

自分に自信が持てると、それは表情に表れます。どことなく余裕があり、せかせかとしていない言動は周りの人に安心感を与えることができます。

そんな“余裕”を持つためには、お金や仕事、プライベートなどどれも充実したものでなければなりません。いつもギリギリのスケジュールで動いているという人は、少し自分の生活を見直してみましょう。

(8)何かに打ち込んでいたり、一生懸命に熱中できたりするものがあるか

人が何かに打ち込む姿は、見ているこちらも幸せな気持ちにさせてくれるものです。それは女性でも例外ではありません。

スポーツだったり、趣味の習い事であったり、熱中するものは何でもかまいません。自分が一生懸命になれるものに全力で取り組むことも、キラキラ女子へと近づく一歩となります。

(9)なんにでも好奇心旺盛でいるか

何事にも無気力であったり、新しい環境へ飛び込むことを恐れたりする人が、魅力的に感じてもらうことができるでしょうか。

好奇心旺盛で、時にはわがままなぐらいの天真爛漫さが「放っておけない」という印象を生み、大きなパワーを生み出すことができるのだと思います。

151222nao

(10)愚痴を言わず、ポジティブで前向きか

人の愚痴やネガティブな発言は、誰しも聞きたくないですよね。たとえ自分のなかにネガティブな感情が湧き上がってきたとしても、それをプラスに変える考え方をしましょう。

今はまだ自分の理想とするキラキラ女子の姿と遠く離れていたとしても、卑屈な感情を持つことだけはしてはいけません。それは必ず表情や言動に表れます。負の感情をプラスに捉えるかマイナスに捉えるか、大きな分岐点となるでしょう。

(11)周りに流されていないか

人の顔色をうかがい、自分の意見を持たず、周りに流されていることに“自分”はありません。たとえ人と違う意見を持ったとしても、“自分”の考えを堂々と主張すればきっと大きく変わるきっかけとなるはず。

最初は勇気が必要かもしれませんが、思い切って“自分”を出してみてはいかがでしょうか。

(12)恋をしているか

恋をしている女性って、魅力的ですよね。「私なんて……」という姿勢はやめて、気になる男性に積極的に声をかけてみましょう。

目的のないまま自分磨きをすると挫折してしまうような人でも、「あの人のためにきれいになりたい!」という気持ちなら楽しんで取り組むことができますよね。

(13)家族を大切にしているか

自分の気持ちを気兼ねなく話すことのできる家族こそ大切にしなければなりません。あなたが苦しいときや悲しいとき、いつもそばにいて落ち着く場所を作ってくれたのは身近にいた家族のはずです。

そんな家族を大切にできない女性が、周りの人に愛されるキラキラ女子になったところで、それは成功とはいえないでしょう。

(14)純粋で素直な気持ちを持っているか

我慢する気持ちや周りの状況を見ることも大切です。しかし、それ以上に、自分の心に素直になってそれを発信することは自分が輝くことにつながります。

万人に愛されるキラキラ女子とは、自分を押し殺し周りの人間に自分を合わせて波風を立たせないことではありません。まずは自分に正直に。自分の本心を偽り、作り固めた姿をしても自分が苦しいだけです。

(15)SNSでリア充アピールをしていないか

SNS上でどれだけ輝く自分をアピールしたとしても、それはあくまでネットの中でのこと。本当に充実した毎日を過ごすキラキラ女子ならそんなことは必要ないですよね。今、目の前にいる人たちとの時間を、大切に過ごすことが先決ではないでしょうか。


「人と比べないこと」や「素直な気持ちを持つこと」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

自分磨きに疲れた方や、理想と今の自分の姿のギャップに悩む方など、一度自分と向き合って少しずつ進んでみてはいかがでしょうか。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (27)
  • うーん (14)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする