束縛をしない女になる方法

【相談者:10代女性】
私には1つ年上の、付き合ってもうすぐ2か月の彼がいます。そこで相談させていただきたいのですが、彼は人とのつながりを大事にしたい人で、よく女の子がいる状況で飲みに行きます。私にはそれがどうしても耐えられません。彼ははっきりした性格なので、中途半端に女の子にちょっかいはかけないと信じているのですが、お酒がはいるとどうしても心配で……嫌で嫌で仕方ありません。

重い女にはなりたくなかったけど、耐えられなくなって、付き合い以外で女の子もいる場所にのみに行くのを禁止してしまいました。彼には本当に申し訳ないです。この前一緒に花火を見に行ったのですが、急に強い雨がふってきたとき、彼は身を呈してビチョビチョなりながら私を守ってくれました。そういうことができる彼を、私はどうして信じられないのでしょうか。

ちなみに、私は遊ぶ友達があまり多くないです。上辺とかはいらないので、彼と私生活がかなり違います。長文駄文で本当に失礼だとは思いますが、このモヤモヤを解消する術を教えて下さい。よろしくお願いします。


はじめまして、恋愛コラムニストの内埜さくらです。ご相談内容、拝読いたしました。

これまで何人もの女性から、「重い女になりたくないのに、彼を束縛してしまう」といった相談を受けたことがあります。束縛してしまう手段は人それぞれですが、相談者さんもこのケースに当てはまりますね。

好きな人を束縛してしまう理由を、もっと深く自分に問いかけてみたことがありますか? 心の中のどこかに必ず、“理由”が眠っています。ただ、束縛してしまう多くの人は、「自分に自信がない」という特徴があります。

130817utino

自分を信じる気持ち

自分に自信がないなら自信を持てばいい、ということではありません。自信というのは、「自分を信じること」です。相談者さんには、「自分を信じる気持ち」が欠けているのではないでしょうか。

自分を信じる気持ちが欠けていて、「こんな私とつき合ってくれている」という思いがどこかにありませんか? 無意識にでもそういったネガティブな気持ちで彼と接していると、彼が異性のいる場に出るたび、「他に気に入った子が現れて彼に去られたらどうしよう」と不安になってしまいます。「こんな私と……」と、自分で自分の評価を下げている人は意外と多く、原因は家族や友人、または過去の恋人などに起因していることが考えられます。

もっと自分を信じてあげましょう。

彼を信じることは、自分を信じること

自分が信じた人を疑うことは、自分を疑うことにつながります。自分を信じられないから、彼を信じられないのです。

そして、信じた以上は、もし裏切られても、それは信じた自分の責任だと思うこと。これが、自分の人生に自分で責任を持つ、ということです。

この覚悟ができないために、あらかじめそうならないよう、相手に迷惑をかけてまで束縛してしまうのです。それは、単なる自己保身です。本当に相手を思うなら、まずは相手を信じて、相手が心地いいと感じる環境を作るのがパートナーの役目ではないでしょうか。

強い雨の中、身を呈して相談者さんを守ってくれた彼は、不誠実な相手ですか? 違いますよね、相談者さんを大切に思ってくれています。もっと自分と彼を信じてあげましょう。男性は女性より、「信頼されていない」と感じると気分が落ち込むものです。

それに、束縛する相手を「かわいい」と思えるのも最初のうちだけ。関係が落ち着いてきたら窮屈に感じて、彼に距離を置かれてしまうこともありますよ。相談者さんに攻められるのが嫌で、嘘をついて出かける可能性もあります。ですから、自分を信じるのは、未来の相談者さんのためにもなるのです。

といっても、急に気持ちを切り替えることは難しいと思うので、まずは自分1人の時間を充実させる練習をしましょう。仕事が充実していて忙しい人は、他人の悪口を言う暇がないのと同様に、飲み会に女性がいるという些細な事実ばかりに目をとらわれずにすむようになってくるはずです。

それでもどうしても束縛してしまう、という場合はまた連絡をくださいね。

●ライター/内埜さくら(恋愛力アップ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (9)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする