これって公然わいせつ罪? ミニスカや胸の谷間など“露出の高すぎる服装”の境界線

【相談者:20代女性】
先日彼と一緒に渋谷でデートをしていたら、夏だからなのかとても露出の高い服を着た女性が多く、彼の目線がその女性たちを追っていました。夏ですし、暑い理由はわかりますが、胸の谷間や、パンツが見えそうな短くて浅いショートパンツをはいて、その露出が原因で犯罪に巻き込まれても仕方ないと思います。

また、彼氏がそんな女性ばかり目で追うのも面白くありません。こういった女性たちは男性を挑発しているし、裸も同然だと思います。ファッションは自由ですが、どこまで許されるのでしょうか?


初めまして! ご相談ありがとうございます。アディーレ法律事務所の弁護士・佐藤大和です。

この季節は男性にとっては素晴らしい季節ですよね! 僕自身も街を歩いていると、ついついセクシーな女性を目で追いかけてしまうため、彼氏の気持ちがすご〜くわかります。これは悲しいですが、男性の性でしょうね。特に胸の谷間をだして、ミニスカートで歩かれると思わずさわ……と大変失礼しました。

さて、最近のファッションを見ていますと、「そこまで見せるか!」というのもありますよね。男性としては嬉しいですが、どこまでが許されるのでしょうか。 

130806houritu

まず、刑法という法律では、読者の皆さんも聞いたことがあるかと思いますが、「公然わいせつ罪」という犯罪について規定しています。この公然わいせつ罪では、公然と下半身の大事な部分を露出したり、みだらな行為をしたりしてはいけないとしています。つまり、この犯罪では、「“大事な部分”の露出」が、一つのボーダーラインとなっているといえます。

過去に、上下ストッキングの男性が逮捕されたことがありました。この逮捕された事例では、裸ではなくストッキングを着用していました。ですが、なんと全身透けていたのです! ということで、何かうすい布生地など着用していても、透けていてはダメなのです。

では、大事なところさえ隠していればセーフなのでしょうか。実は、そこまでいかなくても、軽犯罪法という法律で、「公衆の目に触れるような場所で公衆にけん悪の情を催させるような仕方で、しり、もも、その他身体の一部をみだりに露出した者」を罰すると規定しています。この法律のポイントは、「けん悪の情を催させるような仕方」という部分といえますね。

例えば、ミニスカートやローライズといった格好では、ももやお尻が普通に見えていますよね。でも、こういった格好は、現代の日本では、ファッションの一部として確立しています。そのため、「けん悪の情を催させるような仕方」とはいえないでしょう。このようにファッションとしてある程度確立しているのであれば、多少過激な格好でも、犯罪とはならないといえます。

言い換えれば、たとえ大事なところを隠していても、ファッションとして確立していないきわどい水着や服を着て外を歩いていたら、犯罪になってしまう可能性があるということです。

夏! と言えば、開放的な気分になりますし、体に自信がある方はアピールしたいと思います。お気持ちはわかりますが、露出の程度もみなさん、気を付けてくださいね!

そこのあなたは大丈夫ですか?

●ライター/佐藤大和(弁護士:東京弁護士会所属)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (5)

注目の記事

恋愛jpをフォローする