キスマークの付け過ぎは傷害罪になるとこも? 弁護士がジャッジ

【相談者:20代女性】
私は彼氏の体によくキスマークをつけます。独占欲の現れと言うか、浮気防止もあります。でも最近彼がイヤがってきて、ついこの間、「これDVだよ?」って言われました

私がしていることって本当にDVなのでしょうか?


キスマークは、お互い合意の上であれば、「深い愛情を確かめ合う行為」として微笑ましいかもしれません。しかし、ご相談のケースでは、彼がイヤがってDV呼ばわりしてきているようですね。そうであれば、今後はキスマークをつけることは控えていただいたほうがよいでしょう。

拒否されたにもかかわらずキスマークをつける行為は、『傷害罪』に該当する可能性があります。

130924sinoda

キスマークが『傷害罪』にあたるか?

主に、2つのポイントがあります。

(1)キスマークについて相手の同意があるかということ
(2)つけたキスマークが傷害罪にいう傷害といえるのかということ

です。詳しく見てみましょう。

傷害罪は、相手の同意がある場合には成立しません。相手の同意があるかについては、「キスマークをつけていいよ」という明示の合意がなくとも、「およそ二人の間柄であれば心の中では同意しているだろう」という“黙示の同意”があればいいとされています。二人がラブラブで、キスマークをつけても文句が出ない仲であれば、黙示の同意があると考えられ、傷害罪は成立しません。

一方、今回のように「イヤだ」と明示された場合、相手の同意がないことが明らかになりますので、無理にキスマークをつけてしまうと傷害罪になる可能性が出てきます。

どこまで強くキスマークをつけたら傷害罪になるの?

1~2時間で消えるような赤みであれば、傷害を与えたとはいえなさそうですね。ここで参考になるのが、「キスマークが傷害に当たる」と判断した裁判例です。

裁判所はこの事例において、

『胸の周辺に長さ約2.2cm(幅1.2cm)と長さ約2.2cm(幅0.2cm)のふたつの楕円形もしくは偏平状のキスマークをつけており、通常キスマークは4日~1週間で消退するところ、10日間も消えなかった』

として、このキスマークは「傷害」にあたると判断しました。

傷害罪にいう傷害は、「人の生理的機能に障害を与えること」とされているので、キスマークもいわゆる「吸引性皮下出血」として人の生理的機能に障害を与えており、原則「傷害」と判断されます。ただ、日常生活で全く気にならない程度の軽微な赤みであれば生理的機能を害しておらず、傷害にはあたらないでしょう。

線引きは難しいですが、あまりに強く吸引すると、「傷害」と判断される可能性が高くなるといえます。

愛情表現は、あくまでほどほどに。行き過ぎは禁物ですね。

●ライター/篠田恵里香(アディーレ法律事務所:東京弁護士会所属)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする