「性格が合わない」と言って恋人を振る場合の、本当の理由4つ

【相談者:10代男性】
告白されてつきあうと、「性格が合わない」とフラれてしまうことがよくあります。自分でも理由がわかりません。勇気を出して理由を聞いても、答えてもらえません。誰にも相談できなくて、本気で悩んでいます

a「性格が合わない」と言われたときに、心当たりがないことが問題。

ショップ店員の経歴も持つ自分売り専門家の酒井なるみです。ご相談ありがとうございます。女子の本音が知りたいのですね。

「性格が合わない」と恋人にいう場合の本音をリサーチしてみました!

130719narumi

(1)愛情を試している

女はちょっとズルい生き物。「性格が合わない」と言ってみて相手の出方を待っていることも。そのほうが最初から、「ココ治して」と伝えるよりも効果的だという狙いがあります。

(2)本音を言うと関係が悪化するから

ケチだとかセコイなどの治しようがない性格の不一致。また、ある件からキライになったなど、決定的だが今さら蒸し返しても人間性は変わらないだろう……と感じると、女の心は急速に冷めるものです。

(3)人間関係が原因

彼の家族とソリが合わなかったり、自分の家族に交際を反対されているなど。簡単には解決できない問題を抱えるとき、のんきな男に対して女は孤独と苛立ちを覚えます。女は男よりも結婚に対してタイムリミットを感じやすい生き物です。

(4)生き方そのものが合わない

フリーターの彼を好きになったのだが、交際が進むにつれ、彼の生き方そのものに疑問や要望が生じてしまうケース。人生観という問題に直面したとき、別れを決断する……女は現実的な生き物です。

女は察してほしい生き物

別れの理由は星の数だけあり、推察することには限界があります。ショップ店員の世界でもそうですが、たとえばお客さまの様子から、「高いと感じている」とか、「下見っぽいから、今日は買わないかも」とか……言葉にされない本音を“察する力”が求められます。

「性格が合わないから別れたい」と言われたとき、もしも相談者さまに心当たりが何一つないとしたら……細かい理由というというよりも、そういう“鈍さ”に対する言葉の可能性が高い気がします。

●ライター/酒井なるみ(自分売り専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (10)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする