別れ際に言う「友達に戻ろう」の本当の意味とは?

【相談者:20代女性】
別れて1年ほど経ちました。最終的にはお互い番号を消し、「再会したときには友達に戻ろう」と、連絡をしない方向で別れました。彼とは共通の友人が多いので、その後も彼の話題を耳にしてどこか吹っ切れずにいました。そして先週、彼と再会。バーベキュー会で見た彼は変わらない姿でした

突然「好き」の感情が湧き上がったのですが、あのときの約束を思い出しました。友達として彼とやっていこう、と自分に言い聞かせました。彼を支える友達でいたいと思います。でも、いま彼にはたくさん女の子の友達がいる。知らない話、確実に私の知らない彼です。あの日、友達に戻ろうって言ったのに、なんか釈然としない部分もあって……。私のこの感情は友情なのかな。それとも……こんな気持ちなら友達でいる意味ないですよね。

qa_a 残念ながら「恋人にもっとも近い友達」という意味ではないのです。

こんにちは。ライターのたえなかすずです。

友情にもいろいろ種類があるんですよ。バーベキューでひさびさ会う友達。よく飲む友達。同性みたいな友達。悩みを打ち明ける友達。世間話しかしない友達。SNSの友達。まあいろいろあるわけです。あなたは、「バーベキューでひさびさ会う友達」ということです。

「友達でいよう。友達に戻ろう。」

終わった恋人に言う、「友達でいよう。友達に戻ろう。」の言葉は、あまり鵜呑みにしないほうがいいですね。それは、なかなか別れに納得しない相手を説き伏せるために言う台詞なのですから。相手もそう言えば引き下がってくれますしね。

しかもあなたが、「友達になりたい」と希望したのだとしたら、その最後の希望をかなえてあげたと言うのもあるでしょう。「いつか再会したらね」なんて遠い遠い約束のようなもの。社交辞令だと思います。元彼女と友達になったからって、「来週から友達として遊ぼうね~」とはならないと思います。

130808taenaka

「好きだから友達と言ってそばにいたいのに、つながってたいのに、なんか余計な女が友人としていっぱいいるんだけどナニ?」と気に入らないのは分かりますが、そりゃ知らないことはありますよ。一年も離れてたのですから。友達として生きるなら彼の恋も応援してあげないと。それが友情なのでは? 

恋愛を欲さずにフラットな気持ちで身近にいるのが友達ですよ。好きな感情があるなら、無理をして友達でいたいと思わなくていいのではありませんか。好きなまま彼の周りにいたら、またモヤモヤした感情が増えるだけ。何度も振られたような気分になりますよ。

それに、好き好きオーラが出てます。気がついてないかもしれませんけれど。なので、彼にばれているのではないかと思っています。あまり顕著だと、今度はバーベキュー会にも彼が来なくなったり、あなたが呼ばれなくなったりするので、出さないほうが賢明かと思います。彼も居心地が悪くなってしまいますしね。

そこで、知人の独身女性に意見を聞いてみました。

『私ならバーベキューのイベントなども出ないで、ひょいっと半年後くらいに顔を出します。完全に会わなければ忘れていますし、再会したところでなんとも思いません。すっぱり切るのもいいかも。彼の噂も聞こえないところにいるのがいいと思います』とのこと。

本当に彼を友達として支えたい、彼の恋も応援したいと思うなら、縁を切ってしまうのがいいでしょう。それも友情なのですね。

見えないところで彼を応援する。そのうち忘れてしまうでしょう。忘れたころにまた再会すれば、別の位置から彼が見えて、やっぱり復縁したいか、それとも彼を吹っ切ることができたかどうかが、分かるのではないかと思います。

●ライター/たえなかすず(恋愛短歌専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする