合コンで“お持ち帰り”するのは法律的に大丈夫?

【相談者:20代男性】
最近、合コンによく参加しています。もちろん出会いが目的だけど、自分のタイプはフィーリングなので、付き合うまでの順番とか関係ないです。会ったその日でも全然OKです

ただ、よくこういった男女関係でトラブルになることが多いので、きちんとお互い同意したという確認をするには、なにか境界線とかあるのでしょうか?


ご相談ありがとうございます。弁護士の佐藤大和です。

最近、結婚願望が強いので出会いを求め、合コンに行こうか悩んでいます。誰か僕を合コンに誘ってください! 参加希望です。

さて、今回は20代男性のからの相談ですね。「会ったその日でも全然OK」ということですが、その是非はともかく、確かに男女トラブルになってしまうことは少なくありませんね。

法律では、基本的には、「どのような恋愛であれ自由であり、性に関して自分に決定権がある」とされています。そのため、その日のうちに、お互いに合意して「結ばれる」のであれば、特に問題になりません。

もっとも、「合意」に関して、明確な「法律の境界線」があるというわけではありません。でも、お互いに「合意」したといっても、なかば無理やりの合意では、犯罪になってしまうことがあります。特に、酔っ払っていた場合には要注意です。

131105sato

法律では、「心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて」わいせつな行為をしてはいけないといしています。つまり、相手が酔っ払っていたりして、抵抗が不可能、著しく困難な状態に乱暴をすると、犯罪になってしまいます。そのため、あとで「酔っ払っていて意識が朦朧としているときに乱暴された!」と言われないように、相手方がある程度酔っているときには慎んだ方が無難でしょうね。

また、酔っ払っていなくても、相手方に、「合意がなくて乱暴された!」と言われてしまう可能性も0ではありません。そのため、そういったトラブルをできるだけ防ぐためには、ちゃんと相手の意思を確認し、相手に配慮して「やさしく」接するということが大事だと思います。

また、乱暴していない証拠として、例えば、仲の良いメールのやり取りを保存しておくのも良いかもしれませんね。

でも、信頼関係を築いていないうちに関係を持ってしまうと、後々トラブルになってしまう可能性がありますので、一番良いのは、「会ったその日」は避けて、まずは信頼関係を築いて、お付き合いをしてからということだと思います。

●ライター/佐藤大和(弁護士:東京弁護士会所属)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)

注目の記事

恋愛jpをフォローする