ヒドい振り方をされてトラウマ! 元カレと友達に戻るための心構え

【相談者:20代女性】
ご相談があります。長文失礼いたします。約1年半付き合っていたカレから、突然別れを告げられました。当時、私は23歳、彼は25歳でした

彼と出会ったのはある店のパーティで、趣味(アニメ・特撮関連のマニアックなネタ)が合い仲良くなりました。最初はお友達付き合いから始まりましたが、徐々に互いの共通の友人もたくさん増え、後に2人で会って映画を見たりして何回かデートもしました。

彼は異性とお付き合いするのは初めてで、告白をOKしたときはとても嬉しそうな顔をしていました。私も年上の人とお付き合いしたことがなかったので、とても嬉しかったです。

彼と交際中に、体の関係はありませんでした。何度か試みてはみたものの、お互い経験がないためかダメでした。彼はものすごく凹んでいました。別れの理由として、行為を結婚or婚約するまで待てない。しかし、できたら責任取れないし、まだ遊びたいと言われました。そして、恋人として付き合うことはないからと言って、ショックなことに目の前で私のアドレスを消しました。

彼に、「私は人間としてどんな人だったのか?」と聞いたら、「君はどんな人からも良い人だと言われるくらい本当に良い子で、俺が自分の趣味や仕事を優先しても怒らなくて良い女だよ」と言われました。最後に笑顔で握手して別れました。その時の彼はとても悲しそうな顔をしていました。

失恋後のショックで自分の趣味が一時期大嫌いになりました。食欲もなく、話すこともできなくなりました。家にいると彼を思い出して泣いてばかりになるので友達と外に出たり、スポーツジム行ったりして紛らわせていました。別れて1か月後に私のSNSページに元彼の足跡が残っていて驚きました。別れた後、元彼のつぶやきは私と学生2人の友達には非公開になっていました。

今は落ち着いていつも通り生活しています。元彼と復縁は考えていませんが、またイベントなどで会う機会があったらまたマニアックな話がしたいなと思っています。こんな考えは変でしょうか? 元彼にメールしようと思ってもどんな内容で送ればいいのか、そしてタイミングがわかりません。

もう一度友達として接する事は可能でしょうか? よろしくお願いいたします。

qa_aその趣味は“彼との思い出”でもあれば、アナタだけの“思い出”でもあるんですよ。

こんにちは、ライターの貴千尋です。ご相談ありがとうございます。

相談内容は元彼についてですが、今回はまた少し違った見方があるかもしれませんね。復縁を希望しているわけではないとのことなので、ここで別れの原因や、それについての分析は必要ないかと思います。

一般的な意見としては、別れたあとも友達関係を続けられるかどうか? こういう風に考えるとすごくシンプルなんですが、今回相談者さんが引っ掛かっているのは、“ヒドイ振り方をした彼”という問題が最も大きいのではないでしょうか?

130827tihiro

心理カウンセラーのI氏からのアドバイス。

『彼と別れたあと、相談者さん自身の問題は解決した(あるいは乗り越えた)と思っている部分が、実は整理できていないのでは? 辛い失恋を乗り越えているなら、純粋な趣味友達としてお付き合いをスタートさせることは、そこまで悩むことでもない』

長い間失恋を引きずったA香さんの場合。

『遠距離の彼にいきなり振られ、それから2年は引きずりました。別れた後も、ふとした瞬間にある彼からの連絡や、SNSでのコンタクトに一喜一憂して振り回され、“今度こそ自分は失恋を乗り越えた、大丈夫”と思っても結局は同じことの繰り返しでした。でも自分では認めたくなくて、悪循環ですよね』

ある時A香さんは、“弱い自分”を認めようと思ったそうです。彼に会えば、いい思い出だけが蘇ってまた気持ちが揺らぐだろう、それでもいいなら彼に連絡しようと、自分がダメになる状況をわざと与えるような、本来なら逆の発想をしたそうです。そうすると不思議なことに、毎日辛く、泣いて落ち込んでいた日々が鮮明に思い出され、その悪循環から抜け出せたとか。

相談者さんに自問自答してほしいのは、この2人の意見です。

I氏の言う、『乗り越えているならば、彼と友達としてまた一緒に過ごすことは容易い』ということ。

そしてA香さんの言う、『自分の中の“弱さ”を見つけ、それでもいいなら』と心に聞いてみることです。

答えが見つからない問題は、悩んでまで探すものではありません、急ぐ必要もないんですよ。相談者さんが、毎日泣いて辛い日々を送っていた頃に比べれば、今はとても成長した女性になっています。それは、相談者さん自身の力によってです、そこの部分に自信を持ってください。成長したからこそ、彼とまた趣味を共有し楽しく過ごしたいと思ったのではないでしょうか?

楽しみの一環であった趣味も、それによって彼と出会い、楽しかった日々が送れたことも、別れによって辛い経験はしたが相談者さんを成長させたことも、全部相談者さんの思い出であり人生です。

趣味は楽しむものですよ、“誰”と楽しむかも相談者さん次第です! レッツエンジョイ♪

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする