職場の飲み会をうまく断る方法

【相談者:20代男性】
会社員です。勤務先が古い体質で、よく先輩や上司から飲みに誘われます。お酒は嫌いじゃないですが、仕事の後まで会社の人と飲みたくないので、できればうまく断りたいです。無理やり来いと言われることはないですが、行かないとそれなりに気まずい雰囲気になるので困っています。なにか良い方法があったら教えてください。


こんにちは。コミュニケーションスタイリストの吉戸三貴です。

「気が進まない会社の人との飲み会を、角を立てずに上手に断りたい」というご相談ですね。同じような悩みを持っている方は多そうです。

会社員を対象にした職場の飲み会に関するアンケートでは、程度の差はありますが、半数以上の人が、終業後の飲み会を、「仕事に関連する時間」としてとらえていることがわかったそうです。

そうなると、プライベートでお酒を飲むようにリラックスして過ごすのは難しいですね。かといって、飲み会が盛んな会社の中ですべての誘いを断ると、上司や先輩があなたに避けられていると感じて、日頃の人間関係がギクシャクしてしまう可能性もあります。

130731yosido

お酒を通してコミュニケーションをとりたい上司世代の気持ちも大切にしつつ、あなたがゆっくりできる時間も確保するために、

・3回に1回くらいは参加する。参加する時には幹事を引き受けて好きな店や料理を選ぶなど、自分も楽しめる要素を見つけて積極的な姿勢をみせる
・参加する会のうち、5回に1回程度は、納得してもらえる理由をつけて途中で帰る

など、折衷案を考えてみてはいかがでしょうか。

すべてに行かなくても、参加した時の印象を強めれば、全体的に飲み会に前向きな感じを与えることができますし、時々うまく中座ができれば、長時間付き合わずに済みます。もし、毎週金曜日に誘われることが多いなど、パターンがあれば、声をかけられてから慌てるのではなく、事前に、「今週は特に予定がないので行っても良い」「来週は友達に会うので避けたい」など、判断基準を持っているとスマートに断ることができます。

上司や先輩も良かれと思って誘ってくれているはずなので、不参加を伝える時には、お誘いに感謝しつつ丁寧に理由を説明しましょう。「ぜひという気持ちはあるのですが」「今回は残念ですが、次回を楽しみにしています」のように、最初と最後の言葉を一工夫すると、表現全体が柔らかくなります。相手が望まない回答をする時ほど、伝え方には配慮が必要です。

お互いにとって、無理のないリズムで参加できると良いですね。

【関連コラム】
上司からの飲み会の誘いをうまく断る方法

●ライター/吉戸三貴(コミュニケーションスタイリング専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする