弁護士が語る“社長の愛人”になるリスク

【相談者:40代女性】
私は現在、社長秘書として勤めております。実は、社長と愛人関係にあります。ですが、最近社内で私と社長の関係が噂され、自分の立場が危うくなった社長は、私に別れ話を持ち出してきました。許された関係ではないですが、私も生活があるため、職場を辞めたくありません。ですが、「別れ=解雇」という流れになっています。

こういう場合、私は辞めなければいけないのでしょうか? 教えてください。


社内における、許されざる恋……。なんて、感傷に浸っている場合ではありません。

社長が妻帯者である場合は、あなたが妻子から不法行為責任を問われて、損害賠償を請求される可能性もあります。不倫は、“違法行為”なのです。社長が妻帯者でなかった場合は、恋愛は自由ですから、もちろん合法です。

では、ここでの合法・違法は、解雇の適法性を決定するのでしょうか。

答えは、ノーです。社長との恋愛が合法であろうとなかろうと、解雇の正当性を基礎づける理由にはなりません。だいたい、社長だって同じなんですから、社長は助かってあなただけ解雇……。なんて処理が許されるわけありません。

とはいえ、社長だって馬鹿ではありません。あなたを解雇するために知恵を振り絞ってきます。解雇できるだけの理由を用意するのです。といってもただのあら探しですが……。

仕事中に会社のメールアドレスから私用のメールをしたことありませんか? 社長のスケジュールを組む際、小さなミスをしてしまったことは? 業務命令に違反したことは? 服装、大丈夫ですか? 外回り、ちゃんと働いていますか?

なにせ、相手は社長です。解雇したかったら、どんな些細な理由でも見つけて突いてきます。

社長の愛人じゃなくたって、こういう危険は常に付きまとっていると思った方がいいです。私も多くの相談者をみてきましたが、会社が本気になった時のあら探しには、すごいものがあります。そんなことする暇があるなら……。っていうぐらいすごいです。想像以上に本気です。

そんな、利益を上げること以上に本気になっている会社を相手にするんですから、従業員個人ではなかなか闘えないですよね。

130813hourtu

でも、個人でもできることはあります。それは、会社に対する予防策をうっておくことです。

もちろん、まじめに勤務することが一番ですが、万が一ミスをしてしまった場合には、きちんと理由を報告して謝罪するなど、ミスに対して真摯な態度で臨むことが必要です。法律は、些細なミスには厳しくないのです。厳しいのは会社だけです。

実は、会社に対して真摯に謝罪をして許してもらった。その事実こそが重要なのです。だって、一度は許したことで解雇なんて、できませんからね。あまりに数が多かったらそれは問題ですが。

ちなみに、上司とのやり取りを録音したり、友人にメールで報告したりするなど、会社から許してもらった事実を証明する証拠を残しておくことも有用です。裁判なんて基本、証拠、証拠の世界です。

まぁ、一番いいのは、社長の夜の弱みを握って解雇させないことですけどね……(笑)(脅迫は、犯罪です。良い子のみなさんは、絶対にやめましょう)。

【関連コラム】
社長の愛人が社宅に住んでいた場合の対処法

●ライター/刈谷龍太(弁護士:東京弁護士会所属)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする