失恋した女子が長々と話を聞いて欲しがるワケ

【相談者:20代女性】
私の女友だちは、失恋するたびに長電話をしてきます。ひどいときは、夜の9時に電話がきて、朝の4時くらいまでずっと電話のむこうで喋っています。同性として、なぜ失恋のたびに長電話をしてくるのか、私には理解できません。なぜなんでしょうか

a 中途半端な失恋しかしていないので、長電話をしてきます。

こんにちは、ミクノです。

男性からのご質問かと思いきや、女性からのご質問なんですね。女性のなかでも、長電話が嫌いな人もいますしね、じぶんの失恋話を延々と他人に聞いてもらうことに抵抗をかんじる人もいますしね。ハイ、女性からのご質問ということで。

今回は、もう20年くらい前に、その当時売れっ子歌手(シンガーソングライター)だった女性が、FMラジオで人生相談をしていて、そのカセットテープがぼくの手元にあるのですが、そこに似たような質問とお答えが録音されていたので、これをもとにご回答したいと思います。

131014mikuno

中途半端な失恋がおしゃべり女子を生む

有名なシンガーソングライターの答えは、『中途半端な別れ方しかしていないから、おしゃべりになる』というものでした。

彼女の説によると、真剣に恋をして、真剣に別れると、人はおしゃべりにならないんですって!

これは考えてみたら、「なるほどな」と思いますよね。真剣にやってきたことって、ベラベラと人にしゃべらないですよね。真剣に恋してフラれた。こういう場合、誰かに1時間やそこら話を聞いてもらったとしても、あとは、「ちょっとひとりで考えたい」とか、「ひとりで気持ちを整理したい」と思いますよね。

真剣さが「ひとりでいたい」気持ちをもたらすのではないかと思いますが、どうでしょうか?

中途半端に恋した者は饒舌である

ということは、ご質問者さんに長電話してくる女友だちは、「真剣にフラれていない」女性だということでしょう。

真剣にフラれていないということは、真剣に恋していなかったということであり、真剣ではないことを追いかけていた女性だということになり、正直、話を聞くだけ時間のムダということになりますよね。ムダを経験しないと、なにがムダではないのか? がよくわからないと世間では言われているので、ムダは言い過ぎかもしれませんが……。

というわけで、真剣に恋した者は無口で、中途半端に恋した者は饒舌であるということではないかと思います。

●ライター/ミクノトモ(コミュニケーションデザイン専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする