女性が嘘をつく心理と理由2パターン

【相談者:30代男性】
相談します。僕には現在3年半ほど付き合っている彼女が居ます。付き合う前、デートしていた頃から遅刻の理由や、会っていない間の話のつじつまが食い違っていたり、よくありました。まぁその時は、気を遣って本当の事言えなかったんだろうとか、軽い気持ちで流していました

しかし付き合っていくうちに、彼女が頻繁に嘘をつく子だと感じることが多くなりました。その嘘自体は、別に問題になるようなことでもない小さなことなので、僕自身も特に咎めたり責めたてたりすることはしないです。彼女もバレていると思っていないでしょう。

例えば、

・昨日は飲みに行って終電で帰ったというのが、後から共通の友人から聞くと終電を逃して夜中にタクシーで帰った
・友達と食事に出かけた(○○に食べに行った)というのが、始終ドライブしていたこと
・午後からデートのとき、ギリギリまで家で寝ていた、それが実は朝から起きて家族とランチを食べに行っていた

こんな感じなので、特に責めることもないのですが、僕自身モヤモヤします。実は僕が気がついていないだけで、もっと重大な嘘をついているんじゃないかと疑ってしまいます。最初は心配したり悩んだりもしましたが、今では、彼女の連絡報告は7割は“多分嘘だろうなぁ”と思いながら聞き流しています。

でも、僕もそろそろ結婚とか考えたりします。同棲したり、付き合う分には気心知れている仲だし問題はありませんが、その点では彼女と末永くいることは難しいのかなと感じています。このまま自然に身を任せるか、関係性をはっきりさせるか、どうしたらいい方向にいくのかを相談したいです。宜しくお願いします。

a “嘘をつくこと”ではなく、“嘘をつく理由”まで許せるかどうか。

こんにちは、ライターの貴千尋です。ご相談ありがとうございます。

長く交際していると、相手の嫌なところがたくさん見えてきますよね。それをどう自分の中に受け入れて、尚且つうまく隠すかが、ある意味長く交際を続ける秘訣のひとつといってもいいぐらいです。

質問者さんも、最初は彼女の嘘1つ1つに過敏に反応していたということですが、現在は上手く受け入れて上手いところに隠して、見えないようにしているといった感じがします。しかし、いつまでも2人だけで仲良く楽しくというのも、なかなかそういう訳にはいかないんですよね。

130806tihiro

R美さんの場合(20代後半/OL)

『私も、よくしょうもない嘘をついて、それが後から彼にバレて呆れられることがあります。でも、私的には嘘をついている自覚があまりないというか、本当の事を言ってもどうにもならない問題で喧嘩したり、彼に幻滅されたくないんです。敢えて理由があるとしたら、“虚栄”ですかね? 本当の事言って心配されるよりは、嘘ついて安心してもらえる方がいいです』

R美さんは彼に責められるタイプの方ですが、それでも自身に自覚が湧かないそうです。女性は割りと嘘をつくのが上手いといいますが、それは本人に“嘘をついた”という自覚があるときに限るようですね。自覚がない分、後から事実確認をすると辻褄が合わなくなるんです。それは突発的に、“その瞬間”についた方がいいと判断した嘘だからです。R美さんの場合の理由は、「心配させたくなかったから」とまとめられますね。

S子さんの場合(30代前半/看護士)

『若い頃は、わざとヤキモチを妬かせるために嘘ついたり(悪い意味で)、今となってはなんであんなことしていたのかも分かりません。今ではそういうのを上手に隠せるように嘘が上手くなりました。どうしても断れない病院の飲み会だと言って、他の病院のドクターとかとのコンパに行ったりとかしています。でも彼のことは好きなので、絶対バレないように根回しは徹底しています』

S子さんはまたちょっと違ったタイプ、完全に“嘘をついている”ことに自覚アリの方ですね。確かに、わざと異性に言い寄られているという嘘か、またはその事実を2割増しぐらい大げさに話す人って居ますよね。これは男性にも女性にも言えることだと思います。現在のS子さんのように、彼のことは本気で好きなので、自分の楽しむことに関しては上手に嘘をついてエンジョイする、というスタイルなんでしょうね。S子さん曰く、「嘘を隠すのではなく、嘘をついた事を隠す。それでお互いが幸せならいいのでは?」とのことです。


今回の相談者さんの彼女は、どちらかというとR美さんのタイプに近いのではないでしょうか? でも、私から言わせてもらえば、“嘘をつくこと”にタイプもボーダーラインもありませんよ。これ程度の嘘はいいとか、これを越えたらちょっと考え物だなとか、どこからが浮気? ってコンパで盛り上がるぐらい不毛な会話だと思いますね。

ただし、虚栄を張りたいという理由に対しては、現代社会を生きる人間には必要な処世術ではないでしょうか? ダメなとこまで愛し合いたい人も居れば、好きな相手にこそ、ダメなところを見せたくない人だって世の中にはたくさん居ますもんね。

今回の対処の第一段階として、嘘をついてしまう女性の心境を知ることができました。第二段階で相談者さんにしていただきたいのは、それも踏まえた上で、彼女に“嘘をついた理由”を聞いてみてください。彼女の嘘をつく理由はもちろん分かりませんが、おそらく直らないと思います。

相談者さんは、彼女の嘘を責めているのではなく、結婚などを考えたときにこの相手でふさわしいのか? というところでしょう? それは周りの誰かが決めることではなく、相談者さんが決めることです。その判断の1つとして、彼女の“嘘をついた理由”を聞き、それを受け入れられるかどうかです。

相手のためを思っての嘘なのか、自分の保身のための嘘なのか、それとも自身は“嘘”自体許せない人間なのか?

でも、彼女と“彼女の嘘”を、別々で考えるのはなくオマケとして捕らえるのも、まさにポジティブシンキングですよね!

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (11)
  • うーん (15)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする