彼との交際を猛反対する親との食事会のポイント3つ

【相談者:20代女性】
数年前、交際中に浮気をされたり、別れた後も揉め事があったりしたバツイチの彼と復縁し、交際中です。過去のことがあるので、母には言わないでおこうかと思いましたが、1人で育ててくれた母に隠し事をするのも気が引けて相談しました。「貴女が幸せならどんな男性でもかまわない」と言ってくれていたのに、幸せになれるはずがないと交際を認めないとのこと。とても辛いです。

近々、彼と一緒に母に話をするつもりですが、どうしたら祝福して貰えるでしょうか?

qa_a もし逆の立場だったら? を考えてみましょう。

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。

ご相談ありがとうございます。構成上、ご相談文を要約させて頂きましたが、貴女の辛さや強い思いはしっかりと受け止めさせて頂きました。

恋愛に関しては、反対されるほど、相手への想いが強くなってしまうのが常。相手への想いが強くなると見えなくなってしまうのが、反対している周囲の人の気持ちです。「なんで分かってくれないの!?」「以前はそんな事言わなかったのに」と、苛立ちや悲しみが襲ってきますよね。

131105sayuri

もし大切な親友等に、同じ内容の相談をされたら?

これは、認知行動療法でも使われる質問ですが、「自分の悩みを他人の悩みに置き換えて、冷静にどう答えるか」を考えてみて下さい。自分の恋愛となると感情的になりがちですが、他人の事に置き換えてみると、案外冷静に考えられるのではないでしょうか?

お母さんを交えて話をする前に、彼と2人でこの事について話し合ってみてはどうでしょうか? きっと、お母さんの気持ちが少し見えてくるでしょう。

お母さんと2人で食事をしながら、お母さんの気持ちを聴いてみましょう

『ランチョン効果』については何度かご紹介させて頂きましたが、心理学では、「一緒に食事をしながら話をすると同意を得やすい」と言われています。

そして、この時に注意したいのが、自分の意見を抑えて、まずはお母さんの気持ちを傾聴する事。決して話の途中でお母さんの言葉を遮って、彼の良さを主張するような事はないようにして下さいね。

出来ればこの時に、お母さんとは正面で向き合って座るのではなく、並んで座るか、『カウンセリングポジション』と言われる90度の角度で座り、直接視線が合わないようにするといいでしょう。こうして、お母さんと貴女の関係が対立関係ではなく、貴女がお母さんの気持ちを理解した形が出来てから、彼を交えた方がいいと思います。

話し合いの2週間ほど前から、食事にも注意しましょう

お互い苛立っていては、上手くいく話も出来ません。気持ちをしっかり安定させてから説得する為に、彼を交えての話し合いの二週間ほど前から、気持ちを落ち着かせる“カルシウム”や、その吸収を助ける“ビタミンD”、そして精神を安定させてくれる“ビタミンB群”をしっかり摂って臨んでみて下さい。

— カルシウムを多く含む食品

牛乳・小魚・プロセスチーズ・サクラエビ・魚の缶詰。

— ビタミンDを多く含む食品

干し椎茸等の乾物、あんこうの肝等。

最近の乾物は温風で乾燥されている事が多いので、調理の前に天日に当ててから使うといいでしょう。

— ビタミンB群を多く含む食品

牛レバーや豚レバー、鶏レバー、海苔等。


幸せの感じ方は人それぞれ。貴女とお母さんの、幸せの定義のようなものが近いものになりますように。

お母さんに気持ちを分かって欲しければ、まずはお母さんの気持ちを理解してあげて下さいね。

●ライター/SAYURI(生活心理専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする