ルックス至上主義という“トロフィー・ワイフ”志向の男とは?

【相談者:20代女性】
私の男性の友達で、見た目がよくないのにやたら美人好きがいます。美人にデレデレし、褒め称えてます。「もっとメイク頑張れよ」や、「胸にパッド入れたら?」「背中の肉が気になるからダイエットしたほうがいい」などと私にダメ出ししてきます

いい人なので笑って流しますが、こういう人の神経がよく分からないです。ホントは私のことが好きなのかなと思ったりもします。でも、美人じゃないから違うと思いますが(笑)。過去の彼女たちは美人じゃなかったです。本人は、見た目はよくないですが、そこそこ雰囲気はあります。

こういう男性の心理ってどんなものだと思いますか。それと、不美人の私と仲良くする意味はなんでしょう?

a 即物的な男性です。あなたは自分の理解者と思われています。

こんにちは。ライターのたえなかすずです。

この男性は仲良しの友人なのですね。彼はモテるための“スキル”を手に入れて、今はそこそこなんでしょうか。そのスキルとは、社会人になってお金を稼ぐようになったとか、スポーツに打ち込んでエースになったとか、ファンがつくくらいの目立つバンド活動をしたとか、仕事で有名になったとかそういうのです。そのスキルがあると、見た目はよくなくてもモテますね。

そして、自分がモテなかったために、またはモテることを誇示したいために、美人で人気者の女性をゲットする、または得ようとすることがよくあります。『トロフィー・ワイフ』というものです。これは、成功した男性が“勝者の証”として、美女を妻にすることです。自分の実力を誇示するため、「成功するとこんないい女と結婚できるんだよ」と見せたいための、自己顕示欲です。シンプルなわかりやすい思考ですよね。

その友人男性が何らかの形で成功しているのなら、トロフィー・ワイフに憧れているんでしょう。成功ってほどでもないのなら、女性はモノや嗜好品、お飾りという考えの男性なのかも。あなたにも背中や胸の話など平気で言うのですから、友人よりも女性(モノ)として見ているのだと思います。

131031taenaka

さて、彼とは昔からの付き合いなのでしょうか。あなたが好きならなにか言ってくるはずですし、手を出してきそうなものなので、それがないということは、古いなじみの友人か自分のファンという感覚なのかもしれないですね。あなたは彼を否定しませんし、胸の大きさの話をしても怒らないので、気を許した友人、または理解者だとも思っていそうです。こういう男性は、美人ならお姫様扱いはしてくれるでしょう。しかし、モノとしてみているため(ルックス重視)、女性の意見を尊重しなかったりします。

ルックス重視が悪いとは言いません。それが普通かもしれません。ただ、それを顕著に外に出すか出さないかでしょうね。あからさまに美人好きを外に出してしまう彼は、即物的な男性だと思いますよ。自分のことや男性のことではスキルを重視し、「男は顔ではなく仕事の成果」「顔で仕事はしない」などと言いそうです。彼の考えは、「どれだけ男はお金を稼げるか、いい女を得られるか」そんなところでしょう。

本音は心を許しているあなたに語っています。“美人好き”という本音ですね。たぶんですが、彼は、女性は顔がきれいだと性格もいいと思ってしまう。実際よりもなにごとも高く評価してしまうような感じではないですか。心理学で言う『ハロー効果』ですね。スーツをビシッと着込んでいる人は仕事ができる。そういう思い込みです。

話は長くなりましたが、この友人はルックス至上主義のシンプル思考の男性。美人を始終チェックしているようなので、狩猟本能は高いでしょう。ですから、あなたを好きならアプローチはあるはず。ない、ということは女友達の域を出ていません。ただ、胸の話題をするので女性としては見ている。気軽に下ネタが出来る程度のガールフレンド。本音は話すのでよき理解者。そんなところでしょう。なんだか夢を壊す回答でごめんなさい。

●ライター/たえなかすず(恋愛短歌専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする