結婚したら苦労する? 浪費家な女性の長所5つ

【相談者:20代男性】
結婚したい人がいます。優しくて素敵な女性ですが、ブランド好き、グルメなど……“浪費家”な一面があります。結婚したらお金の使い方を変えてくれないと困ります。アドバイスをお願いします

qa_a お金の遣い方を知っている人は、節約の仕方も知っている。

ご相談をありがとうございます。自分売り専門家の酒井なるみです。

ご相談内容に目を通して、まず疑問が浮かびました。相談者さまの金銭感覚は一般的なのですか? また、一般的な金銭感覚とはどんなものなのですか?

たとえば、彼女に言わせれば、あなたはもしかしたら「ケチ」かもしれません。つまり逸脱していない限り、金銭感覚は相性チェック項目のひとつにすぎないということです。

今回は、ブランド・グルメ好きを称する女性たちにリサーチしてみました。

130815sakai

ブランド・グルメ好き女性の長所

まずは、「浪費家なところを治す」という上から目線をやめ、彼女の考えを理解する努力をしてみてはいかがでしょうか。

その1:見る目を養っている

一流のものには、ときに「ちょっと背伸び」してでも触れる価値があるという考えもあります。凝っているものには、彼女なりの考えがあるのではないでしょうか? 

その2:節約の仕方を知っている

彼女のお給料は限られています。ということは、限られた収入の中で、何かを節約し、何かにお金をかけるという選択をしています。彼女は節約の仕方もちゃんと知っている、と思うのが自然です。

その3:「独身時代のお金の遣い方」と考えている

「こんなふうにお金を使うのは、独身の間だけ」という気持ちを持っている女性は多いようです。あなたの収入はとっくに把握しており、結婚したらどんな生活をすべきか重々承知しているのでは?

その4:浪費家とは違うと思っている

そもそも、「浪費家」扱いをされること自体、心外だと感じる可能性がります。自分とお金の遣い方が違うだけで「浪費家」呼ばわりされるなら、お前は「ケチだろ」と思われかねませんよ。

その5:お金を使うところの価値観が定まっている

お金を使うところの価値観が定まっているという意味で、判断力を磨いてきた女性は結婚後も、「これにお金をかけるけど、これは100均で十分」という判断も上手にできそうです。

彼女の金銭感覚に興味を持つことが大切

彼女のことを実際に知るワケではないわたしに言えるのは、結婚を考えるくらいの相手なのであれば、陰口を言うよりも彼女のことを知ろうとする気持ちを大切にしてください。

「僕と結婚したら、なかなかここまでは贅沢させてあげられないかも……」と、素直な気持ちを打ち明けるのもありだと思いますよ。

がんばってください。

●ライター/酒井なるみ(自分売り専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする