思春期女子の“怒りが収まらなくなる”理由3つ

【相談者:10代男性】
こんにちは。高3男子です。先日、そこそこ仲が良く、好意を抱いている後輩の女の子に、LINEで気に障ることを言って怒らせてしまいました。普段もあまり会えないので、そのままLINEで謝ったのですが、気のない返事で正直許してもらえていません

このまま自然に関わりがなくなっていくのはとても申し訳ないし、自分でも後悔が残るので、以前までとはいかなくても、仲の良い関係に戻りたいです。

なので、女々しいのですが……好意を抱いている女友達との喧嘩を円滑に終わらせる方法を教えてください(少し日が開いてしまった設定で)。よろしくお願いします。


ご相談ありがとうございます。しあわせ体質専門の恋愛作家、片瀬萩乃です。

片想いの彼女を怒らせてしまったんですね。今回の相談では、どういう経緯で怒らせてしまったのか、どんなことを言って怒らせてしまったのか、詳しく書かれていないのでなんとも言えない部分があります。彼女が気に障ることを言ってしまった、ということは自分でも分かっており、謝ったけれど、あまりその後いい方向に向かっていない……という感じですね。

2回に分けて、女性と喧嘩したときに気をつけるポイントと対策をお話ししたいと思います。

まず今回は、「女の子の怒りがおさまらない理由」をお話しします。

131106katase

(1)コンプレックスを指摘される

相談をくれたあなたも、好意を抱いている相手の女の子も、高校生。「思春期」の真っ最中です。知り合いの心理学の先生とお話をしたとき、この時期というのは、“他人からどう思われているかをもっとも強く意識する時”だと聞きました。

ですから、言った本人はそんなつもりがなくても、言われた方にすれば必要以上に傷ついていることはあります。要するに、擦り傷に塩を塗られた気分なんです。

そんなことをする人とは、もう関わりたくないと思うのは当然ですよね。

(2)言い方が気に入らない

気に入らない! という書き方をすると、何さまだと思われるかもしれませんが(笑)。恋愛相談を聞いていると、喧嘩したカップルの場合でも、女の子の怒りがおさまらないときの原因の多くは、「もっと言い方があるでしょ!」というところです。

私も何度か書いたことがありますが、女性というのは、共感・同調を好む生き物です。そのため、よく女の子の会話をみていると、「わかる!」「そうそう」など、相手の意見を共感(同調)する発言がとても多いです。

例えば、あなたが謝ったから、「いつまでも怒る必要ないんじゃないか」と思うかもしませんが、ただ「ごめん」と言って終わったのであれば、“怒ってるからただ謝って終わらせようと思った”と思われてしまった可能性があります。

(3)今まで我慢していただけ

これは、女子同士の絶交されてしまった、何人もの女の子たちから聞いた話です。絶交された女の子たちに共通していることは、嫌な言い方をすれば、「調子に乗っていた」のです。

ある女の子は、仲の良いと思っていた女の子に突然、「もう絶交だわ」と三行半をつきつけられたそうです。しかし、思い返してみると、その友達に好き勝手なことを言っていた、その積み重ねが爆発した、と後悔していました。

仲が良いからこそ、言いたいことを言う! というスタンスの女の子と、「親しい仲にも礼儀あり」と言うスタンスの女の子の間で起こった出来事です。もちろんその後、何度謝っても許してもらえず、学校を卒業したそうです。

先輩だからかもしれませんし、大切だと思っていたからかもしれませんが、今まで我慢できていたことが積もり積もって、ほんの少し気に障ることを言っただけでも、相手にすると、「もう我慢できない!」と思ったのかもしれません。

女の子は、一度「もう生理的に無理だ!」と思うと、すぐには関係の修復は難しいことが多いです。

次回は、これを踏まえた対策法をお話しします。

【関連コラム】
・(後編)女性を怒らせてしまった時の“正しい”謝り方

●ライター/片瀬萩乃(しあわせ体質専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする