「理想の男性はドコにいる?」と探している人の根本的理由

【相談者:20代女性】
理想の男性を追い続けているうちに、28歳になってしまいました。1か月くらい付き合って、「ああこの人じゃない」と思って別れる……こういうのをずっと繰り返してきました。理想の男性とはどうやったら出逢うことができるのでしょうか

qa_a 他人が「はい、これが答えです」と言えないこともある。

こんにちは、ミクノです。

理想の男性ねえ……よく聞く言葉ですよね。理想の男性を探そうと思えば、まずあなたがなにを理想としているのか? について知らないといけないのだと思います。

130816mikuno

すごくシンプルな「理想」

たとえば、アスリート同士で結婚しているパターンってあるでしょう? シンクロの五輪メダリストの奥野史子さんと、陸上の五輪メダリストの朝原さんが結婚したようなケース。

こういうカップルは、おそらくお互いに、「どんな相手がじぶんにとっての理想か」ということを知っていたんだろうと思います。

まずは、じぶんが現役選手として長く活躍したい。そのためには、おなじような分野で頑張っている人を生涯の伴侶とし、悩みを相談したり支えあったりしたい。あるいは、栄養に気を遣った食事を食べたいとか。運動をすることが太陽のように生活の中心にあるから、自動的にパートナーを選ぶ基準が明確になるのでしょう。

安心感の裏側

ご質問なさっている女性は、おそらく派遣社員とかフリーターで、じぶんがなにをしたいのか、この長い人生においてじぶんはなにを成し遂げようとしているのか、ということが明確になっていないのではないかと思います。

要するに、「みんなと似たような人生」を送っているのだろうと思います。みんなと似たような人生は、安心感がありますよね。誰からも後ろ指をさされることなく、過不足なく安全に生きてゆけるという安心感。

でも、その裏側には「選べない苦しさ」があり、恋愛とか結婚とか就職という、「ひとりでやらなくちゃならないこと」がうまくできないのだと思います。

こういうのは、「じぶんはどうしたいのか?」を考えるクセをつけないと、ずっとこのままではないかと思います。

そのうち答えは出る

ずいぶん昔は、いい男の基準は社会的に1つに統一されていました。まだ終身雇用制度があり、高い洋服は一見してそれとわかり、学歴神話も崩壊していなかった。

でも今は、企業名でも大学名でも洋服でも、「いい男」を選ぶ基準になってくれないですよね。個人の時代になったということはこういうことで、つまり、考えることができない人は、いつまでも、「あたしの理想の男性はどこ?」とか、「あたしはなにをしたいのだろう」と悩み続けるのでしょう。

唯一救いがあるのは、こうやって少しずつでも悩んでいると、それは「多少は」考えを深めていることになるので、いずれ答えが出るということです。

あなたにとっての「理想」とはなにか? あるいは、「この人生でなにを成し遂げたいのか」。これらは、他人が「はい、これです」と解答を差し出せるものではないので、答えが出るまで考えましょうとしか言えないですね。

だいじょうぶ。そのうち答えは出ます。

●ライター/ミクノトモ(コミュニケーションデザイン専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする