「ゲイ=男性が好き」とは限らない? 十人十色のセクシュアリティの形

【相談者:20代男性】
こんにちは。僕の知り合いにゲイとカミングアウトしている男性がいるんですが、近々女性と結婚するという噂を耳にしました。咄嗟に、「ゲイなのにどうして?」と疑問に思ってしまったんですが、これって一体どういうことなんでしょうか。もしかして、偽装結婚というやつでしょうか。教えてください。よろしくお願いします。

qa_a偽装結婚ではなくても、ゲイの方で女性と結婚している方はいらっしゃいますよ。

こんにちは。ライターの雪見かおるです。ご質問ありがとうございます。

質問者さんの知り合いにゲイの方がいて、その方が近々女性と結婚する。「ゲイなのにどうして?」と疑問に思ってしまったとのことで、もしかしてこれは偽装結婚なんじゃないのか? というご相談ですね。

質問文を読む限りでは、その方が偽装結婚なのかまでは分かりませんが……。たしかに一昔前までは、ゲイだということを周囲(親や身内)に隠すために偽装結婚をして家庭を持つ、という手段が取られていたみたいですね(今でもあるのでしょうか?)。

なので、質問者さんのその方が偽装結婚という手を取った、という可能性も考えられないことではないですが……。ただ、ゲイの方でも女性を恋愛対象としている(見れる?)人はいるんですよ。

こう聞くと、「ええ? どういうこと?」と驚かれるかもしれませんが、人のセクシュアリティというのは実にさまざまな種類があって、必ずしも、「ゲイ=男性が好き」という形になるとは限らないんです。

130809yukimi

たとえば、ゲイの方でも性的魅力を感じるのは男性だけど、恋愛対象としてなら女性もアリという方も少数ながらいらっしゃいますし、これはバイセクシャルの方にも同様に、男性は性的魅力を感じるだけで恋愛対象じゃない。むしろ、恋愛対象は女性だけ、とセクシュアリティをきっちりと分けている方もいるのです。

あまりこの手(セクシャル・マイノリティ)の話題に馴染みのない方が聞くと、「ゲイ=男性のみが好き」「バイ=男女両方好き」という単純な発想になりがちなんですが、意外と人によってセクシュアリティの幅は広く、言葉の意味だけでは一概に言えないことも多いんですね。

まさに10人居れば、10人のセクシュアリティがあるように。人を好きになること、人の性別のことはハッキリと白黒つけられるものではなく、「虹色のようにグラデーションなんだ」と捉えた方が当事者にとっても、当事者を目にした周りの人たちにとっても、いま以上に理解が深まるのではないでしょうか。

またなにか、ほかにも質問したいことがありましたら、遠慮なくご相談くださいね。お待ちしております。

●ライター/雪見かおる(セクシャリティ専門家)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (10)
  • うーん (17)

注目の記事

恋愛jpをフォローする