“自己開示”を使った恋愛アプローチテクニック

【相談者:20代女性】
質問させてください。今、会社の同僚で気になる人がいます。普通に話すことはあるのですが、なかなか打ち解けて距離を縮められません。どうしたら距離が縮まりますか

qa_a まずは、深い話ができる場を作りましょう。

ご質問ありがとうございます。恋愛小説専門家の倉本真帆です。

心理学を参考に、アドバイスを小説風に仕立ててみましたので、ご覧ください。

130819kuramoto

 カランカラン、それはこの店のドアベルの音。

 お客様のご来店を告げるその音がなったら、私はコーヒーを準備する。

 『心理学でお悩み相談カフェ・お代はコーヒー一杯で』

 ここはちょっと風変わりな喫茶店。オーナーの私が、一杯のコーヒーと一緒に、相談を受けるお店なのだ。

 今日のお客様はどんな相談だろう。20代くらいの、女性――。

 「コーヒーをお持ちしますので、お席でお待ちください」

 そう声をかけ、お盆を用意する。

 「お待たせしました」

 テーブル席に腰かけた女性のもとへコーヒーを運び、私も腰かける。

 「お悩みを、お聞かせください」

 「気になる人が、同僚にいるんです」

 女性はそう話し始める。

 「職場では普通に話せるし、仕事中でなくても、顔を合わせたらあいさつもします。でも、今一歩距離を縮められないというか……」

 ため息をつき、コーヒーを飲む。

 「もっと親しくなるには、どうしたらいいんでしょうか」

 「そうですね……」

 私は少し考える。

 「“自己開示の法則”を使ってみてはいかがでしょう」

 「自己開示……?」

 「はい。より深い情報を話すことで、お互いの好感度がアップする、ということです」

 「確かに言われてみれば、そんなに深いことを話す機会はなかったです。でも、ちょっとそれって難易度が高いですよね」

 「そうですね。ふたりで仕事終わりに飲みに行く機会があれば、チャンスなんですが」

 「ふたりでというのは、これまでなかったです」

 「あとは、メールもなかなか使えますよ」

 私が言うと、メールですか……と女性は考え込む。

 「ええ、メールはお互いの顔が見えない分、深い内容を抵抗なく話せるものです。そこをうまく使って、距離を縮めることができるのではないでしょうか。思い切って、悩み相談を持ちかけてみるのも、いいかもしれませんよ」


いかがでしたでしょうか。

“自己開示の法則”をうまく使って、距離をぐっと近づけてみましょう。ただし、深い話をしても相手があまり乗ってこなければ、残念ながら脈はないかもしれません。見極めに使うのもよいでしょう。

参考になさってみてください。

●ライター/倉本真帆(恋愛小説専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする