イイ女はここが違う! 40歳を過ぎても美しくいるための極意

【相談者:30代女性】
40歳を過ぎてもすごく美しい女性っていますよね。美容に毎月いくら使っているの? と聞いてみたくなるような女性。こういう女性は、なぜ40歳を過ぎても美しいのでしょうか

a “好奇心”は、ステキなアンチエイジングの秘薬らしいです。

こんにちは、ミクノです。

40歳を過ぎても美しい女性って、たしかにいますよね。ときどきアラフォー、アラフィフの女性にもインタビューをさせていただくのですが、ハッとするくらい美しい女性って、たしかにいます。そして、たしかにわりと高価な美容用品を使っていることもあるようです。

が、美容はお金があればあるほど「ラッキー」でしょうから、今回は別の視点でお答えしたいと思います。

131016mikuno.jog

好奇心が若さをもたらす

ビジネスコンサルタントの人が書いている恋愛の本という、わりと珍しい(?)本が世の中にはあり、そこには、

『好奇心を持ち続けている限り、人は若々しくいることができる』

と書いてありました。

好奇心を持って、何歳になっても、なにかを学び続けましょう。そうすれば40歳になっても(あるいは50歳になっても60、70になっても……)美しくいられますよ、ということです。

この本の著者が言うところによると、40歳を過ぎて「美しい」という「美しさ」の定義は、

(1)どことなく謙虚なかんじがする
(2)いい意味で子供っぽさを持ち続けている

ということのようで、こういう美しさをずっと維持しようと思えば、人は「学び続ける」ことが大事なんだとか。

知らないことを知る

学び続けるとか、好奇心を持ち続けるというのは、言うは易し……ということで、わりと多くの人はそこから降りてしまいますよね。めんどうだし、しんどいし、仕事も忙しいし。

でも、とある学校の先生いわく、「学ぶとは、知らないことを知ることだ」ということらしいです。つまり、資格試験のお勉強をするために、徹夜でなにかぶ厚いテキストを読むだけが勉強ということではなく、じぶんがなにを知らないのか(知らなかったのか)を知ること。これが、「勉強の極意」なんですって。

こういうことは、誰でも今日からできますよね。いつも使っている駅の改札のちょっと先に、おいしいパン屋さんがあるのを発見した。これが「学び」です。

こうやって、ちょっとずつ好奇心を育てていくと、40歳を過ぎても老け込まないということです。

●ライター/ミクノトモ(コミュニケーションデザイン専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする