浮気を防ぐ恋愛ホルモンを分泌させる方法

【相談者:20代女性】
高校時代からずっと友達関係にあった人と、ふとしたきっかけで付き合うようになって2年になります。でも、彼が昔からずっと3年くらいのサイクルで恋人が変わってきた(しかも、浮気から乗り換えのパターンばかり)のを見てきた私は、「あと1年で終わるのかな?」と不安でたまりません

私もそろそろアラサーなので、出来れば彼と結婚したいと思っているのですが、まずは彼の3年目のジンクスを乗り切る方法を教えて下さい。

a 3年で「恋」を終わらせ、「愛」に変えていきましょう。

ご相談ありがとうございます。心理食育インストラクターのSAYURIです。

さて、今回は“脳内の分泌物”から、何故、彼が3年周期で浮気をして恋人を変えてきたのかを見て対策を考えていきましょう。

130827sayuri

恋の始まりはPEAの仕業!?

「PEA(フェニルエチルアミン)」は、心理学でいう“吊り橋効果”でも見られるように、ドキドキする状況の時に分泌されるホルモンです。お互いを知り合えず不安定な状態の時や、好きな相手を追いかけている片思いの間は、PEAがどんどん分泌されます。

現在貴女は、「また彼に新しく好きな人が出来たら……」という、まさにPEAの分泌が盛んな状態だといえるでしょう。しかし彼は、貴女が自分の手中に治まり、恋愛の安定期に入っているので、分泌量が減少しつつあるのかもしれません。

PEAの持続時間は個人差があるものの、“約3年”だと言われています。彼が約3年周期で恋人が変わってきたというのも、それまでの恋人に対してPEAが減少し始めた時にタイミングよく、またドキドキするような女性が現れたせいだと思えば納得も出来ますよね。

食べ物でいえば、「チョコレート」には微量ではありますがPEAが含まれています。彼と一緒にこまめにチョコレートを食べるのもいいかもしれませんね。

オキシトシンは浮気予防に有効!?

ドイツのボン大学の研究によると、男性の浮気を防ぐには、恋愛ホルモンの「オキシトシン」が有効だということが判明しました。

研究者らは、彼女がいる、または既婚の平均年齢25歳の男性86名を2つのチームにわけ、片方の男性チームにはオキシトシンを含有した点鼻薬を投与、もう片方の男性チームには偽薬を投与して、実験を行いました。投与後、男性1人ずつに美人で魅力的な女性を紹介し、彼らを2人っきりの環境下におきました。

すると、オキシトシンを投与した既婚男性は、魅力的な女性にアプローチされても「うっとうしい」と感じ、女性から距離を保とうとすることが明らかになったのです。彼女がいても結婚していない男性は、オキシトシンを投与している、していないに関わらず、女性が近付いてきても気持ちに変化はなく、保とうとする距離にも影響はありませんでした。

つまり、婚姻などで強く結ばれ、貞操関係にある女性がいる男性は、オキシトシンが分泌されていると浮気をする可能性が低いということなのです。研究を行ったルネ・ヒュールマン教授によると、この結果について、「オキシトシンは人の信頼を高める効果があります」とのこと。

オキシトシンの分泌を高める方法

オキシトシンの点鼻薬は通販等でも手に入りますが、その使用を彼に強要すると逆に引かれてしまいかねないので、彼自身のオキシトシンの分泌を高める方法を取った方がいいでしょう。

オキシトシンは「愛着ホルモン」ともいわれ、スキンシップによって分泌が促進されます。彼と一緒に過ごす時間のポイントとして、ハグをしたり手を繋いだりとスキンシップをこまめにすることを心掛けてはいかがでしょうか?


これは私なりの定義ですが、「恋」はドキドキと不安定なときめきがある状態。「愛」は相手を心から信頼している状態。

恋のホルモンPEAが減少するタイミングで、「愛着ホルモン」「絆を深めるホルモン」と言われるオキシトシンの分泌を高めて、末永く彼とお幸せに。

【関連コラム】
恋は麻薬の一種! 交際歴3年以降のカップルが注意すべき事実
「いつも恋愛が長続きしない人」の脳内で起こっていること
恋愛が長続きしない人に多い「恋人への不満」と「依存心」

●ライター/SAYURI(生活心理専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする