甘え方がわからない! 甘え上手になるための3ステップ

【相談者:10代女性】
中高一貫校の中三です。わたしから振った元彼の猛烈な(?)アプローチで、また付き合うことになりました。わたしとしては彼のことが好きなので甘えたりとかしたいんですが、甘え方がよくわかりません。わたしは普段学校で、自他ともに認める、“他人に弱みを見せないキャラ”で、家族にも弱いところは滅多に見せません。こんなわたしが彼に甘えるには、どうしたらよいのでしょうか。

彼は寮生で、休暇中は電話とメール、平日は、学校が男女交際禁止の学校なので放課後に少し喋るだけです。遊びに行けるのも、2~3か月に1回行けるか行けないかくらいです。いくつかの方法を教えていただければ幸いです。

a “小さな甘え”をしてみることから挑戦していきましょう。

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

甘えベタな人って、「自分より上に兄や姉など年上の兄弟がいなかった」「両親が共働きでわがままを言って甘える機会が無かった」という環境で育ってきた場合が多くみられます。また、そういった環境で育ってきた人ほど、「甘えることは相手にとって迷惑」だと考えているのではないでしょうか?

しかし実際は、彼女から甘えてこられることを迷惑だと感じる男性はほとんどいません。むしろ、甘えて頼られることで、男性は優越感を感じるのです。

たまには素直になって、彼に甘えてみてはどうでしょうか? ……と言いたいところですが、甘えベタな人からすればそんなことをいきなり言われても、どうすればいいのかわかりませんよね。

そこで今回は、恋愛心理を参考に、「甘え上手になるためのステップ」をご紹介したいと思います。よければ、ぜひ参考にしてみてください。

130831lisa

(1)自分を甘やかしてあげられるようになること

甘え上手になるために、自分自身を甘やかしてあげることは大切です。学校生活や、これからの社会生活において、思い通りの結果が出せなかったなんて場合も出てくるかと思います。

しかし、そこで自分を責めることはやめましょう。「どうしてできなかったんだろう」と思うのではなく、「自分なりに精一杯やった」「頑張ったんだからいいじゃん」と思えるくらいになるのです。たったこれだけのことでも、甘えベタな人にとっては、なかなか難しいものです。

しかし、甘え上手になるためには、自分に厳しすぎる性格ではいけません。たまには、自分を褒めて甘やかしてみてあげてもいいのではないでしょうか?

(2)小さな甘えをすることから始めてみる

素直に甘えてみてと言われても、甘えベタな人からすれば、いきなり彼氏に、「寂しかった!」なんて甘えるのは無理な話です(笑)。ですので、最初は簡単で小さなお願いから始めてみましょう。

「そこに置いてる携帯取ってくれない?」「冷房の温度ちょっとあげてほしい」というくらい、他人からすれば、「えっ? それって甘えてるの?」と思われるような、小さな甘えでいいのです。まずは、甘えることに慣れていくようにしましょう。

ただ、度が過ぎると甘えではなく、ただのワガママととらえられるので注意が必要です。

(3)言葉に出せない甘えはスキンシップで表現する

何だか寂しくなったり、彼のことを愛おしく感じて、無性に甘えたくなったとき。素直に甘えればいいものの、甘えベタの人は、なぜか自分の気持ちを押し殺して、反対にそっけない態度をとってしまうなんてことも。

そんなとき、もし、言葉に出して甘えられないのであれば、スキンシップで彼に甘えてみてはどうでしょうか?

何も言わずに、ちょっと彼の肩に寄りかかってみたり、手を繋いでみたり。言葉はなくとも、それだけで充分に、本当は甘えたいんだということは伝わるはずです。


周りから、「しっかり者だね」と言われて育った人ほど、甘えベタな人間に育ってしまいます。でも、そういう人ほど、本当は誰よりも甘えたい願望が強いのではないでしょうか?

彼も、心のどこかで、きっとあなたが甘えてきてくれないことを寂しく感じていると思います。少しずつでいいので、素直に甘えられる女性になれるといいですね。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (21)
  • うーん (5)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする