2回も振られた彼の“本命彼女”になるために必要なこと

【相談者:10代女性】
こんにちは。私は高校1年生です。私の好きな人は2個上で高校3年生です。学校では話さなく、LINEだけしています。その人には本気の告白を2回していて、相手は私が好きなことを知っています

1回目は彼女がいてふられましたが、別れたときに告白したら、「いまは就職活動とかで彼女のことを考えられない。いま付き合っても中途半端になる」と言われて振られました。私が、「待ってる」っていったら、「付き合えるかはわからんよ?」と言われました。

その人とは2回くらいデートしたことはあります。それで性的関係も一回だけもってしまいました。

私はこの人がとても好きです。諦めれるほど簡単な気持ちではないです。出会って2か月半ですが、とても好きです。

どうしたらこんな彼が振り向いてくれるのでしょうか?

a アナタの“理想の彼氏”は、“理想のお付き合い”ができそうですか?

こんにちは、ライターの貴千尋です。相談ありがとうございます。

片思い中ですか、いいですね! でも、なんだか暗雲漂う感じが受け取られます。

まず、相談者さんの気持ちを向こうが分かりきっていること、そして相手の言葉をそのまま受け止めた上で、『いつになるかも、付き合えるかもわからないのに、待ってる』と答えを出したこと、その上、現在進展ナシなことが、1番悩んでいる原因ではないでしょうか?

恋愛においての駆け引きとして、武器は小出しにしていかなきゃ。相談者さんは、『それでもいいから待ってる』という最後の切り札を相手に伝えてしまったのが、少し勿体無いかなと思いましたね。でも諦めるのはまだ早いということで、取材してきました。

130924tihiro

『思いを告白した後って、相手に対してなぜかワガママになったりしちゃうのよね』

そう話してくれたのは、専門学校講師のA子さん。彼女曰く、自分の想いを相手に伝えた後、人は“全部さらけだした”という安心感から、勝手にその人との距離が近くなったと錯覚するそうです。ましてや、相談者さんのように1度体の関係を持ってしまうと尚更です。

あくまでも、“彼女ではない”ことを自覚すべきとのこと。

『1度振られた相手とは、マイナスからゼロ、もしくはプラスアルファぐらいまで関係を持っていく事が目標かな。あまり欲張らないように』

A子さんは以前、社内で気になる彼に告白したところ、振られたとのこと。しかし、それでも自分の良さをたくさんアピールし、“彼女”としてではなく、“人間”として信頼関係を築こうと努力したそうです。

相談者さん、もし彼が今他の誰かと付き合うことになったら、「私には就活で忙しいって言ったくせに!」という怒りに似た感情にはなりませんか?

『彼のために待つの? 自分のために待つの?』

5年もの遠距離恋愛の末、結婚したK子さんに話を聞きました。K子さんの彼は、仕事の関係でやりたいことのために海外へ。結婚適齢期だったK子さんは、かなり思い悩んだそうです。

「今別れるのは自分のため、かといって待ち続けることは2人のためになるのだろうか?」と。K子さんが出した答えは、『無理して続けようとするがんじがらめな恋愛は、独りよがりになるだけ』でした。

関係を続けるために最大限の努力はするが、離れている間にいい出会いがあれば、それは素直に受け止めようと“自分のため”に決めたとき、スッと楽になったそうです。

相談者さんも、そのぐらい肩の力を抜いてみてはいかがでしょうか? そうすれば、もし彼の就活が終わった後に、『社会人として落ち着くまでは……(省略)』みたいなことを言われても、きっとそこまで思い悩むことはないでしょう。


今回の相談内容で1番相談者さんに認識していただきたいのが、彼の事をどれだけ客観視できるかどうかです。

確かに付き合う前に体の関係を持つことはあまりオススメしませんが、男女の関係は様々です。それでもいいと思う男女もいるでしょう。しかし、相談者さんはキチンと彼と“彼氏彼女”という関係性になりたいのでしょう? ならば、彼のことを良く観察してみては? 相談者さんに対する言動が、彼の答えと言ってもいいでしょう。

そして、K子のさんの言う、『自分のため』という言葉を大事にしてください。相談者さんは彼のために恋愛するのではなく、自分のために彼と恋愛するんですよ。そしてA子さんの言う、『人間としての魅力』をもっと彼にアピールしてみてください。

彼が就活で忙しいのであれば、相談者さんもその就活の話についていけるように勉強してみる。これは自分が就活する際にも役立つので、無駄なことではないですよね。相談者さんにとっては何気ない休日でも、彼にとってはゆっくりできる貴重な休日。もしデートできるなら、その時は彼が思いっきり息抜きできるように彼を気遣うとか。

要は彼と同じ視点に立って、同じものを見つめることを心がけましょう。そうすれば、彼の見つめるものの中に、相談者さんが映り始めるようになると思いますよ。

いつでも相談者さんらしく居られる、そんな素敵な恋愛ができますように。

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする