モテる恋愛テクニック3つと使用上の注意点

たくさんのモテテクが世の中に存在します。

好きな人に好かれることほどしあわせなことはありません。それに、他の男性からもチヤホヤされるのも、嬉しいものですよね。

そのために、いろんな恋愛テクニックを使い、彼の心をつかんできたことと思います。しかし、ちょっとした勘違いによって、“モテない女”になってしまうことがあるのです。

そこで今回は、「モテない女にありがちなミス」をご紹介します。

130808katase

(1)「追いかけたくなる女」になる

これは、男ゴコロをつかむ恋愛テクニックの王道です。実際に、このテクニックは男の本能をくすぐる有効なテクニックとも言えます。

しかし、追いかけたくなる女と言うのは、決して素っ気ない態度をとることではありません。ここを間違える女性がとても多く、「そんな態度とってたら、あっさりと男は諦めちゃうよ」と言いたくなります。

男が追いかけたくなる女と言うのは、男の都合を優先しない。自分の時間を大切にしている女性のことを言います。予定がないのに、「予定があるから無理」なんて断るくらいなら、楽しむけど男が消化不良に思う程度で切り上げる方が効果的です。

(2)「甘え上手な女」になる

これも、男ゴコロをつかむ恋愛テクニックの王道。甘え上手な女性はモテます。

しかしこの甘え上手も、ただなんでも「できない、やってほしい」「私甘えてあげてるよ」と言うスタンスでは、男ゴコロをつかむことはできません。甘えるポイントは、“基本的に自分で頑張ってみたが、私じゃどうにもならない。あなたしか頼れる人がいない!”のスタンスです。

なんでもかんでも、やってもらおうとするのは、単にワガママな女であったり、男を使ってるだけに思えてしまいます。甘えることの根底に、「あなただからこそ頼れる」と言う気持ちが大切です。

(3)「隙を見せる女」になる

隙を見せることで、アプローチできる環境を女性側が作っているため、男も積極的な行動を見せてくれるようになります。

しかし、この隙を見せることで、たくさんの恋愛相談をうけます。「隙を見せると良いと雑誌で読んだので実践してみると、簡単にやれる女と思われてしまいました」というもの。隙の見せ方を間違えると、簡単にできると思われてしまうのも事実。まだ自分がそういう関係を望んでいない場合の隙を見せるコツとしては、壁を作らないと言うことです。

「別に……」「あんまり……」などのネガティブ発言はせず、態度にださない。自分の話もきちんとする。相手の話も聞く。

当たり前のことですが、隙を見せると言うのは、相手に入る隙間を与えることですので、極端な行動(過剰なボディタッチなど)は、誤解を生む原因です。


しあわせな恋愛をするためには、恋愛テクニックを参考にし実践することも1つです。

しかし、その解釈を間違えてしまうと、しあわせな恋愛を遠ざけてしまいますので注意が必要です。

●ライター/片瀬萩乃(しあわせ体質専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする