失恋した悲しみを癒すお寺2選【東京都内編】

【相談者:30代女性】
妻子ある男性との恋に悩んでいます。別離を決意し、2人ではもう会わない旨をメールで伝えましたが、同じ会社ということもあり顔を見る機会も多く、どうしても忘れることができません。彼もまた会いたいと言ってきます

彼の奥さんにも気づかれてしまったようで、私の携帯電話に、非通知の無言電話があります。彼の奥さんに証拠を握られたら訴えられる可能性もある、と友人に忠告されましたが、どうしても忘れられなくて毎日辛くて仕方ありません。

気持ちをスッキリさせるために、お寺や神社にお参りやご祈祷に行きたいと考えています。東京都内でお参りしやすい場所を教えてください。

a お寺の慈愛に満ちたエネルギーが辛く悲しい恋を癒す。

復縁成就専門家のHirokoです。

今回のご相談者のように、悲しく辛い恋愛に悩む女性はたくさんいらっしゃいます。そのような女性の悲しみや自分でもどうしようもない情念、辛い気持ちを癒し和らげ、あなたの願いを聞き入れてくれる東京都内のお寺を、2か所紹介致しますね。

13005Hirokojpg

『於岩稲荷(おいわいなり)陽運寺』

・所在地/新宿区左門町18番地

こちらは、文政8年に四世“鶴屋南北”が書いた「東海道四谷怪談」で有名なお岩様をお祀りしている、山梨県身延山久遠寺を総本山としている日蓮宗のお寺です。

堂内にはお岩様の像が祀られ、境内にはお岩様ゆかりの井戸もあります。お岩様をお祀りしているだけあって、悪縁を取り除き良縁を引き寄せてくださったり、恋愛等で辛い思いをしている女性の悲しみを受け止めてくれ、優しく導いてくださるのです。

ご祈祷も、お一人、お一人の話を聞いてからしてくださいます。怪談話に登場するお岩様は、おどろおどろしい雰囲気に満ちていますが、実際は慈愛に満ちた温かいエネルギーをお持ちのようです。

また、境内にある「水かけ福寿菩薩」に、「南無妙法蓮華経」と唱えながら水をかけると厄が落ちて、幸せが訪れると言われています。他にも心願成就の石や、「東海道四谷怪談」を芝居や映画で上演する時に、関係者が必ずお参りをするという於岩稲荷民也神社も鎮座していらっしゃいます。

辛く悲しい恋愛に悩む人に、是非、お参りし、祈祷をして頂きたいお寺です。      

『大圓寺』

・所在地/東京都目黒区下目黒1-8-5

お七地蔵とその恋人だった西運の碑がある、大圓寺。八百屋お七のお話はご存知でしょうか?

江戸時代に、火事になれば恋人に会えるとの一心で自宅に放火をしたお七。火事は大事には至りませんでしたが、お七は捕えられて処刑されてしまうという、女の情念そのもののお話です。火を放つほどお七が会いたかった恋人の吉三は、お七の死後に出家して西運となり、明王院というお寺に落ち着きます。そしてお七の菩提を弔うため、目黒不動尊と浅草観音の間を、念仏を唱えながら日参するという過酷な行を積みました。その行を終えた時に、お七が夢に出てきて、西運に成仏したことを伝えたと言われています。

西運が落ち着いた明王院は、のちに大圓寺と統合され現在に至り、境内にはお七地蔵と西運上人の碑があります。苦しい恋に悩む人、恋にまつわる願いを叶えたい人には、是非、お参りをお勧め致します。お七と西運上人の恋は現世では叶いませんでしたが、辛く悲しい思いをしている女性に力を与えてくれますよ。

大圓寺には、悩みを溶かすと言われる「とろけ地蔵」や、恋愛や財運にも大きな力を発揮される「大黒天様」もいらっしゃいます。ジメジメした暗い気持ちを、スッキリと洗い流して下さる力に満ち満ちたお寺です。


今回のようなドロドロとした情念をお持ちの方、辛く苦しい恋にお悩みの方には、カラッとしたエネルギーを持つ神社よりも、慈愛に満ちたお寺の方が合っています。あなたの辛く悲しい思いや、恨みつらみ、ドロドロとした情念を優しく包み込んでくれるからです。

是非お参りをされて、あなた様のお心が1日も早く軽くなりますよう、お祈りしております。

●ライター/Hiroko(復縁成就専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする