自慢話ばかりする男の心理と対処法

【相談者:20代女性】
合コンなどで知り合った男性と仲良くなると、自分の自慢話ばかり聞かされます。知識の豊富さや女性経験の多さ、収入や肩書き、乗っている車に関してまで、自慢をしてくる人ばかりでうんざり。一応笑って対応していますが、大した人間でもないのに自分を大きく見せたいっていうような人って、本当に腹立たしく感じます。

世の中、そんな男性しかいないんでしょうか?

a どうしても自慢ばかりの男性がイヤならば、根気強くあなたと同じ価値観を持った人を探すより他にありませんよね。

こんにちは。カルチャー担当・みわあやのです。

相談者さんが指摘されたとおり、「自分を大きく見せたい」っていうのが、人が自慢話をする、いちばんの理由なんでしょうね。それをさらに掘り下げると……?

『人間は自分に自信がないという不安を解消したいために、自慢ばかりしたり、人を見下したり、偉そうな態度をとる』

心理学的には、このように解釈されているそう。

『不安を抱えているから、他人と自分を格付けして、より高いポジションにつくことにこだわる。そしてそれを、誰かに認めて欲しい』

これは、多かれ少なかれ、誰もが持ちうる心理だそう。

彼らは、あなたのことを気に入っているので好かれたい。なので、プレゼンみたいな感覚で、自分を売り込んでいるのかもしれません。「好かれたい=きらわれたくない」という“不安”ですね。

または、あなたが聞き上手な人なので、つい気分が良くなって、認めて欲しいっていう欲求がでちゃう。人に認められて“不安”を解消したい。

あるいは、あなたが自分より優れた人間(容姿が美しいとか、とても賢そうとか)に見える。そのため、下に見られたくないという“怖れ”を解消したくて必死になる。

男性サイドの気持ちを想像すると、そんなところかもしれません。ナイーブか! って感じですね。

130923miwa

「不思善不思悪(ふしぜんふしあく)」

では、なんで相談者さんは「自慢話ははずかしいこと」だと感じ、嫌悪するのでしょうか。

例えば……

『私ごとですが、この間すごく大きいカブトムシを捕まえたんですよ。夜中にね居間のカーテンを引き忘れていたら、灯りに寄ってきたの。立派な角のあるオスでした。小学生の甥に見せたらもう、大興奮でね……』

「はぁ、そうですか」って感じですよね。

もし、相談者さんがものすごく昆虫好きなら、これ、すごくうらやましい自慢話に聞こえるかもしれません。けど、興味のない人にとっては、ただの、ほのぼのエピソードですよね。

他人の話を聞いて、それを「自慢」と受け取り、腹が立つ。これは、自分の中にも、「不安を解消したい」「認められたい」という部分があるからじゃないのかなって、私は思うんです。

自分が我慢している欲求を、他人が堂々と表に出しているのを見て、イライラする。なので、つい気になってそこにばかり目が行くのかもしれません。

禅宗の『六祖壇経』という経典に、「不思善不思悪(ふしぜんふしあく)」ということばがあります。

これは、善を思わず、悪を思わず。善悪にとらわれすぎてはいけないよ。という意味のことば。

人間の考え方は、本当に色々です。ある人にとって、「悪いこと」だったとしても、全員が一人残らず同じ考えとは限りませんよね。

もちろん、犯罪など「明らかに悪いと決まっているルール」は別ですが、日常の「人の考え方」には、善も悪もありません。

いつでも自分の意見が正しいんだ、と思い込んでいると、違う考え方の人に出会った時に、とても不愉快な気分になります。お互いが「正しいのは自分だ」と一歩も譲らなければ、どちらも正しいはずなのに、争いを生んでしまう。

自分が正しいとは限らないし、間違っているかもしれない。いろんな考え方もあるんだなと、心に留めておくことで、イライラを回避できますよね。

と、「そんな考え方」もありますよ。無理して自慢男と付き合えなんて言いませんが、ちょっとでも、今後の人間関係の参考になれば幸いです。

●ライター/みわあやの(カルチャー専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (9)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする