ポイントはシズル感! 女性からデートに誘うコツ3つ

【相談者:20代女性】
初めまして。今、ちょっと気になっている人がいて、デートに行きたいと思っています。前に一度、「今度飲みに行こうよ」と誘い、相手も「いいよ」と言っていたのですが、結局それから日が経ってしまい、そのまま流れてしまいました。

もう一度誘いたいのですが、なかなか勇気がなくて。もし、オススメのデートに誘える方法などがあれば教えてください。あんまり頑張ってる感じじゃない誘い方だと嬉しいです。

a 秋のデートの誘い方。

ご質問ありがとうございます。モデル&トータルコーディネーターの中村康介です。

あなたのデートの誘い方、レパートリーが下記のモノしか無かったら赤信号。先を読み進めて下さい。

「飲みいこ」
「いつヒマ?」
「空いてる時、連絡してよ」

上記のレパートリーしかない場合でも、デートまで辿り着けるケースをリサーチしました。それは、こんな場合。

相手が既ににあなたのコトを好きな場合

お相手のホンネ:「もう好きなんだもん。そりゃ飲みでも何でも行きます。どこだってゆくさ」

相手がめちゃくちゃ暇な場合

お相手のホンネ:「ヒマなんだもん。やることないからデートするだけ。恋愛感情? うーん、今のところ、仲の良い友達って感じかな」

相手がめちゃくちゃお金がない場合

お相手のホンネ:「お金がないんだもん。たまには美味しいモノ食べたいわけ。だから行くの。好きかって? まだ分からないね」


デートをする前から、相手が自分のことを好きでいてくれるケースはまれ。今回は現状、自分に対して恋愛感情を抱いていない異性でもデートしてくれる、「秋のデートの誘い方」についてお話したいと思います。

11731

ポイントは3つ! 『季節感!+清潔感!+シズル感!』

(1)まず大切にすべきは季節感!

一年中、いつ何時も、「飲みいこ」では、あまりにも芸がありません。話題作りで大切なことは、“共通項を見つけること”です。自分に大して興味がない相手ですので、共通項を見つけることは難しいですが、同じ日本の空のもと生きているって事だけは、共通しています。

あなたが「昨日は寒かった」と感じた時には、気になるアイツも「昨日は寒かった」と感じてるワケです。つまり、同じ季節を体感している。ここに共通項が生まれます。まずは季節感のあるデートの誘い方にするコトで、相手との距離を近づけます。

(2)次に大切なのは清潔感!

男性が女性を誘う場合には、「今度の土曜だけど朝まで空いてる?」や、「泊まりで温泉行かない?」などのように、下心がチラつくのはNGです。

逆に女性が男性を誘う場合には、「叙々苑行きたいんだけど~」「うかい亭なら行ってあげてもいいよ」のように、タダでおいしいものが食べたいという下心がチラつくのはNGです。

なぜなら、基本的に初デートというのは、どっちが誘ったかに関係なく男性が支払うものだからです(※初デートで男性におごってもらえなかったら、恋愛感情ゼロを意味するか、どケチを意味します。いずれにしても道は険しい。こんな男は迂回しましょう。うかい亭だけに。テヘ)。

あくまで、「二人でハッピーな時間を過ごしたい」の延長線上に、「二人でおいしいものを食べたい」があるので、順番が逆だとお相手は萎えます。

(3)最後はシズル感!

おいしいものを食べたいという気持ちは、男女問わずほとんど誰もが持っている感情。しかも、それが自分の好きなジャンルで、かつ、旬のものとあればなおさら。そのおいしい食べ物がお相手にくっきりとイメージできるように説明します。

そう、「シズル感(※)」をお相手にアピールするのです。最終的に、相手がよだれを垂らしていればアナタの完全勝利。ハンケチーフを差し出しながら、余裕の笑みを送りましょう。

※シズル感とは、食欲や購買意欲を刺激するような食品の活きの良さや瑞々しさと言った「おいしそうな感じ」のこと。


以上の3つのポイントを抑えると、秋のデートはこのように誘います。

『銀座に飛騨牛と松茸のすき焼きのお店ができたんだけど、知ってる? 超人気らしくて、いつも予約で一杯なんだよね。それが友達でたまたま予約取れた子がいて、この前行って来たらしいんだ。今の時期の松茸ってほんっとに香りが良くて、飛騨牛もトロットロですごーく柔らかいんだって〜。松茸ゴハンと土瓶蒸しも食べられて、何と食べ放題なんだって! 飛騨牛もだよ! すごくない!? で、その子また予約したんだけど、その日仕事入っちゃったから席譲ってくれるっていうの。しかも、なんか今だけオープン記念で半額らしいんだよね。スケジュール空いてたら一緒にどうかなって思ったんだけど……でも忙しいよね?』

コレです。だいぶ長い誘い文句ですが、ここまでプレゼンできれば、かなり高い確率でデートに行けるでしょう。最後は、「相手に決断させる」こともとても大事です。この方が、あまり頑張っている感じがなくなります。

デートに誘う行為自体、ちょっとだけ勇気が必要なものですが、3つのポイントを抑えて、あなたらしくデートに誘ってみてください。成功を祈っています☆

●ライター/中村康介(トータルコーディネート専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、女性から男性をデートに誘う方法として、「季節感や清潔感を意識してみましょう」という視点でアドバイスをいただきました。

「女性からデートに誘うこと」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

女性からデートに誘うときのコツ8選

160115onnatuiki6

もしデートに誘って断られてしまったら、なかなか立ち直れないですよね。まずはお誘いがうまくいくための秘訣を紹介いたします。

(1)思い立ったらすぐ行動する

男性が女性を誘う場合と違い、女性からデートに誘われて断る男性というのは非常に少ないです。それが友人関係としてのものであれば、なおさら断られることは少ないでしょう。

つまり、「断られたらどうしよう……」などと悩んでいる時間はムダだということ! そんなことをしている間に、あなたが思いを寄せる男性が他の女性とデートに行ってしまったり、あるいは付き合い始めてしまったりするのです。

まずは誘わないと何も始まりませんよ。

(2)手に入りにくい女を演じる

高飛車になる必要はありませんが、「いつでもいいから行こう」というような誘い方では、暇だからとりあえず誘われたとしか思われません。

当然、そのような態度では男性側も積極的に行きたいとは思わないでしょう。

お誘いする場合には、自分の都合のいい日を2〜3日ほど伝えて答えを待つのがベスト。男性は手に入りにくい女性を良い女だと認識する傾向にあります。

(3)誘うときはメールやLINEで

これは男性側の都合を意識したものです。たとえ普段から会話をしていて仲の良い相手だったとしても、女性からの突然のお誘いには戸惑うもの。

電話や面と向かってからのお誘いだと、男性がすぐには判断できず、パニックから“断る”という決断をしてしまうこともあるでしょう。落ち着いて誘うことができれば断られることは少ないですから、メールやLINEを使って男性側に考える余裕を与えてください。

(4)一人では行きにくいことを伝える

気軽に誘えばいいと言われても、なんの理由もなくデートに誘うのはやはりハードルが高いですよね。そこでおすすめな口実が、「お店に入りにくい」ということを伝えること。

「気になってるお店があるけど、男性客ばかりで一人では入りづらいの」「カップルばかりのお店だから付き合ってほしいな」など、理由はなんでも構いません。

一人では心細いということを押し出して誘いましょう。

(5)プレゼント選びに付き合ってもらう

デートはなにも食事だけではありません。二人きりでのお買い物も立派なデート。

自分では選べないので、プレゼント選びについてきてほしいというのもおすすめの誘い方です。このとき注意したいのが、プレゼントする相手の伝え方。

女友達へのプレゼント選びを男性にお願いするのは不自然ですし、男友達へのプレゼント選びに付き合ってもらうのも当然NGです。男性側が受け入れやすいのは、“男性の身内へのプレゼント”。

父親や兄弟へのプレゼントであれば、男性にプレゼント選びをお願いするのも自然なことですよね。

(6)おすすめのお店を尋ねる

自然な会話からデートの誘いにつなげたいという場合におすすめの方法が、男性に好きなお店を尋ねること。好きな食べ物を聞いて、その流れで行きつけのお店を聞いてみたり、よく行くおすすめのスポットを聞いたりしてもいいでしょう。

そこで具体的なお店の名前が出てくれば、「そこに行ってみたいな」と言うだけでオッケー! 相手がおすすめの場所として言ったところですし、断られる可能性は低いはずです。

(7)相談を持ちかける

男性は頼りにされるとうれしいものです。それが女性からであればなおさらのこと。

「ちょっと相談したいことがあるんだけど」というふうに声をかけてみましょう。男性は頼りにされると断りにくいですし、「相談事をされるということは好意を持たれているかもしれない」と、自分を意識させることもできます。

(8)好意を持っていることを感じさせる

男性をデートに誘いたいということは、ゆくゆくは恋人関係になることを望んでいるということですよね。そうであれば、単なる友達としてのデートではなく、あらかじめ女性として意識してもらうことも大切です。

ほんの少しだけでも、男性に好意を持っているということを感じさせるような言葉を使ってみましょう。「男性と食事に行くことなんてあまりないです」「○○さんと一緒に行けたらうれしいな」など、特別な感情を持っているということを伝えるのです。

男性に気持ちを意識させることで、デートが二人の距離をぐっと縮めるものになるでしょう。

女性からデートに誘うことはNGなの?

160115onnatuiki1

女性の方から男性に声をかけることに抵抗を持つ人もいるはず。いったい何が正解なのでしょうか。

世間のイメージ

一般的には、“デートに誘うのは男性から女性に対して”というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。とはいえ、草食系男子が増えてきた今では、じっとしていては男性から誘われる機会はやってきません

あまりにも積極的すぎたり、見境なく誰にでも声をかけたりするようなことがあれば話は別ですが、「真剣にお誘いするのであれば問題なし!」というのが世間の意見のようです。

あと一押しかもしれない

こちらも男性の草食化が影響していますが、あなたが好意を持っている男性が、同じようにあなたに対して好意を持っている可能性もあります。しかし、勇気が出なくて男性は声がかけられない……。

「男ならビシッとデートぐらい誘え!」という気持ちも分かりますが、お互いに好意を持っていてもどちらかが歩み寄らなければそれ以上発展することはありません。

声をかけなかったことで、うまくいっていたはずの関係を台無しにすることの方がNGと言えるでしょう。

恋愛にルールはない

そもそも恋愛にルールはありません。モラルのない行動というのはあるかもしれませんが、人を好きになるという気持ちから生まれた行動は尊重されるべきです。

可能性を高めるための行動はあっても、正解というのはないのです。恐れることなく、自分の気持ちに正直に行動しましょう!

女性から誘われたときのオトコの本音

160115onnatuiki2

デートに誘って男性にどう思われるかというのは心配の種。しかし、あまり心配することはなさそうですよ。

とりあえず行ってみる

誘われただけでは、女性が自分に対してどのような気持ちを持っているのか分かりませんよね。ただ単に友達として誘われた可能性もありますし、「嫌でなければとりあえず行ってみる」という男性が多いようです。

仮に、相手に対して好意がなかったとしても女性から誘われればうれしいものですし、デートすることで気持ちに変化が表れることもあるでしょう。

期待させたくない

相手からの好意を感じるものの、自分は持てそうにないという場合には、変に期待させないようにハッキリと断るという男性もいます。中には好きでない人からの誘いを面倒と感じる人も。

もし男性からそうした雰囲気を感じとった場合には、二人きりではなく複数の友人を交えたお出かけに切り替えるなど、臨機応変に対応する必要があるでしょう。

女性として意識し始める

今までは全く意識したことがなかった人であっても、デートに誘われることで女性として意識し始めてしまうという意見もありました。

男性は意外と単純なもので、心配しているのは女性の方ばかりだったということも少なくないのかもしれませんね。男性からの好意が感じとれなくても、声をかけることで状況を変えることは十分に可能です。

男性の方から誘わせるためのテクニック

160115onnatuiki3

やっぱり、一番いいのは男性の方からデートに誘ってくれること! 気になるあの人に誘ってもらうためのコツをお教えします。

誘いを断らない雰囲気を出す

男性はプライドが高い生き物で、なおかつ怖がりでもあります。もし自分からデートに誘って断られてしまったらと思うと、女性以上に行動に移すことができません。

もし誘ってほしい男性がいれば、分かりやすいほどの好意を見せるのが効果的。ボディタッチを増やしたり、他の人より明るい態度で接したり、恋人がいないことを伝えたりすることで、“誘いを断らない雰囲気”を出しましょう。

日頃から自分の好きなものや趣味を公言しておく

なにかきっかけがあれば、奥手な男性でも女性を誘いやすくなります。普段から自分の好きなことを明らかにしておけば、「そういえば○○好きって言ってたよね」と声をかけやすくなります。

他に、好奇心旺盛で何事にも積極的な女性も、男性から声をかけられやすいです。経験したことのないことでも最初から嫌いだと決めてかからず、さまざまなことに挑戦する姿勢を持つようにしましょう。

清潔感のある服装やメイクをする

お金がかかりそうな女性だな」と思われてしまっては男性から誘われることはありません。派手なメイクやブランドもので固めた服装をしていると、デートの出費も多くなってしまうのではないかと思われがち。

男性に誘ってほしいと思っているのであれば、過度な服装は控え、清潔感のあるおしとやかな女性を目指しましょう。


「デートに誘うときに心がけたいこと」や「男性の本音」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

勇気のいることですが、一歩進んだ関係になりたいのであればデートのお誘いは避けては通れないこと。誘われて嫌な気持ちになる男性はいないということを心に刻んで、ぜひ、好きなあの人に声をかけてみましょう!

【関連コラム】
成功率9割強! 上手なデートの誘い方2ステップ
女性から2回目以降のデートを誘う方法3つ

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (21)
  • うーん (40)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする