男の「仕事」と「恋愛」に対するバランス感覚とは?

【相談者:20代女性】
毎日深夜まで残業があります。男女平等社会だと言われていますが、男性って仕事と恋愛のバランスをどうやってとっているのですか

a あまりむずかしく考えなくてもいいと思います。

こんにちは、ミクノです。

今回はわりとおもしろい男性の意見が拾えたので、ふつうの意見とおもしろい意見の両方をご紹介したいと思います。

130822mikuno

帰って酒を飲んで寝るだけ

そもそもバランスなどとっていないという、わりと「ふつうの」意見が多かったです。残業して家に帰り、コンビニご飯を食べてゲームをしつつ酒を飲んで、寝るだけ(笑)。

こういう男性が、どうやって恋愛をしているのか? と言えば、「適当に彼女からメールが来る」んですって(笑)。

バランスもへったくれもないというか、そもそも男性は、「仕事」と「恋愛」のバランスをとるなんて考えていないのかもしれません。男女平等社会になる遥か前から、男性は仕事に追われてノルマに追われて、その隙間に恋をして結婚をするというのが「当たり前」でしたから、いまさら「バランス」でもないのでしょうか。

「仕事」と「恋愛」を分ける感覚がわからない

「仕事」と「恋愛」を分ける感覚がわからないという、おもしろいご意見もありました。四国の食品メーカーだったと思いますが、社内恋愛OKという会社があります。社内恋愛が成就するための神社みたいなのが社内にあるみたいです。そこの社員の3人に1人は、社内恋愛からの結婚という流れみたいです。

珍しい事例ですが、こういう事例以外にも、たとえばフリーでデザイナーをやっている男性とか、イベンターのように24時間仕事をしているというような男性は、仕事とプライベートをそもそも分けて考えていないみたいです。

職権乱用気味に女性を仕事場であさっているということではなく、そもそも人生の前提が「いい仕事をする」というものなので、24時間仕事をしているかのように遊び、遊んでいるかのように仕事をしている。ゆえに、「仕事」も「恋愛」もすべておなじテーブルにあるので、「バランス」なんて関係ないということでしょう。

仕事が「極めて好き」であれば、こういう視点に立って、人生を楽しめるかもしれません。でもまあ、バランス悪く生きていても人は恋ができるので、そう深く考えなくてもいいように思いますヨ。

『なにも持たずに人は生まれ、なにも持たず死んでゆく。それでも人はなぜ愛と出会うの?』

という、有名な歌手のマニアックな歌がありますが(大昔のシングルのB面だったと思います)、まあこれが1つの恋愛の真実だと思うので、あまりむずかしく考えなくてもいいと思います。

●ライター/ミクノトモ(コミュニケーションデザイン専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする