映画『100回泣くこと』で彼の結婚観をジャッジする方法

【相談者:20代女性】
私は就職活動中の大学生です。私には高校の時から付き合っている彼氏がいるのですが、彼はよく、「結婚しよう」と言ってくれます。とても嬉しいのですが、まだお互い同い年で就活も忙しいし、しょっちゅう言われるのでリアルじゃないように聞こえてしまいます。結婚ってそんな簡単に口にできるものでないと思いますし、もっとしっかり考えないと、と思います。

彼は精神的に幼いような気がしますが、彼が本当に本気であれば、私も真剣に受け止めてこれからのことを話し合いたいです。真面目な話ができるいい方法があれば教えてください。

qa_a 深く切ないラブロマンス映画から真剣話に持ち込もう。

ご相談ありがとうございます。

学生同士で結婚されたり、卒業後に就職してから結婚されたりするカップルもいるので、それが彼からのプロポーズの言葉であったらよく考える必要があります。

しかし、まだ彼の考え方が若くて、口癖のように「結婚しよう」と言っているのであれば、言われている彼女としては戸惑いますし、どのように受け止めればいいのか複雑ですよね。

その場合、切ない愛が描かれたラブロマンス映画を彼と一緒に観賞すると、本心を伺いやすくなるのでお勧めです。今回は、絶賛公開中の映画『100回泣くこと』を用いて、彼の結婚観や愛情を確認していきたいと思います。

130802tanaka

藤井くんに自己投影して観てもらいましょう

同作は、大ヒットを記録した中村航さんのロングセラー恋愛小説の映画版で、監督は『余命1ヶ月の花嫁』『きいろいゾウ』を手掛けられた廣木隆一さんによるもので、リアルな演出が追及されています。

記憶喪失によって彼女のことを忘れてしまった、“大倉忠義”さん演じる主人公の“藤田くん”。記憶をなくした藤田くんとの4年後の再会と交際に喜ぶも、あまりにも切なく哀しい真実を打ち明けられないでいる、“桐谷美玲”演じる恋人役の“佳美“。若い二人の儚い恋愛模様が描かれ、心に残るラブストーリーです。

6月17日、男限定の涙活(るいかつ)イベントと協同で行われた試写会では、およそ100人の涙活男子が集まり、その多くが“男泣き”をした映画『100回泣くこと』。

涙活考案者の寺井広樹さんによると、「相手を想い合う気持ちに、涙が止まらない。彼女や結婚に対して、自分だったらどうしていたかを考えてしまった」とのことで、気になる彼には、藤井くんになった気持ちで観てもらうよう呼びかけておきましょう。

藤井くんの決断力について聞いてみましょう

「死が二人を分かつまででいい。それまででいいから、一緒にいたい」と、辛く苦しい愛の言葉が印象的な恋人、佳美への主人公の藤井君の想いや決断について、あなたの彼はどのように考えたでしょうか。

仮に恋人の佳美があなただった場合、一つひとつが貴重な時間となるそのときに、逃げだすのか、受け止めてそばにいたいと思ってくれるのかも気になるポイントです。

プロポーズした藤井くんに対して、結婚を1年後に引き延ばすという“慎重な返答”をした佳美の深い愛など、簡単に結婚話を持ち出す彼に、知っていてほしい結婚観ではないでしょうか。

また、映画に出てくる“愛の誓い”の意味を彼と一緒に話せば、これからの彼が考える二人のビジョンを聞き出すことができるでしょう。

就職活動に恋愛、結婚……、将来について考えることが多い毎日だと思いますが、上手く前進しますよう、応援いたします。

●ライター/田中あづみ(未婚化対策専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする