結婚相手と自然に出会うには?

【相談者:20代女性】
私の職場は既婚の男性がほとんどで、しかも2:8で女性のほうが多く、職場恋愛など望むべくもありません。また、比較的スタッフどうしのコミュニケーションが希薄なので、会社の人と合コンというのもありません。そろそろ結婚したいので焦っているのですが、どこに出かけると、男性と知り合うことができるのでしょうか。

qa_a 「連帯感」が生まれる職場というのは「あり」でしょう。

こんにちは。ミクノです。

こういう男女、本当に多いですね。こういう「出会い難民の実態」って、男女の恋愛を取材しないとわからないもので(婚活がはやっていると聞かされると、なんだかみんなが手軽に出会いをゲットしているような錯覚に陥るから)、たいていの場合、人は出会いがないことを理由に、婚活サイトに(婚活会社に)登録するようになります。

婚活サイトを活用してもいいとは思うのですが、そこに至るまでに、自助努力でもって出会いをつくりたいというのであれば、以下の方法はいかがでしょうか?

130726mikuno

そもそも「手近な」人と結婚している人が多い

いくつかの大手生活情報研究所が発表しているデータによると、既婚者の3~4割は、職場か大学で一緒だった人と結婚しているんですって! 白馬の王子さまがある日突然にやってくるわけでもなく、真夏の湘南で運命の出会いを経験するわけでもなく、「手近な」人らしいです。

ということは、あなたの場合は、即転職することでしょう。未婚男性が多い職場に転職をすることです。たとえばどこですかね? 家電量販店って、未婚の男性が多いように思いませんか? あくまでもたとえばですが。あるいは宅配ピザ屋さんとかレンタルDVD屋さんなどは、イケメンの学生と出会える確率が高いかもしれません。

お客さんとしてではなく、スタッフとして出会うことで仕事をしながら、イケメンと連帯感を創造していくところに、出会いのポイントがあるように思います。

弁護士だって出会いに飢えている

出会いがないと嘆いているのは、なにも女性だけでなく、たとえば、弁護士も出会いに飢えています。

弁護士さんが、日常的に出会う人は、(弁護士にもよりますが)裁判官、検察官、それから犯罪者です。マレに美人さんがカード破産の申請にやってくるようですが、それは「お客さん」であり、クライアントと恋に落ちると、仕事がやりづらいでしょう。

そういう弁護士さんのなかの何人かは、キャバクラにやってきて、そこで婚活をし、実際に結婚に至った人もいると聞きます。

まずは落ち着こう

つまり、大勢の人は、出会いがないのです。人はより素晴らしい出会いを得るために、日々、いろんな努力をします。逆に言えば、努力をしないとゲットできないのが出会いです。誰でもカンタンに恋愛ができるとアナウンスするのはマスコミですが、実態は、「ぜんぜん」そうではない。

誰しも出会いに飢えている。飢えている男性がどこにいるかを知り、飢えている男性が欲しがっているものを、適切なタイミングで提供できるようになれば、あなたはモテまくってしかたがない。こういうことが言えるでしょう。

がんばってくださいね!

●ライター/ミクノトモ(コミュニケーションデザイン専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする