彼氏を初心に返らせる“ラベリング効果”活用術

【相談者:20代女性】
付き合っている彼について相談させてください。始めはすごく優しい彼だったのですが、最近は、釣った魚にえさはやらないといったような状態です。もう一度優しい彼に戻ってもらうために、できることはありませんか?

qa_a 肯定的なラベリングを行うことで、良い方向に矯正することができます。

ご質問ありがとうございます。恋愛小説専門家の倉本真帆です。

心理学を参考に、アドバイスを小説風に仕立ててみましたので、ご覧ください。

130729kuramoto

 カランカラン、それはこの店のドアベルの音。

 お客様のご来店を告げるその音がなったら、私はコーヒーを準備する。

 『心理学でお悩み相談カフェ・お代はコーヒー一杯で』

 ここはちょっと風変わりな喫茶店。オーナーの私が、一杯のコーヒーと一緒に、相談を受けるお店なのだ。

 今日のお客様はどんな相談だろう。20代くらいの、女性――。

 「コーヒーをお持ちしますので、お席でお待ちください」

 そう声をかけ、お盆を用意する。

 「お待たせしました」

 テーブル席に腰かけた女性のもとへコーヒーを運び、私も腰かける。

 「お悩みを、お聞かせください」

 女性は、付き合っている彼氏について話し始める。優しかった彼が、次第に変わっていってしまったらしい。

 「横暴だとか、そういう感じではないんですよね」

 「ええ。気づかいがなくなって、優しいと思えなくなってきましたが、横暴だとかそういった感じではありません」

 なるほど、と私は頷く。

 「では、『ラベリング効果』という手法を使ってみましょうか」

 「ラベリング、効果……」

 「簡単に言うと、“あなたってこういう人よね”ということで、言われた相手が無意識にその姿に近づいていく、というものです」

 「でも、“優しい人ね”と言ったら、今のままでもいいんだって思われないでしょうか」

 女性は心配そうに訊ねる。

 「理由を一緒に言うようにしてみてはいかがですか? たとえば、“荷物を持ってくれるなんて、優しい人ね”とか、“ありがとう、すごく助かっちゃった。優しいのね”という風に、彼が見せたほんの少しの優しさにも感謝して、“優しい”とほめてみてください」

 「たしかに、彼も以前ほどではないけれど、気づかってくれる場面はありますね。そういう場面で私が、“優しい”って言えば、彼も嬉しくなるかもしれないですね」

 「そうですね、きちんと認めてあげて、“あなたって優しいのね”と言ってみてください。きっと、また優しい彼になってくれると思いますよ」


いかがでしょうか。

『ラベリング効果』で、うまく彼の深層心理に働きかけることができるといいですね。ラベリング効果では、肯定的なことを言うようにしましょう。“あなたってどうして○○なの?”と否定的なことを言うと、逆効果になってしまうことがあります。

ラベリング効果をうまく使えば、次第に今の彼を理想の彼に成長させることができるかもしれませんね。

参考にしてみてください。

●ライター/倉本真帆(恋愛小説専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする