片付けられない女の特徴5つ

【相談者:20代女性】
いつも片づけたいって思っているのに、片づけられません。片づけ本も何冊も読みました。

片づけた人が、彼氏ができたとか、貯金できるようになったとか、痩せたという報告を見るたびに、私も、「幸せになりたい」と思います

どうしてがんばっても片付かないのでしょうか?

a 買って幸せになるモノはない。収納の前に捨てる。

こんにちは。菊乃です。

私の主催するセミナーでは、部屋の写真を持ってきてもらっております。彼氏が欲しいといいつつ、人を呼べる状態じゃない方が半数くらい。

そこで今回は、SmileFactry代表で、「捨てて元気になる」を提唱していらっしゃる、捨活アドバイザーの岡田敏子さんに、幸せが逃げていく片づけられない人の特徴5つをおしえてもらいました。

12488

(1)一気にやろうとする

片づけは一日5分で十分。5分でできる簡単なことからコツコツ始めましょう。

片づけようと思いつつ、変わらない人は一気に片づけようとします。ところが、やる気はそんなに続きません。最初に始めるのは5分でできる財布の片づけから。今日は財布の中だけすっきりしたら合格です。幸せになりたいなら、たった一人の自分に5分手間をかけてあげよう。

(2)「安い」「限定」「無料」から買う

必要なもの、不要なものの見分けがつかない。「安い!」「限定だから買わなきゃソン!!」「無料ならもらおう」で手に入れたものは、全て不要なもの。通販番組は、「安い」「限定」「無料」の悪魔のささやきのオンパレード。自制心がないなら近づかないように。100円ショップ、コンビニ、雑貨屋は誘惑だらけ。

(3)収納しようとする

モノを捨てて減らすという発想がなく、収納しようとするのが大きな特徴。ポケットの多いバッグだと便利そうとおもって買う方は、要注意。4つ以上ポケットがあっても、どこに何を入れたのかを把握できなくなり、結果として入れっぱなしやモノを無くします。

汚部屋一直線の負のスパイラルが、「しまう → 押し込む → 隠れる → 忘れる」。

(4)幸せになれるかもグッズ

アロマ、ハーブティー、パワーストーン、天使グッズ、スピリチュアル本、片づけ本、自己啓発本……これらは汚部屋からよく発見されるアイテム。「これを買えば幸せになれるかも」と知識やモノに依存して、行動も起こさずに買って解決しようとします。自分を幸せにするのは、自分だけ。

(5)片づけられないのをトラウマのせいにする

「子どもの時にモノを買ってもらえなかったから、モノに愛着を持ちすぎて捨てれないんです」「親をはやくに亡くしたから片づけられないんです」いい年をして、片づけられない理由に育った環境やトラウマを持ち出し、被害者面する方は多い。

食べ残しや使用済みティッシュのような明らかなゴミをゴミ箱に入れないのは、誰のせいでもなくてあなたのせい。片づけられるように成長していく人は、どうやったらできるかを考えます。片づけなくて済む理由を自分に言いきかせ、言い訳し続ける人は幸せに見放されるでしょう。


明日から一週間は冷蔵庫の中を毎日5分だけ片付けましょう。賞味期限があり捨てる判断がしやすい冷蔵庫の中は、片付けが苦手な人でも手を付けやすい所。

一気に変わる近道はありませんが、ほんのちょっとづつ捨てれば確実に変われますよ。

●ライター/菊乃(彼氏づくり専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、片付けられない女の特徴として、「一気にやろうとする」「収納しようとする」などの視点でアドバイスをいただきました。

「片付けられない人」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

こんな汚部屋はイヤだ!

片付けられない状態が続くと、どのような部屋になってしまうのでしょうか。片付けられない状態から脱出したい! という思いを強くしてもらうために、まずは汚部屋の最終形態を見てもらいたいと思います……。

出典:http://d.hatena.ne.jp/Ryu1019/20081226/p2

出典:http://d.hatena.ne.jp/Ryu1019/20081226/p2

まさに足の踏み場もない状態です。こんな状態では普通の生活を送れません。ご両親も部屋を持たせたことや一人暮らしをさせたことを後悔されることでしょう……。

片付けられない人の原因

小さいころから「片付けなさい!」と散々怒られてきたはずなのに、大人になってもなかなかできるようになりませんよね。片付けたいという気持ちは人一倍あるのに、なぜか体が動かない、忙しくて暇がない……。なぜ片付けたくても片付けられないのでしょうか?

1つ物を置きっぱなしにするとどんどん溜まっていく

ブロークン・ウィンドウ現象(割れ窓理論)』という言葉をご存じでしょうか? 1か所でも窓が割れていると、誰もその場所に関心を持っていないということになり、犯罪が起こりやすくなるという説のことを言います。

犯罪なんて片付けには関係ないのでは? と思うかもしれませんが、この考え方がぴったり片付けられない人にも当てはまるのです。

引っ越ししたての新しい部屋に物は落ちていません。最初は誰しも、この状態をずっと維持していこうと心に決めるでしょう。

しかし、1つ床に物を放置してしまうと、2つ目も置きやすくなります。3つ4つと増えていき、瞬く間に床一面物だらけに……なんて経験はありませんか?

床の物以外でも同じことです。少しでも悪い習慣を許してしまうと、それがどんどん悪化してしまうのです。

物が多い

これは女性に多い原因かもしれません。生活していると自然と物が増えていくのはしかたのないことです。しかし、不要になった物を捨てなければ増える一方です。

物が多い人は、物を増やしすぎてしまうというのもありますが、なにより捨てられないのです。いつか使うかもしれないから、もらい物だから、思い出の物だから、もったいないから、まだ一度も使っていないから……捨てない理由はいくらでも挙げられます。

捨てなくても片付けられればいいのですが、物が多いと片付けられなくなってしまうのです。どこから手をつけていいのかわからない、どこにしまっていいのかわからない、そもそも片付ける物が多すぎてやる気が出ない。「めんどくさい!」となってしまうのです。

片付ける必要がない

恋人や友人など、頻繁に人が家に来る人は「片付けられない」なんて言っていられません。汚くてもかまわず入れている人もいるかもしれませんが、よほど心を許した仲でない限り、人を招くときは片付けておくのが礼儀です。

他人に見られる機会があればそのときまでに片付けようという気になりますが、そうでない限り片付けに期限はありません。

すると、今週末に片付ければいいや、連休に片付ければいいや、大掃除のときにやればいいや……とどんどん先延ばしになってしまいます。ついには、「片付けなくていいや!」と思ってしまう人もいるかもしれません。

そして、片付いていないから家に人は呼ばない、と心に決めて、片付けのチャンスを自ら絶ってしまうのです。

また、ほこりアレルギーを持っていてこまめに掃除しないと体調不良を起こしてしまう人は片付けも頻繁に行うことになりますが、そういった緊急性がない人も先延ばしにしてしまいがちです。

151204tissue01

片付けられないのは病気?

片付けられない人は少なくありませんが、その状態が長く続いたり重度だったりする場合は病気である可能性があります。ただし、自己判断ではなく、必ず専門の医療機関で診てもらうようにしましょう。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

1つのことに集中できなかったり、物事の優先順位がつけられなかったり、ケアレスミスが多かったりするといった症状があります。

子どものころに発症することが多いそうですが、大人になってから発症することもあるそうです。不注意・多動性・衝動性の3つが特徴と言われています。

強迫性貯蔵症(ホーディング、貯蔵症候群)

ゴミ屋敷のニュースを見たことがあると思いますが、ゴミ屋敷を作り上げてしまう方に多いのは、“片付けられない”のではなく“物を溜め込んでしまう”ことです。なにが違うかと言うと、後者には最初から片付ける気がないのです。

強迫性貯蔵症になると、このチャンスを逃したらもう出会えない、と思い込んで物を集めたり、物を捨てることに不安や罪悪感を覚えたりします。

うつ

抑うつ状態に陥ってしまうと、何事にも意欲が湧かなくなります。当然、部屋を片付ける意欲も湧きません。それどころか、あらゆる物事に対する興味を失うため散らかっていることにも気付けなくなっていきます。

セルフネグレクト

日常生活を維持する意欲や能力を失ってしまうことを言います。食事や医療などを拒否し、不衛生な環境で生活を続け、最悪の場合、孤独死してしまう可能性もあります。

統合失調症

統合失調症になると、妄想や幻覚といった症状が出ます。物を溜め込むことが正しい、汚い状態が当たり前などと思い込んでしまいます。

160111kataduke

片付けられない人は太りやすい?

片付けられない人は生活習慣が全般的に乱れていそうなイメージがあります。実際に、片付けられない人は太りやすいと言われています。その原因を見ていきましょう。

汚部屋に住んでいるとストレスが溜まる

ごちゃごちゃしている方が安心する、という人もいますが、物が多い部屋にいると落ち着かない人も多いと思います。しかも、それが自分の部屋となれば、毎日毎日「片付けなきゃ」と思わなければならなくなります。

「ただいま」とドアを開ければ汚い光景が広がり、必要な物は全く見つからず、足の踏み場のない部屋では趣味もできず、恋人もできず……。

ストレスが太る原因になるのは周知のことですよね。ストレスは食欲を増大させます。ドカ食いしてしまうのもそうですし、部屋が汚いことで食生活もだらしなくなってしまうということもあります。

肥満指数と汚部屋度は比例する!?

私のところにダイエットのご相談に来られる方に、私が最初にする質問があります。

「ダイエット指導を継続的に受けられるのであれば、ご自宅に訪問させて頂くことになりますが、大丈夫ですか?」という質問です。

この質問に対して、標準体重からオーバーしている人ほど、「自宅は困ります」という返事が多い傾向にあるのです。何故なら、こういう人達はダイエットも部屋の片づけも、「明日から頑張ろう!」と全て先延ばしにする考え方の癖があるのです。散らかった部屋も、「今日は疲れているから明日、片付けよう」、ダイエットも、「今日はお腹がすいているから明日から頑張ろう」と何かと理由をつけて先延ばしにしてしまって、結局、何もしないダラダラとした毎日を過ごしているのです。心当たりはありませんか?

出典:部屋を片付けると痩せる!? ダイエットと汚部屋の関係

ダイエットをするときに「明日やろうはバカヤロー」と自分を奮い立たせますが、この“先延ばし癖”は片付けられない人にも共通するのですね。

また、イギリスでは、肥満は物を捨てられない人に多いという調査結果があるそうです。物が多い空間で生活していると、体にも脂肪を溜め込んでしまうのだとか。

太っている上に部屋が汚いなんて、と絶望的になってしまいますが、部屋をきれいにするとダイエットにもいい影響があるそうなので、落ち込んでいる暇があったら片付けましょう。

片付けられない人は運動しない

休日に一気に家事をやると気分がスッキリしますが、それ以上に疲れますよね。家事もカロリーを消費する運動なんです。つまり、片付けや掃除をサボってしまう人は、それだけ他の人より運動できていないということになります。

さらに、散らかった部屋では運動ができません。ダイエットしようと思い立っても、ストレッチやヨガをするのに十分な空間がないからです。これでは、ダイエットも片付けも先延ばしになってしまいます。

151211coco

片付けられない人は仕事もできない?

「片付けられない人は仕事ができない」という説を聞いたことはありませんか? 身の回りを整理できない人は頭の中も整理できないという理由で言われるようになったようです。そう言われるともっともな気がしてきますね。

しかし、いくら机の上がとっ散らかっていても仕事ができる人はいます。片付けられない=仕事ができないとは言えなそうです。

たまたま片付けられない上に仕事ができない人がいると、「片付けられないから仕事もできないんだ」と結びつけたくなるだけかもしれません。ただ、片付けられない人と仕事ができない人に共通する特徴もあります。

なんでも先延ばしにしてしまう

これまでも何度か出てきましたが、片付けられない人には“先延ばし癖”があります。自室の片付けはいつまで放置してもなにか起きるわけではありませんが、仕事の場合そうはいきません。

先延ばしにしても、いつかは手を付けなければなりません。先延ばし癖のある人では、その“いつか”が“問題が起こってから”になってしまうことが多々あるのです。

「まだ大丈夫だろう」と楽観せずに、先に起こり得ることを予測して早めに動き、さらにはなにか起きたときのフォローまで考えるようにしましょう。

自分で判断ができない

片付けには判断がつきものです。どこに仕舞うか、捨てるか捨てないかなど、1つ1つの物に対して判断をしていかなければなりません。

片付けられない人は、この判断ができないのです。仕事でも、判断ができないとそれだけ時間がかかってしまいますし、判断を誤ると大きなミスにつながります。

これは根拠のある判断基準を持つことで解決できます。最初から全て自分で判断しようとせず、わからないことはきちんと確認するようにしましょう。他人から判断の基準を学び、自分のものにすることも大切です。

bed-bedroom-room-furniture-large

片付けられるようになる方法

片付けられない人の特徴や片付けられないことで起こり得る実害がわかってきたと思います。それでは、“片付けられない”を脱出する方法を見ていきましょう。

“理想の部屋”を考える

ただ片付けよう、きれいにしようと思っても、なかなか片付けは進みません。一度きれいになったとしても、すぐリバウンドしてもとの汚部屋に戻ってしまいます。

「今日は疲れているから明日でいっか」と先延ばし癖が顔を出してしまうからです。では、先延ばし癖を引っ込めるためにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、強く“理想の部屋”を思い描くことです。理想の部屋がはっきりないから、ちょっとした汚さを許してしまうのです。

そんな精神論、とお思いかもしれません。しかし、片付けられない原因は精神にあるのですから、むしろこれと闘うには精神論しかないのです。

「もう二度と汚部屋には戻らない」と強く思い、理想の部屋を目指して1つ1つできることに取り掛かっていきましょう。

捨てる物ではなく残す物を選ぶ

「なにか捨てられる物はあるか」と考えると、「ない」という結論に至ってしまいます。なぜなら、捨てないための理由はいくらでもあるからです。一度は自ら手に入れたものですから、それが必要な理由はすぐに見つかるはずです。

そこで、“残す物を選ぶ”という考え方に変えてみてください。これさえあれば生活できる、という必要最低限の物だけを考えてください。断捨離でもよく聞く方法ですね。

最初から必要最低限に減らすのは難しいかもしれませんが、これがハマると快感になるようです。そこまで行けばもう汚部屋とはおさらばできているでしょう。ハマるまで辛抱して続けてみてください。

サービスを利用する

気持ちを高めてみたって捨て方を変えてみたって一向に片付かない、今までもなにをやっても改善してこなかったんだ! という強者のための最終手段はこれです。プロに任せましょう。

片付け代行や整理収納アドバイザーを呼ぶ以外にも、片付けに使えるサービスがあります。

・トランクルーム
・宅配収納サービス
・リサイクルショップの宅配買取
・不要品回収サービス

人に頼っては片付けられない自分を変えたことにはならない、と思うかもしれません。しかし、プロに直接アドバイスをもらうことや、一度でも自分の部屋が完璧に片付いた状態を知ることは、今後のためになるはずです。

片付けられない人は実は才能がある

片付けられない人にいいイメージを抱く人は少ないと思います。相手を恋愛対象と見る最低条件でも、まず最初に“清潔感”が挙げられるくらいです。

太りやすそう、仕事ができなそうと思われてしまうのも、片付けられない人には怠惰なイメージがあるからですよね。しかし、片付けられないことは悪いことばかりではないようです。

Webメディア『ELITE DAILY』のライター、ジョン・ハルティヴァンガー氏によると、この怠惰なイメージは誤解なのだそう。片付けられないからと言って、頭の中も散らかっているというわけではないそうです。

クリエイティブの才能がある

整理整頓された状態では人は習慣を重んじるそうですが、散らかった状態においては習慣から自由になれるそうです。新しい考えを思いつきやすいのだとか。

たしかに、物をもとの場所に戻していつも同じ状態を保つより、空間にも変化があった方が環境の影響を受けて脳も刺激されそうです。

ノーベル賞を受賞したアルベルト・アインシュタインも片付けられなかったそうです。子どもに「アインシュタインの部屋も汚かったって!」と言われたら、片付けろと強く言えなくなってしまいますね。

新しいことを楽しめる

自分の部屋に限れば常にきれいな状態を保つことは可能かもしれません。しかし、世の中は常にカオスです。なにもかもが整理されている瞬間なんて、一瞬たりともありません。

片付けて秩序を守ろうとすることも大切ですが、散らかっている状況でも楽しめる人は生きていく上で強いと言えるかもしれませんね。


「片付けられない人の原因」や「片付けられるようになる方法」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

人の家に遊びに行って完璧に片付いた部屋を見ると落ち込んでしまいますが、完璧主義で片付けようとすると途中で挫折してしまいます。人は人、うちはうちと分けて考えた上で、自分の部屋と向き合ってみてくださいね。

(恋愛jp編集部/佐藤)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (79)
  • うーん (25)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする