乗り物が苦手でもディズニーランドデートを楽しむコツ3つ

【相談者:10代男性】
秋こそTDL(東京ディズニーランド)に行きたいと彼女が言うので、連れて行ってあげたいと思っています。でも、乗り物がダメな僕。彼女は絶叫が大好きなコで、どうしたらいいものかと悩んでいます。ここは僕ががんばるべきなんでしょうか

a 無理に頑張るのはNG! 自分も彼女も楽しめるのが腕の見せ所。

ご相談ありがとうございます。恋活専門家のかぎあなです。

東京ディズニーランド、ロマンチックですね! 彼女を喜ばせてあげたいと悩む相談者さまの気持ちも伝わってきました。

しかし、乗り物が少し苦手なだけならがんばってみるのも、想い出づくりにはなるかもしれませんが、生理的にダメなのに無理しても彼女は喜ばないと思いますよ。

相談者さまカップルのように、どちらかが乗り物好きでどちらかが乗り物が苦手、という組み合わせは意外と多いかも。みんなはどうやって乗り切っているのかリサーチし、打開策を考えてみました。

131016kagiana

「乗り物好き×乗り物嫌いカップル」がディズニーランドを楽しむ、3つの路線変更

(1)ひたすらパレードの鬼と化す

“乗り物以外の楽しみをいっぱい知っている”という設定で、パレード中心のデートをエスコートする。あくまでも、「乗り物に乗れないしょぼい男」ではなく、「乗り物以外の楽しみを知っているおしゃれな男」というポジショニングになるように、今から勉強しましょう。

(2)絶叫OKな親友とタッグを組む

その気になれば別行動の時間を設ければいいだけですし、絶叫マシーンを一緒に楽しんでくれそうな親友カップルを、割り切ってメンバーに入れてしまってはいかがですか。彼女だって、あなたとふたりで気を遣い合って、乗りたいものも乗れないよりは、ずっと楽しめるかも?

乗り物が苦手なあなたのことをフォローしてくれそうな、心優しい親友カップルに白羽の矢を!

(3)メルヘンな男を全面に出す

「シンデレラ城が大好きで、絶叫マシーンなんか心臓が口から飛び出しちゃう! お土産はガラスの靴に決まってる」くらいまで言われたら、彼女も乙女な彼氏とのディズニーランドを割り切って楽しんでくれるかもしれません。

女子って、男が思うより切り替え上手ですよ。絶叫マシーンは気心知れた女友達と、また別の機会にストレス発散しよう、とあっさり思ってくれる可能性も大。ここは見栄を張らないで、メルヘン男子に徹する大胆作戦もあり!

彼女のタイプを分析する

いずれにしても、乗り物が苦手なのに取り繕ってもボロが出るだけ。まずは彼女のタイプを分析して、路線を決定しましょう!

路線が決まったら堂々と任務を遂行してください。幸運を祈っています。

【関連コラム】
付き合う前のデートに“ディズニーランド”が適している理由2つ
遊園地デートで沈黙が続いてしまった時の切り抜け方

●ライター/かぎあな(恋活専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする